ゼンリンストアではブルーマップやGIS・電子住宅地図デジタウンなどのソフトが買える!価格は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゼンリンストアについて


「ゼンリンストア」は、全国精細な地図を制作している会社「ゼンリン」が運営している公式オンラインショップです。
このオンラインショップではゼンリンの主な事業内容である「地図データ」を販売しています。主に取り扱っている商品には、不動産・建築・公的申請関連の業者に向けた住宅地図(建物名や居住者名などの詳細が表示されている)やブルーマップ(住宅地図に公図界と地番等の詳細データが書き込まれたもの)の他、一般人に向けたカーナビゲーションシステムの地図の更新データ、道の駅の全国地図、ウォーキングマップ、東京オリンピック・パラリンピックの競技会場などの地図があります。

また、少し変わったところでは、地図メーカーが作る文房具品として、デザイン化された地図がプリントされているノートパッド・ふせん・マスキングテープ等のステーショナリーも販売しています。

上記の地図データは、従来の地図帳のように、紙に印刷されて製本されたものや、パソコンやカーナビで使えるようDVDやSDカード等の記録媒体に収録されたものなどがあります。また公的な申請等の際、一時的に地図の一部分だけをダウンロードできるサービスも提供しています。

ゼンリンのブルーマップとは?

ゼンリンのブルーマップとは、ゼンリンの住宅地図をベースに、公図に基づいたさまざまな情報や、容積率、建ぺい率、用途地域名といった土地に関する各種データを重ね合わせた詳細な地図をいいます。元になっている住宅地図だけでも、居住者名やビル・建物の名称、公的機関や交通機関、商店名や金融機関名、道路名や交差点名称、街区界といった、さまざまなデータが(黒またはピンク色で)地図上に記載されているのですが、ブルーマップはその上、公図界や公図番号、地番、容積率、建ぺい率などの情報が、青色(ブルー)の文字で追加記載されています。

一目見て、土地に関するあらゆる情報がわかるようになっているため、建築・不動産業者や公的申請業務などに利用されます。ゼンリンでは、住宅地図とブルーマップとそれぞれ別々に販売しており、それぞれの地図は、都道府県や市区町村などに区分けされ、「東京都〇〇区」「〇〇県△△市」などのような単位で販売されています。ブルーマップの方が書き込まれている内容が多いため、住宅地図より価格が高めに設定されています。

ゼンリン GISパッケージとは?

ゼンリン GISパッケージとは、ゼンリンが提供している地図情報統合システムのことで、GISは地理情報システム(ジオグラフィック・インフォメーション・システム)の頭文字を取ったものです。地図を閲覧したり、PDFで出力したり、ワード検索やルート策定、面積を計測する機能などがあり、1IDごとに年単位で契約(月額制)することになっています。不動産業、建築業、不動産鑑定士、税理士等に向けたシステムで、ゼンリンに申し込む際には「法人」としての会員登録とそれぞれの免許番号や資格の登録番号が必要になっています。

ゼンリンでは、各業態に応じて「GISパッケージ 不動産」「GISパッケージ 不動産 ライト」「GISパッケージ 建築」「GISパッケージ 不動産鑑定士」「GISパッケージ 税理士」のような形で提供しており、例えば不動産業者が「GISパッケージ 不動産」を導入すれば、自社のパソコンで土地に関する詳細データを簡単に取得できるようになるため、調査業務や物件の情報収集が手軽になります。また建築業の場合は、建築申請書類に必要な地図の入手が簡単になり、税理士の場合は、路線価や用途地域が簡単に閲覧できるようになるため、相続税の申告などに関する時間や手間を削減することができます。

ゼンリン電子住宅地図デジタウンについて

ゼンリン電子住宅地図デジタウンとは、ゼンリンが販売しているパソコン上で閲覧・検索ができる住宅地図ソフトウェアの商品名です。ゼンリンでは住宅地図を、A4判やB4判の紙に印刷されて製本されている「冊子版」、地図が1枚ごとにバラバラになっている「ファイル版」、パソコン上で利用できる「電子住宅地図デジタウン」のように、さまざまな形で提供しています。

デジタウンは2016年9月まで、CDで提供されていましたが、2016年10月以降はDVDを使用しています。そのため、現行のデジタウンはDVD-R対応ドライブが無いと利用できません。

デジタウンのディスクには、地図閲覧ソフトと地図データがセットで書き込まれており、パソコンのドライブにディスクを挿入することでソフトが自動的に起動し、ソフト上で地図データを利用します。デジタウンのデータをパソコンにインストールしたり、コピーしたりすることはできません。

元々の冊子版の住宅地図は大きくて重く、目的地を探すためには、住所を確認しながらページをめくる必要がありましたが、デジタウンの場合は住所や施設などの名前で検索することが可能な上、マウスでドラッグしながら探せるので、目的地の特定がとても容易になっています。

また冊子版の地図などを複写機等でコピーしようとする際、目的地がページの端の方になったり、冊子の中央の折り目ぎわになってしまうことがありますが、デジタウンなら目的地を中央に据えて印刷したり、地図を拡縮することも自在にでき、プリント自体も美しく仕上がります。複写機によるコピー擦れや汚れ写りなど心配もありません。

またデジタウンは面積や距離を計測できる機能なども搭載しており、紙媒体にはない大きなメリットを有しています。

ゼンリンのブルーマップ・GIS・デジタウンの価格は?

ゼンリンストアで販売している地図は、ほとんどが市や区などの地区単位で販売されており、地区により価格が異なります。書き込まれている情報の多いブルーマップは、他の地図に比べて価格が高めに設定されています。最安は岩手県宮古市(田老)の16,000円(税別 以下同じ)で、最高価格は北海道函館市(函館)の71,000円となっています。GISは契約期間ごとに利用料を支払う方式で、料金は業態ごとに異なります。

不動産・建設・不動産鑑定士の場合は年120,000円、不動産ライトは35,780円、税理士の場合は360,000円(全国分)から120,000円(1都道府県分)となっています。これらの契約は年単位ですが、決済は年払い(1年分の利用料をまとめて支払)または月払い(月ごとにクレジットカードで支払)かを選ぶことができます。

電子住宅地図デジタウンは2,000以上の地区に分けて販売されており、最安は北海道北見市(端野)の10,000円で、最高価格は大阪府大阪市24区の314,000円です。

同じ地区単位であれば、ブルーマップが最も高く、続いて電子住宅地図デジタウン、紙の住宅地図の順に安くなります。具体的な例を挙げますと、千葉県千葉市中央区の場合、ブルーマップは33,000円、デジタウンは21,000円、紙の住宅地図が16,000円という価格設定になっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。