チャーミングな男とは? 人に愛される魅力的なオトコの特徴を解説!

日本では主に女の子に向けて使われる言葉、チャーミング。
人によって使う用途はさまざまですが、たいていの場合は誉め言葉として使われます。
「オトコの自分には関係ない」と思っている男性の方、実はチャーミングな要素は恋愛で大きな武器になることをご存じですか?
今回は、男の人がチャーミングさを身につけるメリットをはじめ、チャーミングな男性の特徴を具体的な事例を交えて紹介していきます。

チャーミングってどういう意味?

チャーミングには、「すてき」や「魅力的」をあらわす意味があります。
かわいらしい仕草や思わず笑ってしまう行動、こちらまで楽しくなるような表情など、人の目をくぎ付けにしたり、心をとらえて離さなかったりする言動のことを指します。
チャーミングは主に女性向けに使われる誉め言葉ですが、女性から見てチャーミングさを兼ね備えた男性もいます。
特に中年男性の場合、体格や顔の表情からどうしても怖い印象を持たれやすいため、このチャーミングさを身につければ、人付き合いなど人生観が大きく変わる可能性もあるでしょう。

チャーミングさを身につけるメリット

チャーミングさを身につけるメリット
istockphoto.com

ここからは、チャーミングさを身につける具体的なメリットをご紹介します。

話しかけてもらいやすくなる

チャーミングさを身につける一番のメリットは、周囲から話しかけてもらいやすくなることでしょう。
特に男性の場合、体型や髪形、表情、服装などの見た目、低いトーンの声や仕草から、女性に比べてどうしても怖い印象を持たれがちです。
チャーミングさを身につけることで、年齢や性別に関係なく近づいてもらいやすくなるでしょう。

人に頼りやすくなる

人は年齢を重ねると、教えてほしいことがあっても、人の顔色をうかがって遠慮がでたり、「馬鹿にされたくない」「舐められたくない」などプライドが邪魔をしたりして、なかなか周囲の人に聞けなくなります。
チャーミングさを身につけることで、そういった完璧な自分を取りつくろう必要がなくなるため、自然体のまま人に頼りやすくなるでしょう。

助けてもらいやすくなる

チャーミングさを身につけることで、周囲に助けてもらいやすくなるでしょう。
人は、かわいらしい一面や頑張っている一面をみると、つい手を差し伸べてしまうものです。
チャーミングさによって他人の協力を得やすくなり、問題がスムーズに解決したり、大幅な時間短縮につながったりといったメリットが期待できるでしょう。

誘ってもらいやすくなる

チャーミングさを身につけることで、飲み会や合コン、誕生日パーティーなどに誘われる機会が圧倒的に増えるでしょう。
チャーミングな男性は、年上年下に関係なくイジリやすいため、飲み会に呼ばれたり、人の紹介を受けやすかったりして、人付き合いの幅が大幅に広がります。
人との交流の幅が広がることで、さまざまなチャンスが舞い込んできやすくなるでしょう。

心身ともに若々しくなれる

チャーミングさを身につけることで、同世代の人に比べて年下との交流が圧倒的に増えるでしょう。
普通は年上に対してかなり気をつかうものですが、チャーミングな人はいい意味で敷居が低いのです。
そして若者との交流が増えることで、自分自身の生き方や考え方がアップデートされ、心身ともに若々しくいられるでしょう。

チャーミングな大人の男性とは?

チャーミングな大人の男性
istockphoto.com

続いてここからは、チャーミングな大人の男性の特徴についてご紹介します。

(1)自分の感情に素直

本来は冷静かつクールに振る舞うのが大人といわれますが、チャーミングな人は周囲が驚くほど自分の感情に素直です。
悔しいときに本気で悔しがったり、泣きたいときは人前でも涙を流したりと、周囲の目を気にすることなく自分の感情をストレートに表現するのが特徴といえるでしょう。
大人になると、周囲に迷惑をかけないために自分の感情を押し殺してしまいがちです。それを分かったうえで、感情を表にさらけ出せる男性は周りの人から見ると魅力的に映るのです。

(2)まずやってみる

何かを始めるとき、大人はこれまでの経験から間違いや失敗を避けるために、一度立ち止まって冷静に考えたり、周りの状況を見守ったりと、行動が慎重になるものです。
そして冷静に考えた結果、やらなかったり、諦めたりといった判断を下すケースも少なくありません。
その点チャーミングな男性は、あれこれ考える前にまず行動を起こします。楽観的で、「とりあえずやってみる」というチャレンジ精神旺盛なところもチャーミングな男性に見られる特徴です。

(3)なんでも本気でやる

それなりに人生経験を積むと、以前と同じ、もしくは近しい状況に遭遇する機会が増え、逆に真新しい未知なる経験が減るものです。
そして、新しい経験が減り人生に慣れることで、冷めた態度を取ったり、斜めに構えたりと、真剣に取り組めないこともしばしば。
その点、チャーミングな男性は、過去に見たり聞いたり体験済みのことでも、変な先入観は持たずなんでも全力で取り組みます。
このような本気の姿勢によって、実年齢より若々しく見られやすいのもチャーミング男の特徴です。

(4)どんな時も笑顔

チャーミングな男性は、いつも笑顔を絶やしません。
つらいときや悲しいときも、人前では常に笑顔を振りまきます。
もちろん人間ですから、落ち込んだりイライラしたりすることはありますが、愚痴や悪口を周囲に吐くような悪態はとりません。
チャーミングな男は、よく笑う人のそばに人や情報が集まり、結果いい循環が生まれやすいことを知っているのです。

(5)なんでもオープンにする

チャーミングな男性は隠し事をしません。失敗談やマニアックな趣味など、恥ずかしい話や知られたくないことも自ら率先してカミングアウトして場を盛り上げます。
チャーミングな男性は、まず自ら心を開きなんでもオープンに話すことで、相手も心を開きやすくなり、相互の間に信頼関係が生まれることを知っているのです。
もちろん、場合によっては周囲から変な人に見られることもあるかもしれません。しかし、そんなリスクも承知で自分をさらけ出せる度胸が逆に男の魅力を高めるのです。

(6)みんな平等に接する

チャーミングな男性は、周囲にいる人を分け隔てすることなく、みんな平等に接します。
例えば、年下には偉そうな態度で接して、年上にはご機嫌取りのヨイショをするというようなことがありません。
そのため、周りのさまざまな立場の人から好かれる傾向があります。
他にも、周りの人が嫌っている人を自分も避けたり、周りから舐められた態度を取られている人に自分も舐めた態度を取ったりといった、自分が不利になることを恐れ、周りに同調するなどのスタンスも取りません。

(7)ギャップを感じさせる

普段は真面目で堅物なのに、実はかわいいもの好きだったり、怖いイメージの人が実は甘い物に目がなかったりなど、ギャップを感じる人はチャーミングな男性と言えるでしょう。
ギャップを感じさせる男性は、チャーミングの条件である意外性に当てはまります。
見た目のイメージと実際の言動に相違がある場合、恥ずかしさから隠そうとする人もいますが、あえて長所と捉え前面に出すことで、新たな魅力に繋げられるかもしれません。

(8)個性的なファッション

大人になると、自分の個性を出すことに周りの目が気になり躊躇するものです。
しかし、真にチャーミングな男性は、個性を出すことを恐れません。
その代表例がファッションです。
色柄のついた派手なシャツを着たり、カラフルなネクタイを巻いたりと、チャーミングな人は自分を印象付けるのが上手。
その人にしかできないファッションができることから、周りの人の注目を集めたり憧れの対象になったりするのです。

チャーミングな男を目指そう

いくつになっても、少年のような純粋さは忘れたくないものです。
単なるワガママな子供っぽいオトナの男はモテませんが、ほどよくヤンチャで、少年のような純粋な心を持つ男性は、女性の心を惹きつけるでしょう。
チャーミングさを取り入れたいという男性の方は、ぜひ参考にしてみてください。