台風とは?米軍台風進路予想や警報について知っておきましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台風は毎年各地で甚大な被害をもたらしますが、事前に台風の進路、台風に伴う雨雲の動き、風の強さ、雨の量について把握しておくことは、被害を最小限にとどめ、私たちの命や生活の安全を守るためにとても大切なことです。今回は台風事前に台風について把握できるかどうか調べました。

台風とは

台風とはいったいどういう状況なのでしょうか。みんな意外と知らない台風の定義についておさらいしておきましょう。
台風とは、熱帯の海で生まれた熱帯低気圧のうち、最大風速(10分間平均)がおよそ17m/s以上のものを言います。わかりやすく時速で換算すると約60㎞にもなるのです。幹線道路を走っている車のスピードと同じくらい以上の早さで風が吹くということです。

また台風は発生する場所も決まっており、北西太平洋(赤道より北、東経180度より西の領域)、または南シナ海に発生したもののみ「台風」と呼ぶことができます。
日本では毎年1月1日以降発生した順に気象庁が番号を付けていて、その年に一番初めに発生した台風を台風1号、と呼んでいます。


台風はどうやってできるのか?

台風は日本の南の熱帯の海上で発生します。日差しが強く、海水温が高い熱帯の海では、大量の水蒸気が発生します。暖められた水蒸気は周りの空気より軽いため上昇しますが、上空で冷やされ水や氷に変わり、雲ができます。水蒸気が水の粒に変わるとき、非常に多くの熱を放出しますが、その熱により周りの空気は暖められ、さらに上昇気流が強くなります。

また、暖められた空気は軽いため、周辺より気圧が低くなります。空気は気圧が高いところから低いところに流れる性質があるため、どんどんと空気が流れ込みます。流れ混んだ空気は地球の自転で発生する力により、反時計回りの渦を作ります。空気の渦ができると、渦の中心に向かってさらにたくさんの水蒸気を含んだ空気が流れ込み、上昇気流が発生し雲ができます。これを繰り返すことで最初の渦はどんどん大きな渦になります。これが台風の始まりです。天気予報で渦を巻いた台風雲を見たことがある方もいらっしゃるのはないでしょうか?

台風の進路について

台風自体に移動するエネルギーはありません。周囲の風や高気圧に影響を受け進路を変えるのです。日本に来る台風の進路は、太平洋高気圧周辺の風の流れや偏西風に大きく影響をうけます。
台風の進み方について順をおって説明します。

①日本の南海上で発生した台風は貿易風と呼ばれる東から西に吹く風の影響で北西に進みます。
②沖縄付近で貿易風の影響が弱まり、台風は北向きに進路を変えます。
③日本付近には西から東に吹く偏西風が常に吹いていますが、台風は偏西風の影響を受け進路を東向きに変えます。
④そのまま行くと日本直撃というコースをたどることになりますが、夏の時期は太平洋高気圧が日本の上空に張り出しています。そのため台風は太平洋高気圧に沿って日本列島に沿いながら避けるように進んで行きます。
⑤秋ごろになり太平洋高気圧が弱まってくると日本に上陸しやすくなります。

最新の台風進路の確認方法は?


最新の台風の進路予想図や予想風量、雨量は気象庁が発表する台風情報で確認することができます。進路予想は台風が日本付近に接近した時に1時間おきに最新の情報に更新されます。2009年以前は3日先の進路予想しか確認できませんでしたが、2009年以降5日先の進路予想まで確認できるようになりました。

米軍台風進路予想とは?

台風の予想進路は気象庁が発表する進路予測図以外に、米軍のための台風情報機関「合同台風警報センター」が発表する予想図でも確認することができます。こちらの情報はアメリカの政府機関が利用することを意図して公表されている情報ですが、私たちでもアクセスすることができます。

アクセス方法は非常に簡単です。検索エンジンに「米軍」「台風」と入力し検索します。
すると「Joint Typhoon Warnign Center(JTWC)-U.S.naval Observaatory」と出てきますのでこちらを選択します。
サイトはもちろん英語表記ですが、トップ画面中央にある「TC Warning Graphic」という箇所をクリックします。

このページでは、6時間ごとに更新される5日先の台風予想進路図と風速17.2m/s以上の暴風域を確認することができるのです。
米軍台風進路予想と気象庁発表の進路予測、どちらが正確か議論になることがあります。結論から先に言えば、どちらも当たることもあれば外れることもありますので、予想精度に関してはどちらの方が正確とは言えません。

以前は気象庁の進路予想は3日先までしか発表されなったため、5日先まで予想進路が確認できる米軍台風進路予想にアドバンテージがありましたが、現在は5日先まで発表されているため、その差はなくなりました。
また、米軍台風進路予想は6時間おきにしか更新されませんが、気象庁の進路予想は1時間毎に更新されます。頻繁に台風情報をチェックする方は気象庁の進路予想がおすすめです。


台風の警報について

台風が接近に伴い、雨や風に対する警戒が必要になると各種警報が発表されます。台風の進路予想だけではなく、発表される警報にも注意するようにしましょう。
台風に伴い発表されるそれぞれの警報について見ていきます。

暴風警報

暴風の影響で重大な災害が発生する恐れが予想される場合に発表される警報です。
なお暴風警報を発表する全国統一の基準は定められておらず、「過去の暴風災害の調査結果を踏まえて」市町村単位で基準が設定されています。

大雨警報

大雨で浸水や土砂による重大な災害が発生するとおそれがあると予想された場合に発表されます。

洪水警報

大雨で河川が増水し、河川の氾濫や堤防の損傷、決壊による重大な災害が発生する恐れがある場合に発表されます。

波浪警報


高波で重大な災害が発生する恐れがあると予想された場合に発表されます。波浪警報が発表された場合には、海の中に入ることはもちろん、絶対に近づかないようにしましょう。

高潮警報

台風の影響で海面が異常に上昇し、重大な災害が発生する恐れがあると予想された場合に発表されます。

特別警報

特別警報は平成25年8月30日より気象庁が運用を開始した新しい警報です。
特別警報はこれまでの「警報」の基準をはるかに超える、数十年に一度起こると予想される大災害の場合に発表されます。

まとめ

台風が接近・上陸すると各地に重大な被害を与えます。台風による被害を最小限に食い止めるためにも台風の雨雲の動き、雨量、風の情報を把握することが大切です。気象庁が発表する進路予想や米軍台風進路予想とそれに伴う情報で台風の雨雲の動きや雨、風の情報を事前に確認することができます。
台風が接近してきた時はこまめに進路予想を確認し、発表される警報にも注意を払うように意識しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。