SNSで女子ウケのいいプロフ写真とは? 好印象なプロフィール写真の選び方を解説!

今や毎日当たり前のように使うSNS。
あなたは、自分のプロフィールにどんな写真を設定していますか?
SNSは自己紹介の場。プロフィールの写真一つであなたの印象は大きく変わります。
今回は、SNSで女子ウケのいいプロフ写真と、反対に男性が避けるべきプロフ写真のポイントを詳しく解説していきます。

SNSで女子ウケのいいプロフ写真とは?

女子ウケのいいSNSプロフ
PIXTA

まずは、SNSで女子ウケのいいプロフ写真から見ていきましょう。

(1)笑顔の写真

クールな人にあこがれをいだく男性は、プロフィール写真でついキメ顔や無表情になりがちです。
しかし、このような表面上の印象に影響される女性はごく一部。多くの女性は、無表情よりも笑顔の写真に好感を持ちます。
SNSのプロフ写真を笑顔の表情にすることで、万人の女子ウケを狙えるでしょう。
笑顔の表情は、人に安心感を与えつつ興味をそそります。とにかく笑った顔写真をプロフィールに設定すれば間違いは少ないでしょう。

(2)明るいトーンの写真

SNSのプロフ写真を好印象に見せたいなら、明るいトーンのものを使いましょう。
トーンの明るさは、被写体自身の明るさを連想させるため「明るい画像=明るい人柄」という印象を与えます。
特にスマホやパソコンで見る写真は、現物のものに比べて若干暗く見えるため、ちょっと明るすぎるぐらいの写真を選んだ方が良いでしょう。

(3)清潔感のある写真

SNSのプロフ写真で女子ウケを狙うなら、清潔感のある恰好を心がけましょう。
基本的に人は、出会って30秒以内でその人の印象を決めてしまうと言われています。それほど、目から受け取った情報はイメージに大きな影響を及ぼすのです。
SNSのプロフ写真は、まさに目から受け取る情報が100%。
服の一部がシミで汚れていたり、しわでヨレヨレになっていたりと、清潔感に欠ける服装のプロフ写真は絶対に避けましょう。

(4)自分の写真

SNSのプロフ写真に、あえて自分の写真ではなく、風景や動物の写真をプロフィールに設定している人もいるでしょう。
しかし、それでは相手のタイムラインに情報が流れたときに、あなたを印象づけることができません。
個人情報など、SNSに自分の写真を登録したくない理由もわかりますが、少しでもアピールしたいなら、支障のない範囲で本人の写真をプロフィールに設定しましょう。

(5)自分らしさが伝わる写真

自分らしい写真をプロフィールに設定することも大切です。
人は、自分が心の底から楽しいことに取り組んでいる時に素が出るもの。
例えば、食べることが好きな人は食事の様子、スポーツが得意な人はプレイ中の様子をSNSのプロフィールに設定すると良いでしょう。
無邪気に笑ったり、真剣な表情で集中していたりと、あなたの素の状態をSNSのプロフ写真に設定することで、相手はあなたに対して親近感を覚えやすくなります。

女子ウケが悪いSNSのプロフ写真とは?

女子ウケが悪いSNSのプロフ写真
PIXTA

続いては、これまでと反対に女子ウケの悪いSNSのプロフ写真を紹介していきます。

無表情

無表情なプロフ写真では、相手に自分のことを十分にアピールできません。
また、何を考えているのか分からない無表情な写真は、相手を不安にさせます。
特に普段から笑顔が苦手な男性は、カメラを向けると顔が硬直し、自然と無表情になりやすいため気をつけましょう。

寝癖や服の汚れ

SNSのプロフィール写真で最も重視したいのは清潔感です。寝癖や服の汚れなど、見る人によっては清潔感に欠ける要素一つでもアウトになるでしょう。
どれだけ顔がイケメンでオシャレな服装でも、不潔な人を受けつけない女性は少なくありません。
SNS用のプロフ写真を撮る際は、寝癖はしっかり直した上で、必要に応じてワックスやジェルでスタイリングしましょう。また、服の汚れはもちろん、シワも最終チェックしてください。

怖い表情

怖い表情の写真もSNSのプロフィールには不向きでしょう。
怖い表情のプロフ写真をみた女性の中には、「すぐ怒りそう…」や「扱いが大変そう…」といったネガティブなイメージを持つ人もいます。
特に男性の場合、ウケを狙って変顔したつもりが結果的に怖い表情になってしまうパターンもあるため気をつけましょう。

何の写真か伝わりづらい

何の写真が伝わりづらい写真も、SNSのプロフィールには不向きです。
写真は、撮ったり写ったりした本人は鮮明に記憶しているものですが、客観的にはじめて見た人にとっては、その背景がほとんど伝わりません。
どんなに面白エピソードが隠れていたり、思い出深かったりする写真も、見る相手が異なれば捉え方は180度変わるのです。

個性的すぎる

個性的すぎるファッションや髪型、マニアックな趣味が伝わるものなど、万人の理解が得られにくい写真は避けた方が良いでしょう。
例えば、ダメージジーンズやメンズ用のスカート、シルバーチェーンなどは、万人の理解を得られにくいファッションです。
基本的に見ようと思えば誰でも閲覧できてしまうSNSのプロフ写真だからこそ、できるだけ万人の趣向にあった写真をセレクトしましょう。

自慢が入っている

芸能人や有名スポーツ選手と一緒に撮った写真など、他人の力を借りたり自慢が入っていたりする写真は、プラスの印象を持たれません。
また、高級腕時計の写真を頻繁に投稿したり、高級料理店に行ったときだけ写真をアップしたりするのも、悪い印象を与えます。
スペックや特別なイベントを自慢したくても、ぐっとこらえましょう。普段のコミュニケーションから自然と相手がこちらのアピールポイントに気づくのがベストです。

女子ウケのいいプロフ写真を設定しよう

意外と悩ましいSNSのプロフ写真。
あなたは、女子ウケを意識したプロフ写真にできていますか? 女子ウケが全てではありませんが、少なくとも悪い印象を与えないよう注意したいところです。
自信がある人もない人も、一度SNSのプロフィールを確認してみましょう。