中秋の名月の由来は?2018年はいつなの?供える食べ物が知りたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中秋の名月の由来とは?

「中秋の名月」とは、元々は秋の特定の日の夜の月を意味していましたが、現代では名月の鑑賞会やお月見の名の下に催される酒宴を指すことも多くなっています。

そもそも「中秋の名月」の「中秋」は旧暦8月15日のことであり、名月はその日限定の月を意味しています。旧暦というのは、日本で明治5年まで使っていた暦で、1月から3月を春、4月から6月が夏、7月から9月が秋、10月から12月を冬の季節と定めていました。

その中で8月は秋の真ん中の月にあたるのですが、更に月の半分にあたる8月15日については、秋の3か月の中日であることから特別に「中秋」と呼びました。ちなみに8月自体は秋3か月の内の真ん中の月であることから「仲秋」と呼ばれるため、「中秋」「仲秋」とも読み方が「ちゅうしゅう」であることから混同しがちですが、厳密には漢字により意味が異なります。

旧暦は月の満ち欠けの周期を基本にしており、月が全く見えない新月から次の新月まで(約30日)を1カ月と定めていて、その月の真ん中にあたる15日は、満月に近いことが多いです。

秋の夜に月を眺めるこの催しは、中国の「中秋節」や韓国の「秋夕」という慣習が由来になっていると言われています。中国では秋の中日である「中秋節」に盛大なお祝いをすることが知られており、月に見立てた丸いお菓子「月餅」は、そもそもこの中秋節におけるお供え物が起源となっています。

これらのイベントが、日本の平安時代ころに伝わってきて、貴族の風習として根付き、やがて日本各地に広がり、独自の発展を遂げていったとされています。


2018年の中秋の名月はいつ?

「中秋の名月」は、毎年日付が異なり、今年2018年の「中秋の名月」は9月24日となっています。

中秋の名月の日がいつなのか、例年カレンダーを見たりネットで検索したりされる方も多いと思います。毎年日付が異なる理由は、現代の我々が使っている太陽暦と、月の満ち欠けを基本にして作られた旧暦(太陰暦)との周期のズレからくるものです。

「中秋の名月」旧暦においては常に8月15日なのですが、我々が使っている太陽暦になおすと、昨年2017年は10月4日、来年2019年は9月13日とズレてしまうのです。

ここでちょっとした法則に気づかれる方もいらっしゃるかと思います。昨年(2017年)は10月4日、今年(2018年)は9月24日、来年(2019年)は9月13日ということで、毎年10日または11日早まっているということです。この前倒しになる状態は3年周期で、4年目には中秋はまた9月後半または10月初旬頃に戻ります。

ちなみに2020年にはこの3年周期がスタートし、2020年の中秋は10月1日、2021年は9月21日、2022年は9月10日となります。


中秋の名月の食べ物と言えば?

中秋の名月の食べ物は、十五夜の月に見立てた「月見団子」がよく知られています。ピンポン玉か、それより少し小さめの球に丸めたお団子を、三方(さんぽう)に白い紙を敷いた上に、複数個お供えするのがポピュラーです。地域によっては球状ではない、平べったいお餅をお供えするところもあるようです。

お団子やお餅の数は1年の月の数に合わせて12個とするところや、十五夜だから15個とする地域もあり、場所によってまちまちです。こと中秋の名月に関しては、こうしなければいけないという厳格なルールがあまり存在せず、地域や家によりさまざまな形で催されているというのが実態です。

お団子以外では、中秋の名月の食べ物には、丸いもの、球状のものが好んで使われる傾向があり、球状に握ったおにぎりや海苔巻きをお供えしたり、里芋や枝豆、栗、果物など、その時分の収穫物を供える地域も多いようです。またお月見は貴族により行われていた観月の宴に由来していることから、御酒を供えて月を見ながら酒を飲むことも多いです。

酒を用意する際は、器に注いだ酒に映る月を眺められるような盃も用意すると、より風雅な雰囲気を演出できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。