法務局 相続登記の申請書・遺産分割協議書・関係説明図など必要書類について

法務局「法定相続情報証明制度」について

近年、相続登記の未了がさまざまな問題に繋がっていることが表面化し、法務省でも相続登記の手続の簡素化や、その利便性の向上に取り組んでいます。

法定相続情報証明制度はその一環として、平成29年5月29日から全国の法務局で始まった制度です。
今までは死亡した方の除籍謄本等の書類をすべて、預金口座のある銀行の数だけ、持参しては手続き終了後に返却してもらうということを繰り返し、最後に法務局で相続登記をしてもらう必要があり、それだけ時間がかかっていました。

それをこの新制度になってからは、必要な戸籍書類一式を「法定相続情報一覧図」というものに取りまとめ、その写しを無料で必要な数だけ交付してもらい、それぞれの金融機関及び法務局に出せば、相続の手続きが済むようになりました。

故人が複数の金融機関に預金口座を持っている場合には、相続手続きが同時進行できるため、相続完了までの時間が大幅に短縮できるようになったのです。

もちろん、「法定相続情報一覧図」は法務局に申し出をして、登記官による確認・保管後に写しが作られるのですが、その手続きには弁護士・司法書士・土地家屋調査士・税理士・社会保険労務士・弁理士・海事代理士・行政書士などの専門家に依頼して作成してもらうことも可能です。


法務局 相続登記に必要な書類について

相続登記のために法務局に提出する必要書類はいろいろあります。
故人に相続すべきものがあること、相続人が誰であるかを証明する書類です。

*法定相続分のとおりに相続した場合
・登記申請書
・被相続人(故人)の出生から死亡までの戸籍謄本・除籍謄本
・相続人となる方々の現在の戸籍謄本
・相続人全員の住民票の写し
・委任状(本来は相続人全員での申請が必要ですが、相続人のひとりに手続きを委任することができます)
・登録免許税(通常は収入印紙)

故人の死亡時の住民票の住所と登記簿上の住所が違う場合には、戸籍の附票をとって故人の住所変更を証明しなくてはなりません。
ただし、故人の最後の本籍と登記簿上の住所が同じである場合は不要となっています。


*遺産分割協議によって相続した場合
・法定相続分とおりの相続の時と同じ書類
・遺産分割協議書
・相続人の方々全員の印鑑証明書
・遺言書(存在している場合)

なお、原則として遺産分割協議書や遺言書は返却されません。
返却希望の場合は、「原本還付」の手続きも必要です。

それぞれのコピーを1部添付して「原本の写しに相違ありません。」と記載し、申請書に押印した人が、コピーに署名捺印したものを申請書と原本と一緒に提出すれば返還できます。

*場合により必要なもの
・固定資産税評価証明書
登録免許税を算出するため、固定資産税評価証明書が必要です。
ただし、法務局によっては納税証明書に付いている課税明細書で代用を認めるところもありますし、評価額を法務局が把握している場合もありますので、問い合わせましょう。

・相続関係説明図
被相続人の相続関係をまとめた一覧の図です。
これを提出すると戸籍謄本・除籍謄本などは登記完了後に返却してもらえます。

法務局 相続登記の申請書について


相続登記の申請書は登記・供託オンライン申請システムを利用して書類を作成し、オンライン申請もできます。
申請の方法は直接法務局の窓口に持参することもできますし、郵送することもできます。

登記申請書の様式と記載例については、法務局のホームページに、パソコンソフト一太郎で作る場合と、Wordで作る場合、PDFで作る場合と3種類の雛形がダウンロードできるようになっています。
もし、パソコンにこれらのソフトが入っていない場合は、ダウンロード先も紹介されています。

※注意事項
・申請書はA4の用紙を使用し、添付書類と一緒に左綴じにすること。
・紙は長期間の保存に耐えうる丈夫なもの(上質紙等)にすること。
・文字は鉛筆書きは不可。
・直接パソコンを使用して入力するか、黒色インク、黒色ボールペン、カーボン紙(薄れたり消えたりしないもの)ではっきり書くこと。
・郵送による申請の場合は封筒の表面に「不動産登記申請書在中」と書き、書留郵便で送付すること。

登記申請書に記載するのは、登記の目的(所有権移転など)・原因(○○年○月○日相続)・相続人情報(氏名、住所、電話番号など)申請年月日・申請先の法務局名・課税価格・登録免許税の金額・相続対象の詳細(不動産番号、住所、地目、地積等)です。

法務局 遺産分割協議書とは?

故人が残した遺産を相続するにあたり、相続人が複数いて、法定相続分とおりの相続ではなく、お互いに協議して遺産を分けた場合に、そのことを証明するために作成する書類です。
遺産分割を行って協議書を作る時は、相続人全員の署名と実印による押印が必要です。
遺産分割協議書の書き方については法務局のホームページから様式と記載例が、一太郎・Word・PDFでダウンロードできるようになっています。

遺産分割協議書の内容は被相続人(故人)の名前、生年月日、死亡年月日、本籍、最後の住所をまず記載します。
それから、「その遺産について、共同相続人妻A、同長男B及び長女Cは、全員による協議の結果、次の通り遺産を分割し、取得することを合意した。」と記載。

そしてそれぞれが相続した内訳を記載し、
「以下のとおり、協議が真正に成立したことを証するため、この協議書を3通作成して署名押印し、各自1通を保有する。」として締め、
最後に作成年月日と相続人それぞれの住所、署名、押印して完了です。

遺産分割協議書に記載する不動産は登記事項証明書(登記簿謄本)の記載通り正確に書かないと、法務局手続きをしてもらえないこともありますので、注意が必要です。
また、不動産以外の財産もどれが対象のものか、特定できるように正確に記載しましょう。

法務局 相続関係説明図とは?

相続関係図(相続関係説明図)は故人の相続人が誰なのかを一目でわかるように図式化したものです。
この相続関係説明図を提出することで、戸籍謄本などの原本を還付してもらえます。

まず、説明のために故人の戸籍謄本や住民票、相続人の戸籍謄本や住民票を用意します。
よくある家系図のような図式で、相続人を全員書いていきます。

被相続人(故人)の名前のところに、故人の生年月日、死亡年月日、最後の本籍、最後の住所を記載します。
相続人は名前のことろに生年月日と住所を記載します。

作成者は不動産を相続する方、もしくはひとりを代表として、作成者の氏名の右横に作成者の実印を押印します。

これも法務局のホームページからもWordで書式がダウンロードできるようになっています。

「OK Google」のAndroid・iPhoneの設定の仕方、無効のやり方とは?反応しない場合は?

「OK Google」の設定の仕方について


「OK Google」の機能を使う前提としてスマートフォンアプリのGoogleアプリまたはGoogle nowランチャーやAIスピーカーのGoogle Homeが必要になります。
また、「OK Google」の機能を使うには「OK Google」の機能の設定を有効にする必要があります。

今回はスマートフォンアプリでの「OK Google」の有効の仕方をご紹介します。

Androidでの手順


1.最新版のGoogleアプリをインストールします。最新版ではない時はストアから更新をしましょう。
2.Googleアプリを起動させます。
3.右下にある3本線の入ったメニューを選びます。
4.[設定]をタップします。
5.[音声]をタップします。
6.[Voice Match]をタップします。
7.[任意の場面で「OK Google」と言う]または[運転中]をタップし、青色に変わればオンの状態になっています。

[任意の場面で「OK Google」と言う]機能は他のアプリを使用しているときも「OK Google」に反応します。

また、[任意の場面で「OK Google」と言う]機能が選択されている時に限り[Voice Matchでロック解除]がタップでき、自分の声を登録することで声を登録した声と一致したら「OK Google」で端末のロックが解除することができます。

[運転中]機能はGoogleマップで利用可能です。


iPhoneでの手順


1.最新版のGoogleアプリをインストールします。最新版ではない時はストアから更新をしましょう。
2.Googleアプリを起動させます。
3.左上にある歯車の形のアイコンをタップします。
4.[音声検索]をタップします。
5.[起動ワード 「OK Google」]をタップし、青色に変わればオンの状態になっています。

iPhoneでの「OK Google」はアプリ使用時のみ使うことができます。

「OK Google」の無効のやり方とは


「OK Google」を使わないから無効にしたいという方もいると思います。無効のやり方は設定の仕方と同じです。


Androidでの手順
1.最新版のGoogleアプリをインストールします。最新版ではない時はストアから更新をしましょう。
2.Googleアプリを起動させます。
3.右上にある3本線の入ったメニューを選びます。
4.[設定]をタップします。
5.[音声]をタップします。
6.[Voice Match]をタップします。
7.[任意の場面で「OK Google」と言う]または[運転中]をタップし、灰色に変わればオフの状態になっています。

iPhoneでの手順
1.最新版のGoogleアプリをインストールします。最新版ではない時はストアから更新をしましょう。
2.Googleアプリを起動させます。
3.左上にある歯車の形のアイコンをタップします。
4.[音声検索]をタップします。
5.[起動ワード 「OK Google」]をタップし、灰色に変わればオフの状態になっています。


「OK Google」が反応しない時の対処法は?


まず初めに注意してもらいたいことがマイクを手や指などで塞いでいないかです。マイク部分を塞いでしまっていると声が認知されないことがあるので気をつけましょう。他にも早口で話してしまったり、雑音が入ってしまうと認知されない場合もあります。

それでも反応しない場合は以下2点のことが考えられます。

・マイクなど携帯の故障
・OSが古く、更新されていない
・「OK Google」機能がオンになっていない
・[音声アクティビティ]がオンになっていない

携帯の故障に関しましては携帯ショップに相談してみると良いでしょう。

OSが古い場合はストアより更新を行ってください。

「OK Google」機能がオンになっていない場合は設定を見直してみましょう。手順は上記しました通りにタップし、オンの状態(青色)になっているか確認してください。

[音声アクティビティ]がオンになっていない場合は設定を確認してみましょう。[設定]→[Google]→[個人情報とプライバシー]→[アクティビティ管理]

また、正しい設定ができているはずなのに利用できない場合は、端末に自分の声を登録してみたり、最終的には携帯ショップに聞いてみたりしてください。

法務局 収入印紙や手数料が必要な手続きとは?印鑑証明や供托は必要?

法務局で収入印紙や手数料が必要な手続きは?

法務局でしてもらえる手続きのほとんどは手数料がかかります。

手間をかけて情報を整理し、その中から必要な書類を取り出して見せてもらったり、新たな情報を登録してもらったり、

煩雑かつ適正な処理をお願いするのですから、手数料がかかるのは当然です。

具体的な手数料、収入印紙の税額(窓口での紙による請求の場合)は以下の通りです。

不動産及び商業・法人登記に関わる事柄

*登記事項証明書(謄本・正本)=1通600円
*登記事項要約書の交付=1通450円
*登記簿等の閲覧=1通450円
*地図等情報の書面請求=1通450円
*印鑑証明書=1通450円
*筆界特定書の写し=1通550円
*図面の写し=1図面450円
*手続き記録の閲覧=1件400円
*登記識別情報に関する証明=1件300円
*本支店一括登記申請=1件300円

動産譲渡登記事項

*登記事項証明書=1通800円
*登記事項概要証明書=1通500円
*概要記録事項証明書=1通300円

債権譲渡登記に関わる事項

*登記事項証明書=1通500円
*登記事項概要証明書=1通300円
*概要記録事項証明書=1通300円

後見登記に関わる事柄

*後見登記=1件2,600円
*変更登記=1件1,400円
*後見命令等登記=1件1,400円
*登記事項証明書=1通550円
*登記されていないことの証明書=1通300円

と、このようになっています。

また、一度に何通も請求するような、不動産及び商業・法人登記の中の登記事項証明書・登記事項要約書の交付・登記簿等の閲覧・筆界特定書の写しは50枚超えると50枚までごとに100円加算となります。

同様に動産譲渡登記と債券譲渡登記の概要記録事項証明書や後見登記の登記事項証明書も50枚を超過すると次の50枚までは100円の加算で請求できます。

さらに、最近ではインターネットを利用したオンライン請求による交付や、郵送、登記情報提供サービスも行われており、

その手数料は窓口で収入印紙で納めるのよりも安く設定されています。

その場合の納付はインターネットバンキングやPay-easy対応のATMから電子納付ができます。


法務局での手数料を収入印紙で納めるのはなぜ?

法務局の事務手数料を納めるには、現金、通貨の代わりとして収入印紙が使われます。

平成23年3月末日までは、登記事項証明書に関わる手数料は登記印紙が使われていましたが、同年4月1日より収入印紙での納付に変わりました。

ただ、登記印紙も使用できますし、収入印紙との併用も可能です。

法務局での手数料を収入印紙で納めるのには理由があります。

現金の授受が発生するところは会計機関を置き、会計事務については財務大臣の指揮監督を受ける決まりになっています。

法務局は法務省の管轄で法務事務を行う機関ですから、その中に歳入徴収官や歳入歳出外現金出納官吏などを置くことは現実的ではありません。

そこで手数料を法令で定め、全国統一の決まった金額を収入印紙で納めることにし、事務の簡略化と申請者の手数料にまつわる混乱を回避したのです。


法務局 印鑑証明の手数料について

法務局でもらう不動産や商業・法人登記に関わる印鑑証明書は書面請求の場合は1件450円ですが、インターネットを使ったオンライン請求で請求者への送付の場合は1件410円。

オンライン請求をし窓口で交付された場合は1件390円となります。

また、印鑑証明書は郵便で請求し、郵便で受け取ることもできます。

申請には申請書と所定の収入印紙、返信用の封筒と返信用の郵便切手、印鑑カードが必要となります。

この場合は大切な印鑑カードも郵送しますから、郵便局で書留にしてもらわなければ、紛失の心配があります。

法務局が遠方にある場合には仕方がありませんが、法務局の窓口に行くよりも時間もかかりますし、郵便切手代や書留代が余計にかかりますので、注意が必要です。

オンライン請求は手数料が安く済むように思えますが、あらかじめ「法人の電子証明書」を取得しておかなければなりません。

この電子証明書の発行申請についても手数料がかかります。

証明してもらう期間によって値段が変わります。

3ヶ月で2,500円、さらにそれを超える場合は3ヶ月ごとに1,800円づつ加算されます。

法務局 供託の手続きでは必要?

法務局での供託の申請自体には、手数料は必要ありません。

ただし,郵送や振り込み制度を利用して供託の申請をする場合には、郵券や供託金を振り込むための振込手数料が必要となります。

第三債務者が誤って供託をしてしまった場合は、執行裁判所に不受理申請と不受理証明申請をするのですが、

その時は手数料を裁判所に収入印紙で納め、法務局から返金されます。

法務局とは?管轄・登記相談・人権相談・営業日・営業時間について

法務局とは

法務局とは法務省の地方支分部局のひとつという位置づけです。

法務局は管区ごと全国8ヶ所にあり、地方法務局は各都道府県の県庁所在地などに1か所づつ置いています。
また、法務局と地方法務局の事務の一部を任せるために支局を置き、さらに出張所を置いていますが、統廃合により出張所などの数は減ってきています。

法務局の業務は多岐にわたっています。
不動産登記や商業・法人登記及び動産・債権譲渡登記といった聞き覚えのあるもの。

最近問題になることの多い成年後見登記や、戸籍や国籍が各市区町村で統一的に正しく処理されているかどうかの監督・指導。
選挙の時に話題になる供託や民事法の改正、訴訟事務、人権擁護事務など国民生活で生まれるさまざまな問題を解決し、円滑に暮らしが成り立つように、法の立場からサポートするのが法務局の業務なのです。
近年では支局や出張所では不動産登記や供託といった、私たちの生活に密着した業務を多く担い、商業法人登記などそれ以外の業務は、法務局や地方法務局に移管作業が進められています。


法務局の管轄について

法務局は全国に8ヶ所しかありません。

北海道地方は札幌法務局管内とされ、札幌法務局・函館地方法務局・旭川地方法務局・釧路地方法務局の4ヶ所を札幌法務局が統括することになっています。

東北地方は仙台法務局管内とされ、各県内ひとつづつ6ヶ所の地方法務局と統括しています。

同様に関東甲信越地方は東京法務局管内となり、各県11ヶ所の地方法務局を統括し、中部地方は名古屋法務局管内とされ6ヶ所を統括しています。

近畿地方は大阪法務局管内となり6ヶ所を統括し、中国地方は広島法務局管内とされ5か所を統括。

四国地方は高松法務局管内とされ4ヶ所の地方法務局を統括し、九州・沖縄地方は福岡法務局管内となって8ヶ所の地方法務局を統括することになっています。

とはいえ、各法務局も地方法務局同様に支局や出張所を抱え、地方法務局と変わらない業務をこなしつつ、統括業務にもあたるわけですから、数ある官公庁の中でも多忙な部署だといえます。
特に東京法務局は首都の法務局ですから、3つの支局や19もの出張所を抱え、さらに法務局証明サービスセンターというものを3ヶ所持っています。

また、東京法務局の中でさらに需要の多い業務を受け持つ部署は場所を分けて対応しています。
例えば後見登録課は庁舎4階・人権擁護部は12階。

動産登録課と債権登録課は中野出張所に委託して業務にあたっています。

法務局への登記相談について

法務局に登記相談をするといっても、登記も種類があり、それぞれ担当部署が違う場合があるため注意が必要です。

不動産登記

登記の中ではなじみのある不動産登記。
国民の大切な財産である、土地や建物といった動産の場所や面積などの情報を登記官が専門的な見地から正しい情報をコンピューターに記録することです。

商業・法人登記

商売や事業を始める時には株式会社であれ、持分会社(合同会社・合名会社・合資会社)であれ、一般財団法人や一般社団法人であれ、特例有限会社からNPO法人まで、すべての事業者が設立や役員、名称や住所などの情報を正確に届け出て記録することです。
ですから、事業を解散したり精算結了する時にはその旨を届け出ることになっています。

債権譲渡登記

法人がする金銭債権の譲渡について債務者以外の第三者に対し公的な証明をするための登記です。

成年後見登記

最近よく聞く成年後見制度のための登記で民法の後見・保佐・補助などについて公示するための事務です。

よくある不動産登記と商業・法人登記は管轄区域が細かく決められています。
区域を担当する法務局、地方法務局でも登記相談にはのってくれますが、例えば登記する物件や会社が遠隔地の場合などは、最寄りの法務局でも大丈夫です。

どこの法務局でも登記相談はだいたいが予約制になっています。
相談ができる対象者は

・登記申請を予定している当事者及びその法定代理人

・法廷相続情報一覧図の保管または交付申し出をすることのできる相続人

と決まっていますので要注意です。
また、こうした登記に関する書類手続きはミスの許されない厳格な書類ですので、手数料はかかりますが、司法書士や土地家屋調査士への依頼も可能です。


法務局への人権相談について

不当な差別や学校でのいじめ、インターネット上での誹謗中傷やプライバシーの侵害など、人権上の問題やトラブルは、国民の生活を守るうえで看過することのできない、ゆゆしき問題です。

これも全国各地の地方法務局では人権擁護委員や職員が相談にのってくれます。
国の機関として中立公正な立場で相談にのることを第一義とし、事情をよく聞いて適切な助言を行うほか、必要に応じて調査をし、最善な解決方法を探り問題の解決をはかります。

ケースバイケースではありますが、話し合いを仲介し関係の修正をはかったり、状況の改善を要求する勧告や要請をおこなったり、専門機関への紹介や連携・助言をします。
さまざまな立場の方の人権相談にのれるよう、相談窓口を分けて専門の相談員が話を聞いたり、アドバイスをしたりできるようになっています。
・常設相談(みんなの人権110番)
ここはどなたでも相談でき、高齢者や障害のある方も相談できます。


・こども人権110番
いじめや虐待など子供に関する人権専用の電話です。


・女性の人権ホットライン
配偶者やパートナーからのDV(ドメスティックバイオレンス)や職場でのセクシュアルハラスメントなど女性の人権問題に特化した窓口です。



・外国人のための人権相談
日本語を自由に話すことができない方のために、面談や相談ダイヤルを用意しています。
対応できる言語は英語・中国語・韓国語・フィリピン語・ポルトガル語・ベトナム語の6言語です。



☆電話や面談がすぐには難しい方のために、

・インターネット人権相談受付窓口
パソコンや携帯電話からインターネットを利用して、相談を行えます。英語と中国語も対応可能です。

・子どもの人権SOSミニレター
周囲の大人に相談できない子供からの手紙による相談です。

これらも何かの時に覚えておくと役に立ちます。

法務局の営業日・営業時間は?

法務局の業務取扱時間は平日の午前8:30から午後17:15までと決まっています。

休業日は毎週土曜日・日曜日・国民の祝日等の休日・年末年始期間(12月29日から1月3日)となっています。
これは全国の法務局・地方法務局・各支局・出張所も同じです。

ただし法務局にもよりますが、お昼休みは職員が交代で事務を取り扱う都合上、多少待ち時間が長くなる場合があります。

「OK Google」の使い方やできることは?明日の天気やルーモスについて

「OK Google」とは?使い方は?

「OK Google」とはGoogleアプリで音声操作ができる機能です。「OK Google」と発声することでアシスタントサービスが起動し様々な機能が使えるようになります。アプリをインストールしなければ使用できない機能なのでGoogleアプリまたはGoogle Nowランチャー(Androidのみ)のインストールをしましょう。Google chromeでも以前までは「OK Google」での音声検索機能が提供されていましたがあまり使われないため現在はできません。また、最近流行りのスマートスピーカー(Google Home)にも「OK Google」の機能がついています。

使い方は「OK Google」の機能をONにしてマイクに向かって「OK Google」と発生することGoogleが起動するのであとは用件をいうだけで自動でいろいろなことをしてくれます。


「OK Google」でできることは?

「OK Google」は大変便利であり、多様な機能があります。

検索ができる

自分が知りたいことを「OK Google」の後に聞くだけで検索をしてくれます。「○○って何?」「○○とは?」と聞くと良いでしょう。また「○○の画像」や「○○の動画」と言うと画像や動画の検索もできます。

明日の天気がわかる

「OK Google 明日の天気は?」と問いかけると明日の天気を教えてくれます。地名を指定して「明日の○○(地名)の天気は?」問うと外国でも教えてくれます。

時間がわかる

天気と同じくこちらもどこの時間が知りたいのか「OK Google 今○○(地名)は何時?」問うと教えてくれます。外国に友達がいて用があるときに向こうが何時か気にするものです。この機能があれば時差の計算をせずに簡単に時刻がわかります。

地図の利用で近くの店舗やルート・交通状況がわかる

お出かけをする時に行ったことのない初めていく場所だと不安ではありませんか?忘れ物をしてしまったので近くのコンビニに行きたい。そんなときには「OK Google 近くにコンビニある?」と聞くとある場合は地図付きで教えてくれます。

そしてそのコンビニに行きたいときは「OK Google ○○(行きたい場所)はどうやっていくの?」で教えてくれます。そしてその目的地までの交通状況も教えてくれるので「OK Google ○○(道路の名前)の交通情報」と聞いてみてください。

計算や単位の変換をしてくれる

小学生時代に覚えた計算や単位の変換。大人になってすっかり忘れてしまいわからない。そういう時に「OK Google 〇〇(数字)かける××(数字)は?」や「〇〇mって何cm?」と聞くとすぐに答えを教えてくれます。わざわざ難しい計算をしなくて済むので大変ありがたい機能です。

カロリーがわかる

「OK Google いちご1個のカロリーは?」と聞くとカロリーを教えてくれるのみではなく含まれるビタミンの量など補足も知ることができます。また、一般的な食べ物のみではなくチェーン店の商品のカロリーも教えてくれるのでダイエット中の人にもおすすめな機能です。


英語に翻訳できる

「OK Google ○○(翻訳したい言葉)を英語で」と言うと英語に翻訳してくれます。勉強中や外国の人に声をかけられたときなど有能な機能です。

電話をかけられる

「OK Google ○○(相手の名前)に電話をかけて」や「電話××-××××-××××(電話番号)」で発信が可能です。手が塞がっているけど電話したいという時には大変便利な機能です。

SMS(ショートメール)やメールが送信できる

「OK Google ○○(相手の名前)に××(用件)ってSMSを送って」や「○○(相手の名前)に××(用件)ってメールして」で簡単に送ることができます。しかしこの機能は難しいのでいざという時に使えるように試しに練習すると良いでしょう。誤送信には気を付けてください。

アラームを設定できる

「OK Google 〇日の×時にアラームセットして」と言うとすぐに設定されます。口頭だけでは心配なので必ず自分が設定したい日時になっているか確認をしましょう。

リマインダー・スケジュールの設定ができる

「○○(いつ)に×時に△△に行く」といった内容のリマインダーやスケジュールが設定できます。リマインダーの場合は冒頭に”リマインダー”と、スケジュールの場合は冒頭に”予定”または”スケジュール作成”と発話しましょう。

メモが取れる

「OK Google ○○(メモの内容)とメモを取って」というだけです。また「メモ○○(メモの内容)」の言い方もあり、どちらも早くメモを取ることが出来ます。

スマホアプリの起動ができる

YouTube、facebook、LINE、Twitterや音楽を再生するアプリなどが「○○(アプリの名前)を起動して」で起動ができ、音楽系アプリの場合は再生することもできます。

スマホの電気をつけることが出来る

「OK Google Lumos(ルーモス)」と発するとスマホについているLEDライトを光らせることが出来ます。消したいときは「Nox(ノックス)」と言うと消えます。

家電のコントロールができる

AIスピーカー(Google Home)のみの機能ですが家電のスイッチのオンオフやモード切替などができます。掃除ロボットや照明、テレビなど数多くの家電に対応しています。

Anitube(アニチューブ)がエラーで見れない!閉鎖の原因と代わりのサイトをご紹介

アニチューブがエラーで見れない時は?

多種多彩なアニメを無料ストリーミング再生できる事で人気となっていた海賊版アニメサイト「アニチューブ」が、2018年4月16日頃からアクセスできなくなり、エラーメッセージが表示されるようになりました。

アニチューブが閉鎖したのです。

アニチューブは自分自身がアニメ動画をアップロードしているわけではなく、違法アップロードされたアニメ動画へのリンクを貼っている「リーチサイト」であり、違法アップロードされた動画をストリーミング再生する行為は違法ではないので(ダウンロードは違法)、グレーゾーンな存在でした。

ところが2018年4月13日、日本政府はリーチサイト排除に本腰を入れ始め、リーチサイトを刑事罰の対象とする関連法案を国会に提出する事を発表しました。

さらに政府は、アニチューブを特に悪質なサイトの一つとして名指しで批判をし、同様の悪質なサイトができた場合、事業者や有識者で構成した協議体によって対応を検討する事も発表しました。

このように、アニチューブはもう利用できません。

また、アニチューブと同様な海賊版アニメサイトがあったとしても政府によって排除されてしまうので、これからは後に紹介する合法な動画配信サービスサイトによってアニメを楽しみましょう。


アニチューブの閉鎖について

アニチューブはグレーゾーンとはいえ、リーチサイト規制法案が可決されない限りは合法サイトです。

しかし、政府がアニチューブをはじめとしたリーチサイト排除に本腰を入れた事には当然と言える背景があります。

リーチサイトによって違法アップロードされたアニメ動画が広まってしまうとDVDが売れず、レンタルもされなくなって売上が大幅に減ってしまいます。

経済産業省と文化庁の支援によって設立された、日本のコンテンツの海外展開の促進と海賊版等の侵害対策を目的とした団体「CODA」の発表によると、アニメ・漫画・映画・放送・音楽という5ジャンルの「海賊版」による売り上げ被害額の合計が約9300億円であったと推計されています。


さらに、売上が減った分だけ作者への制作会社からの支払いが減って作者のヤル気が削がれる事になり、最悪の場合、優良な作品が生まれなくなり、日本を代表する産業の一つであるアニメ産業が衰退してしまう可能性があるのです。

このように、アニチューブのようなリーチサイトの存続を許すと日本のアニメ産業の危機にまで発展する可能性があるので、アニチューブの閉鎖は当然の事であったといえます。


アニチューブの代わりのサイトは?

リアルタイムで新作アニメを見れない人、過去に放送していた古いアニメを見たい人などにはアニチューブは非常に心強いサイトでした。

しかし、アニチューブのようなリーチサイトは今後使用する事ができなくなり、アニチューブのアドレスをパソコンに打ち込んでも、表示されるページには「エラー」が表示される事になります。

しかし、アニチューブの代わりとなる合法なサイトがあります。

それは「動画配信サービスサイト」です。ビデオオンデマンドとも言われます。

数多くあるビデオオンデマンドのサイトは、合法的に新作旧作アニメなどの動画をストリーミング再生で楽しめる上に、月々の利用料金も数百円と非常に格安になっています。

しかも、加入月無料など様々なお得なサービスを提供しているサイトが多数あり、ユーザーの負担は最低限に抑えられています。

将来的に完全に違法になるアニチューブのようなリーチサイトではなく(リーチサイト規制法案が可決していない2017年時点で、著作権侵害によって逮捕されたリーチサイト業者もあります)、数百円の出費で気がねなく楽しめる合法的なビデオオンデマンドサイトによってアニメなどの動画を楽しむようにしましょう。

一人一人のアニメファンが意識的にリーチサイトを利用しない事が日本のアニメ産業の未来を守る事に繋がります。

Anitube(アニチューブ)はダウンロードしていいの?違法行為について解説

Anitube(アニチューブ)とは?

Anitube(アニチューブ)というサイトをご存知でしょうか?アニチューブとはアニメの動画を再生できるサイトのことであり、いつでもどこでもお好きなアニメ動画を観る事が出来ます。形式はダウンロード視聴ではなく、サイトの中でストリーミング再生をして観ることとなる動画共有サービス。わかりやすい例としましてはYouTubeと同様です。

サイトの特徴としては海外のサーバーから運用されているものの日本語での案内がなされておりますので、英語がわからないという方でも安心して利用できます。

しかし、アニメのタイトルは全てがローマ字となっているのが通常の動画サイトとはやや異なる点と言えそうです。

また、有料サイトに比べてアニメ動画の画質はやや劣ります。ですが有料も含めアニメ動画サイトの多くはアップ後に一定期間が経過すると動画が消えてしまい振り返ってみることが出来なくなるのですが、アニチューブの場合は古い動画も発掘することが可能でありアニメファンにはありがたいサイトです。


Anitubeのダウンロードについて

では次にAnitubeの動画をダウンロードすることは可能なのでしょうか?技術的な面だけを考えるならばダウンロードを行うこと自体は可能です。現在は多くのダウンロードアプリがフリーソフトで出回っており、これらを利用すれば簡単に動画を保存することが出来るでしょう。

例えばAniTubeダウンローダです。ダウンロードできるサイトへ行きアプリをダウンロード。アプリ内でダウンロードをしたい動画のURLを貼り付けるだけでダウンロードすることが出来ます。慣れるまではやや難しいかもしれませんが、覚えると非常に簡単と思うでしょう。

その他アプリダウンロードが出来るサイトなどでは、アニチューブ動画に対応した動画ダウンロードソフトが多数あります。ご興味がありましたらチェックしてみると良いでしょう。

このように技術的には簡単にあらゆる動画をダウンロードすることは可能ですが、アニチューブにアップロードされているアニメ動画の多くは違法にアップロードされたものです。したがって、そのような動画をダウンロードして視聴することは良いこととは言えませんので出来るだけ控えたほうが良いでしょう。


Anitubeは違法なのか

これまで紹介したように、Anitubeにあるアニメ動画は違法にアップロードされたものとなると、サイト自体が違法なのではないか?と考えるのは当然です。ここで文化庁の見解について紹介しておきましょう。違法に配信されている音楽や映像を視聴することは違法なのか?

これについては録画や録音の行為をせずに観たり聞いたりする範囲であれば違法ではないとのことです。つまりアニチューブのサイト内のアニメ動画を視聴するというだけであれば罪に問われる心配は今のところ無いでしょう。

しかし、ダウンロードという行為が録画や録音ということにつながる可能性がありますので避けることをオススメします。ところで、日本政府がこの度不正海賊版サイトとして幾つかのサイト遮断を申請し、そのうちの1つにアニチューブが含まれサイト閲覧が出来なくなりました。

これまではサーバーが日本ではなく海外にあるため仮に日本では違法であっても日本の法律が適用されないという理由から規制対象とはならないという考え方でありましたが、著作権侵害が著しいため規制すると判断されたのです。

なお、現在はアニチューブにとてもよく似たAnitubeX(アニチューブエックス)というサイトがあり、こちらでは従来のように閲覧することが出来ます。あくまでダウンロードではなく視聴するのみでしたら違法行為にはあたりませんが、中には類似サイトを閲覧してウイルス感染してしまったという報告もありますので、慎重に扱うようにしましょう。

海老蔵ブログのカンカンとは?愛犬や朝食の記事についてご紹介

海老蔵ブログのカンカンとは?

歌舞伎役者である市川海老蔵さんと2017年に亡くなられた小林麻央さんの間には2人のお子様がおります。海老蔵さんのブログに時折出てくるカンカンという名前。これは2013年に生まれた長男の勸玄(かんげん)くんのことです。生前の麻央さんのブログにも出てくる勸玄くんですが、麻央さんにもカンカンと呼ばれていました。

2017年7月、小林麻央さんがお亡くなりになった直後でありましたが初舞台を披露。長女の麗禾(れいか)ちゃんはブログ写真内で顔が隠されておりますが、既に歌舞伎役者への道をスタートしている勸玄くんは元気な表情をブログでも見せてくれています。

さて、その海老蔵ブログにおいて子供らしい一面を見せてくれることもあるカンカン。2018年2月の記事では海老蔵さんの前にカンカンが現れないといった文章でスタートします。すると、「なにかやましいことがあるなー」と疑う海老蔵パパ。次のブログ更新では顔を隠して現れるカンカンの写真。そっとそばに来て「ごめんなさい」とパパにカンカンは謝ったという微笑ましいエピソードが綴られておりました。

普段は厳しい歌舞伎の世界に身を置いている親子でありますが、家にいるときは普通の親子という様子をブログでアップしてくれているのです。


海老蔵ブログの愛犬について

さて、海老蔵ブログにはもう1つかわいいキャラクターが登場します。それが愛犬のラブちゃんです。

まだ小林麻央さんがお亡くなりになってから悲しみが癒えない2017年8月下旬のこと。新たな家族が加わりましたというタイトルと共に登場したのが愛犬ラブちゃんでした。小さな黒い子犬で、種類はトイプードルかラブラドールレトリーバーと言われておりますが、生後間もないうちに海老蔵さん宅で飼われることとなったのです。

また、その他に麻央さんが実家で飼っていた犬、ゆめちゃんも海老蔵さんのお宅では飼われておりましたので2匹の犬が海老蔵ブログには時折登場しております。しかし、2017年末頃から愛犬のゆめちゃん、ラブちゃんがブログでは登場しなくなってしまいました。病気によりラブちゃんが入院したという情報はブログに書いておりましたので、その後を心配する声もありましたが、2018年3月には寝る場所が移動したもののみんな元気ですというコメントが海老蔵さんご本人からありました。

最近ではまた元気に飛び跳ねているラブちゃんの写真がアップされるなど、ファンのみなさんはホッと胸をなでおろしています。


海老蔵ブログの朝食について

ところで、海老蔵ブログでは朝食の写真も頻繁に登場します。それがいつもかなりな豪華さであり、しかもそれが毎日のように紹介されているため、いったい誰が作っているのだろう?という疑問もファンの間であがっておりました。答えとしましては、海老蔵さん宅にはお手伝いさんがおり毎日ご家族のご飯を作っているとのことです。

やはり歌舞伎は地方公演や定期公演など日々舞台でお忙しいため、海老蔵さん自身も家を空けてしまうことが多いのが実状。お手伝いさんを雇っているのも当然のことでしょう。

しかし、海老蔵ブログでは時にこのような画像のアップもあります。それは餃子を焼いている写真です。さらに食材を買い物に出かけているというブログもあることから、時間がある時は極力海老蔵さんご自身も料理を作っている事が伺えます。さらに長女の麗朱ちゃんがお菓子作りにチャレンジしているという写真をアップしており、お子様がスクスクと成長しているという様子を垣間見えることもあるのです。

このように海老蔵ブログでは食事のシーンも多く紹介されています。中には朝からガッツリのステーキを食べていたり、子供たちだけが食べてパパは朝食抜きとしている様子など、体重などコンディション管理を日々行っている部分もわかり、歌舞伎役者という世界においてのプロ魂も伝わって来るのです。

芸能人 市川海老蔵のブログの更新頻度やその収入・動画や画像(写真)について

芸能人の市川海老蔵のブログと更新頻度について

芸能人である市川海老蔵さんのブログはとても人気があります。しかも、更新頻度が多いところが特徴的です。ファンにとってはたくさん更新してもらえると嬉しく感じられることでしょう。

更新頻度は芸能人の中でもダントツとなっており、常にアクセス数も1位をキープしています。あまりにもダントツ過ぎることから、殿堂入りを果たしました。殿堂入りしてからはランキング参加となっていません。それでも、アクセス数が多いことは分かることでしょう。

通常、芸能人のブログは多くても一日に一つの更新となっています。ところが、海老蔵さんの場合は一日に10記事以上も更新することがあるのです。そのため、一つ一つの記事は記事と言えるような長さではありません。文章が少なく、写真が多いこともあります。一般的なブログとは雰囲気が違っているところが特徴でもあり、見やすいところでもあるのです。

それに、海老蔵さんは常に携帯電話もしくはスマートフォンで更新をしています。移動中のみならず、歌舞伎の合間の休憩時間にも更新しているのです。そして、お休みで家で寛いでいる時間にもお子さんとの日常を更新しています。つまり、芸能人ではない時間も頻繁に日常をファンのみなさんに公開しているというわけです。


海老蔵のブログの収入は?

頻度が多いこともあり、必然的にアクセス数も伸びます。読者登録をしている人は頻繁に更新メールが届くため、その都度、アクセスしていることでしょう。芸能人の場合、アクセス数が多ければ多いほど、ブログ収入を得られる仕組みとなっています。

そうすると、アクセス数がダントツの海老蔵さんなら、ブログだけでかなりの収入を得ていることが予測できます。実際に、ブログだけで月に500万円以上は収入を得ていると言われているのです。一般人の感覚では月に500万円の収入というと、人によっては年収にも及ばないことがあるはずです。そんなところから、海老蔵さんにとってブログは生活の一部になっていることが考えられます。

しかし、本人は収入を得られるからという理由でブログをしているわけではありません。最初はスタッフに勧められて嫌々始めたのです。ところが、だんだんとブログをすることが楽しくなり、今では日課となっています。それに、ファンのみなさんとブログを通して交流をすることが生きがいやストレス発散にも繋がっているのです。

特に奥様が亡くなられた後は、ブログ発信が心の支えてになっていると言われています。


海老蔵のブログ動画や画像(写真)について

海老蔵さんのブログには文章よりもどちらかというと写真が多く載っています。自身の写真よりもお子さんの写真の方が多めです。ただし、長女の写真にはスタンプを利用したり、モザイクを利用したりして顔を隠しています。その理由は以前のブログに書かれているとおりです。女の子なので歌舞伎や芸能の道に進むとは限りません。そこで本人の進路が確定するまでは、顔出しNGとなっているのです。

一方、長男は跡取りとなることが産まれた時から決まっているため、最初から顔出しOKとなっています。とても可愛いと評判になっていることもあり、長男の写真が載ることを楽しみに海老蔵さんのブログを見ている人も少なくありません。

また、最近は動画も載せられるようになってきています。動画は短いものですが、長男の成長ぶりや可愛らしさなどを垣間見ることのできる魅力的なものと言えるでしょう。実際に、長男の動画が載るとアクセス数が伸びると言われています。頻度は多くありませんが、時々、載せることがあるのでチェックしてみましょう。

写真に関してはお子さんの成長に合わせてどのように変化していくか分かりません。お子さんが年頃になれば「載せないでほしい」と言うこともあるでしょう。よって、小さいうちしかお子さんたちの姿をブログで見る機会はないかもしれません。

MSNのOffice365とは?OneDriveをよく知っておこう!

MSNとは?

msnは、ザ・マイクロソフトネットワークの略称であり、マイクロソフトが運営しているポータルサイトの名称です。当時はほぼインターネットの市場を独占している状態で、一番始めのウィンドウズ95の発売と同時にサービスを開始しました。

現在は名前やサービスの名前や内容を変更している部分もありますが、初心者でも簡単かつ無料で利用できるサービスを展開している点は変わっていません。有料サービスもいくつかあり、無料サービスの改良版としても利用されています。無料で利用できるサービスは、webメール、チャット、オンラインストレージ、全文検索、地図と最低限必要なサービスを網羅しており、初心者からずっと利用できるようになっているのです。

現在はマイクロソフトアカウントに名称が変更されており、webメール等の一部サービスの名称も変更されています。また近年では数種のサービス提供が終了され、提供されているサービスも変更が多く行われてきました。


MSNのoffice 365とは?

Microsoft Office 365(オフィスさんろくご)とは、Officeにクラウドサービスが付けられたものが利用できるというサービス名で、Office365という製品ではありません。このサービスに加入していると、スマートフォンやタブレット用のOfficeの全機能を、商用目的も込で利用可能になります。加えてOneDriveに預けられるデータ量の1TB追加、毎月60分までスカイプから個人電話への通話、テクニカルサポートの利用も可能になります。office 365にも三種類のコースが有り、相互利用が可能になるソフトが変わるため、必要なソフトがあるものを選択して加入します。

パッケージでOfficeを購入すると、Office365soloという製品が利用できます。こちらも月額で支払ってサービスを受けることが出来ます。こちらは二台のパソコンやタブレットでインストールすることで、ファイルの共有が可能です。またウィンドウズだけではなく、mac版もあります。

こちらはウィンドウズ同士、mac同士のみでデータの共有が可能で、macとウィンドウズでの共有は出来ません。


MSNのOneDriveについて

msnのOneDriveは、マイクロソフトが提供している無料サービスの一つで、オンラインストレージと呼ばれるものです。オンラインストレージとは、ユーザーにインターネットで利用できるデータ格納庫を貸出し、インターネット上で他の人と共有することができるサービスを指します。クラウドサービスと呼ばれている物とほぼ同様です。

勿論非公開でファイルを預けるということも出来るため、大事なファイルやデータの保管や転送、共有用として活用することが可能となっています。例えば個人のデータ保管ファイルの保存と保護から、会社同士のファイルのやり取りまで一気に可能となっているため、非常に用途も広いものです。

OneDriveはこの機能を利用することが可能で、利用にはマイクロソフトアカウントが必要です。一人のアカウントでは無償で15GBまで保管が可能で、以前の2GBから大幅にデータ量が向上しました。パスワードや他のマイクロソフトのサービスとの共用も可能であり、利便性は非常に高くなっています。しかしファイルの内容はマイクロソフトによって検閲されているため、著作権やポルノ等の違法なファイルが保存されると、保存したアカウントは一時的に停止されるようになっています。

マイクロソフトの判断によっては永久にアカウントが凍結され、利用ができなくなってしまうこともあります。旧称はマイクロソフト・スカイドライブです。