簡単な帯の結び方などメンズ浴衣の着付けをレクチャー!おしゃれで安いブランドがおすすめです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メンズ浴衣の着付け方

メンズ浴衣の着付けにも、女性と同じ様に時間がかかります。女性に比べれば簡単ではありますが、それでも三十分以上時間を見て練習することが大切です。

また準備の段階で最も大事な事は、浴衣用の紐や帯と言った最低限必要なものを確認し、身近に置いておきます。この時椅子の背もたれのところなど、しゃがむ手間を省くようにしておけば非常に便利ですし、時間の短縮にもなります。下着は予め身につけましょう。

鏡の前に立ち、軽く足を開きます。肩幅くらいの広さで姿勢を正します。そして浴衣をはおり、まっすぐに浴衣が落ちるように整えます。この時肩の部分を基準にはおると、整えやすく綺麗にはおることが可能です。

そのまま綺麗にはおる調整をしながら浴衣の右側の襟端をもち背中の縫い目を中心に合わせます。中心に気をつけながら右手の上前を左の脇に、そして左の上前を前に持っていって重ねます。こ

の時喉の下が見える程度に襟を合わせて、崩れないように腰紐を取った後は左手から右手に紐を渡します。そして両手で腰骨の上あたりを抑えながら紐を前から後ろに持っていって交差させ、やや上に調整しながらもう一度前に持って来ます。

この後は体の中心より少しずれた位置で左右を重ねてから下側の紐を上に絡めるように二重に回して絡め、余った紐を腰の帯に絡めます。浴衣を整えたら着付けは完成です。


メンズ浴衣帯の簡単な結び方

帯の手元端を手幅二つ分とり、その部分を縦半分に折って細くした後に体の中心に当てておきます。そのままの状態で、残りの部分を腰紐の上からキツめに巻き付けます。回数は二回か三回です。その後は右手に帯を持ち、垂れた長さを確認した時の帯の長さでもう一度巻くかどうか決めます。

残りの帯を持って反対の内側に折り込みます。余りを折り返して帯の細い方の下を、帯の上方向にくぐらせて結び強く引っ張ります。上に引き出してある数十センチを上からかぶせるように垂らしてから細い方の下から通して結び目を作ります。

後は帯の結び目を体の後ろ側に回して浴衣を直したら出来上がりです。この時やや左側に結び目を持ってくると背格好が良くなります。しかしこのタイミングは着付けが崩れて裾が広がりやすくなっている点に注意します。

どうしても帯を回す時に着付けが崩れてしまうことが多くあるため、襟を重ねた方向に帯を回して襟を乱さないようにするだけでだいぶ予防することが出来ます。


おしゃれで安いメンズ浴衣ブランドについて

浴衣は近年かなり安い値段で買うことが出来ます。しかし只安いばかりではありません。各ブランドが競合しているためにおしゃれの部分でもかなり気を使って作られているのです。メンズファッションの雑誌で掲載されるブランドとネット通販ブランドが競合しているカジュアルな浴衣もあれば、老舗の呉服屋が始めたブランドから登場した浴衣もあります。店頭でもインターネット通販でも購入できますが、殆どが通販での販売となる為、選ぶ際にはサイズも重要になってきます。

ブランドによってはかなり大きなサイズも置いてあるブランドも多いですが、丈の長さなど最低限の情報は手にした状態で買うことで失敗を防ぐことが出来ます。目安としては大体足の部分はくるぶしにかかるくらい、そして手の部分はくるぶしより少し短い長さになることが、最も適した浴衣の長さです。

中には帯などとセットになっている浴衣もありますが、購入する際はセットに必要なものが入っているか、また別の場所でどう購入するか目安を付けておくと購入がしやすくなります。

値段の目安としては浴衣と、必要な小物五点セットで五千円以下という安さの場所もありますが、全体的に品質などを考慮すると浴衣だけで一万円くらいで購入することが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。