中学の偏差値を知りたい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


中学の偏差値について

受験をする中で意識するのが偏差値かと思いますが、高校の偏差値と中学の偏差値では少し事情が違います。高校は義務教育ではないのでほとんど受験が必要となってきます。

そのためほとんどの高校で偏差値と言う基準が設けられています。一方で中学の偏差値は1部の公立の大学教育学部附属中学校や私立中学校の受験の指標ともなっていますが。対象となっている数が高校に比べて圧倒的に少ないため統計学的にあまり信頼できない偏差値となっています。ただ傾向としては公立の大学教育学部附属や有名私立大の附属中学などが比較的高い偏差値となっています。

しかし東京都内の私立中学の偏差値は概ね付属する大学や高校の偏差値と同水準ではありますが、地方のほうに行くと偏差値がやや低かったりまた高い場合であっても倍率が低いため合格の可能性が非常に高くなっています。オススメは東京の大学が地方に附属中学を持っているところに受験をした方が合格の近道だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。