乙女は泣いてはいられない

「勘違い」に関して、どう感じる?「師匠」とは、一般的にはどう受け止められているのかな。別に考察してみるってことも無いよ。
HOME

汗をたらして叫ぶ子供とあられ雲

珍しく不安な感じに浸ってしまい、何も悲しくなった。
特に理由はないけれど、突然悲観的になったり、今やっていることが無駄なことに思えた。
けれど、急に仕事が舞い込んだ。
内容は有名な外での催し物で立派な案件だった。
このままでは良くないので我を忘れて必死になっているうちに普段の軽い気持ちに戻ってきた。
気付いたけれど安定感がない時、外出して日差しを浴びるという事をしなかった。
夜間はさけて外出することも必要かもしれないと感じた。

気分良く泳ぐあの人と暑い日差し
家の庭でハンモックに揺られ、心地良いそよ風に身を浸していた、休日の午後の事。
頭上には飛行機雲が一筋走っていた。少年は、家の猫が「ギャニャァッ!」という凄まじい声に仰天して、ハンモックから逆さまに落ちてしまった。
目を凝らして見てみると、猫はヘビに向かって、背中の毛をおっ立てて吠えながら威圧していた。
蛇はあまり大きいものではなく、毒も持っていないっぽかったので、少年はそばに落ちていた棒でつついて追っ払い、ネコを抱いてもう一度ハンモックに寝転がった。
少年は、猫の背中をなでてやりながらお腹の上で寝かせ、風になぶられる自分の前髪の感触を楽しんだ。

目を閉じてお喋りする君とオレ

知名度のある見どころの、法隆寺へ訪れた。
法隆寺式伽藍配置も充分見れて、立派な五重塔、講堂も見ることができた。
資料館で、国宝にも指定されている玉虫厨子があり、想像よりも少しだけ大きかった。
法隆寺についてを知るにはきっと、かなりの時を要するのではないかと思う。

雪の降る月曜の午後はひっそりと
ネットでニュースをいつも見るけど、新聞を読むのも前は好きだった。
今は、無料で見れるネットニュースがたくさんあるから、新聞、雑誌はもったいなくて買わなくなった。
ただ、小さなころから読んでいたからか、新聞のほうが短時間で多くの情報を手に入れることができていたけれど、インターネットニュースのほうが関連したニュースをおっていくことが出来るので、深い内容まで調べやすい点はある。
一般的なニュースから関連した深いところを見やすいけれど、一般受けしなさそうな内容も新聞はちょっとした場所に小さくても記載しているので目につくけれど、ネットだと自分でそこまでいかなければ目につかない。
最近では、米国のデフォルトになるというニュースがとても気になる。
なるわけないと思っていても、もしそうなったら、他の国も必ず影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

怒って叫ぶ姉ちゃんと暑い日差し

御盆でも生家から別れて生きているとたいして実感することがないが、せめて、お供え物くらいはと思い本家へ送った。
生家に暮らしていたら、香を持って先祖の迎えにおもむいて、お盆の幕引きに送りにおもむくのだが、外れて生きているので、そのように実行することもない。
近隣の方々は、線香を手に持ってお墓に行っている。
そうした様子が目にとびこむ。
常日頃より墓の近くの道路には複数の車がとまっていて、お参りの人もとってもたくさん目につく。

夢中で体操する子供と擦り切れたミサンガ
手に入れた仕立てるために必要な布で、園に入園する自分の子供の必要な袋を縫わなくてはならない。
それは、妻が裁縫するのですが、自分も縫い物が嫌いではないので、忙しそうだったらやってみようと考えている。
園で使うものをしまう手製の袋が園に入園するためには必須のようだ。
ミシンもやっとのことで配達された。
使いごこちもみてみようと思っている。

勢いで口笛を吹く先生と失くしたストラップ

油絵や写真といった芸術が好きな方だと思うし、絵も自信があるのに、撮影がとても苦手だ。
それでも、昔、一人前に、ソニーの一眼を持ってた時期もあり、絶対に持ち歩いたりした。
信じられないくらいレンズが合ってなかったり、変わった配置なので、一眼がガッカリしているようだった。
そう思ったけれど、写真や写真の加工は凄く最高に楽しいと思った!

じめじめした平日の午前に散歩を
知佳子はAさんが大好きだと感じられる。
Aさんも知佳子の事を可愛いと思っている。
Aさんが出張に行くときは、知佳子も一緒に行くし、つい最近は私も一日目だけ同行させてもらった。
Aさんも知佳子も私を同じ名前で呼びかけるし、何かをするときは、一番に、私に聞いてくれる。
なにかしら目をかけてくれている感じがしてかなり空気が良いと思った。

雨が上がった月曜の昼は歩いてみる

スイーツがめちゃめちゃ好きで、洋菓子やだんごなどをつくるけれど、子供が1歳になって作るものが限られた。
私たちがめっちゃ楽しみながら食べていたら、子供がいっしょに口にしたがることは当たり前なので娘も食べてもいいお菓子を自分でつくる。
自分は、激甘なケーキがめちゃめちゃ好きだけれども、子供にはチョコ系のケーキなどはまだ食べさせたくないのでつくれない。
ニンジンやリンゴをいれたバウンドケーキが健康にも良いと考えているので、砂糖とバターを控えめにつくる。
笑顔でおいしいと言ってくれたら、とてもつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
近頃、ホームベーカリーも使って焼いたりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

泣きながら歌う姉ちゃんと紅葉の山
社員で頑張っていた時の先輩は、親が社長で、どう考えてもセレブだった。
小さな体で愛嬌があってとにかく元気な、動物大好きな先輩。
動物愛護団など立ち上げて、それなりに運動を行っている様子。
毛皮着ない、ビーガン、動物実験取りやめ賛成。
知り合ってすぐに、ご実家に行ってみたことがある。
都心にあるマンションの最上階で、東京タワーが見下ろせる場所。
先輩は、手入れの行き届いた清潔なシャム猫と仲良しだった。

安い引越予約
一番安い引越し会社ってドコ?レンタカーよりもお得な引っ越し業者って?格安の引越屋さんは、一括見積で見つける。
薬剤師のドラッグストアの求人.biz
薬剤師の求人・転職先を探している薬剤師さんへ。就職・転職するための求人や職場の情報、薬剤師の求人を探すならこちらがオススメ。
ラクダ
Copyright (C) 2015 乙女は泣いてはいられない All Rights Reserved.