WAON(ワオン)ポイントカードとは?発行の仕方(作り方)や会員登録・ログイン方法、使い方をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WAONポイントカードとは?

waonポイントカードは紫色のカードでイヌが一匹記載されています。このカードはイオン系列で使用し貯める事や使う事が出来ます。
基本は200円(税別)で1ポイント貯まり、1ポイント1円として1ポイントから使用出来ます。ただ、使用の際には会員登録をしておく必要があります。
会員登録をしていないとポイントは貯める事は出来ますが、使用する事は出来ません。
又、イオンではCMでも有名な20日30日は商品が5%オフになりますが、このwaonポイントカードを提示するだけでその対象になります。イオンのスーパーでは期間限定でポイントが追加で付与される商品があります。このカードでもポイント付与の対象になります。
そして貯まったポイントは商品と交換する事も出来ます。それらはWAON POINTのサイトで確認、交換する事が出来ます。
イオンのクレジットカードで予めwaonポイントが紐付けされている物もあります。このwaonポイントカードなら他社のクレジットカードの時にも商品の合計の200円に1ポイントが貯まります。

クレジット決済の分は他のカードで貯めたい時に用いる事の出来るクレジット決済機能の無いカードです。
紛失のリスクを考えたり、他のカードで一括してクレジット決済のポイントを貯めている人には丁度いいポイントカードになります。
又、家族でそれぞれ保有しイオンのクレジットカードと紐付けする事で全てwaonポイントをまとめて管理する事も可能です。
イオンが近くにあり、よく使う人には必須のカードになります。


WAONポイントカードの発行の仕方(作り方)

waonポイントカードの発行の仕方は貰って帰ってくると言う工程になります。カードはイオンのスーパーやコーヨーなどに置かれています。電子マネーのカードはお金を出して購入しないといけませんが、このポイントカードは無料で貰う事が出来ます。
近くに販売されている電子マネーのカードが設置されている事が多いので、持って帰っても本当にいいのか躊躇してしまいますが、無料と記載されており問題ありません。
貰ったその日の内から貯める事は出来ます。ただ、会員登録しないとポイントは使用する事が出来ませんので注意して下さい。
もし、出先でカードを持ってくる事を忘れた場合には無料でもらい、後で会員登録し使用する事も出来ます。
色んなスーパーの独自のポイントカードがありますが、それを同じ作り方になります。

他のスーパーのポイントカードと少し違う事と言えば、イオンなのでイオン系列の多くの場所やネットでの買い物でポイントを貯める事が出来ると言う事です。
その場で作る事も出来るし、会員登録は自宅で出来るのでその場で住所を書いたりする必要もありません。その場で書かせるスーパーよりもかなり手軽に作る事が出来ます。
店員さんと関わる事なくポイントを貯める事が出来るのです。

WAONポイントカードの会員登録・ログインについて

waonポイントカードはその場で貯める事は出来ますが、使う為には会員登録しなくてはいけません。
その方法は店頭ではなく、ネットからの登録になります。
ネットでWAON POINTと検索し、新規登録をする事になります。IDとパスワードを設定し、WAON POINTカードの裏の16桁の数字を記載します。
その後名前や年齢、住所等を入力し会員登録設定完了です。その後はIDとパスワードでログインする事が出来ます。
保有しているポイント数を確認したり、お得な情報を確認する事が出来ます。
貯まったWAON POINTを商品に交換するのもこちらの会員でログインする必要があります。

また、複数のwaonポイントカードのWAON POINTを合算したり分けたりする事も出来ます。その時にもこちらのサイトからの設定が必要となります。
色んな場面で検索する事になるので、カードを取得したらまずは会員登録をお勧めします。買い物をする以外にもポイントを貯める事が出来る事も知れます。
スーパーのポイントカードの一種ですが、これほどまでにサービスを展開しているのはイオンの waonポイントカードだけではないでしょうか。
色んなお得な情報や使い方を調べたりする事ができます。


WAONポイントカードの使い方は?

waonポイントカードの使い方は簡単です。買い物の支払いの時にカードを提示します。
スタッフの方はそのカードを読みとってくれますので、その時の会計分のポイントが付与されます。
ポイントを使用する時には自ら使用する事を伝えないとレジの方は特に何も言われません。
たまに気のきく方でしたら、沢山貯まっていますが、いかがされますか?と言って下さる事もありますが、基本的に自発的に行わなくてはなりません。
セルフレジの場合も同じく、全ての会計の前にカードを持っていると選択し、カードを読みこませます。その段階でポイント数も把握されているので、支払いの選択の中からポイントで支払うを設定します。
すると保有ポイント数から希望するポイント数を入力してポイントで支払いを補填する事になります。
その場で全てを使用しなくても問題ありません。端数分だけのポイント支払いも可能です。
会員登録していない時には、このカードではポイント支払いは出来ないと表示されます。

また、沢山貯まったポイントを商品を交換する事も出来ます。その場合はサイトからログインして商品を選び、このアイテムと交換を選択します。
貯まった都度ポイントを使用してもいいですし、沢山貯めてからアイテムと交換しても大丈夫です。
色んな使い方出来る便利なポイントカードです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。