パソコンのツイッター(Twitter)クライアントアプリにトレンド・足跡・ブロックがわかるアプリはある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンのツイッタークライアントアプリについて

パソコンで使えるツイッターのクライアントアプリは数種あります。ユーザーを欄で一箇所にまとめて見られるもの、数種類のタイムラインを並べて見られるもの、別のプログラムが必要ではありますが多機能を誇るもの、そしてツイッターの公式クライアント。各アプリには当たり前ながら長所もあれば短所もあり、現在必要である機能やツイッターのメイン画面と併用したい時、余計なものを見たくない時に使いたい、といった需要に応じて選べるだけの種類のアプリがあります。使用している環境によっては選択肢が減ってしまう事が難点ですが、普通のツイッターのホーム画面よりも複数アカウントのリプライ、DMの管理がしやすい様に枠が分割しているアプリが多く、使いやすさはどれも良いと言えるでしょう。いちいちツイッターのログインをし直したくない人は用途やアカウント別でアプリを分けて使用するという使い方もできます。

また別のSNSと併用することが出来るアプリも存在します。この場合は予め両方のIDを設定しておくことでツイッターの複数アカウントだけでなく、入力したSNSのタイムラインを一画面に並べて表示されるので多くのSNSを利用するヘビーユーザーに配慮されたアプリと言えるでしょう。


ツイッターのトレンド(話題)がすぐ見つかるアプリはある?

ツイッターのトレンドは公式のホームを覗くことでもすぐ確認することが出来ますが、スマートフォン向けにトレンドをすぐ表示するアプリは幾つか存在します。そのうちの一つは、今までのトレンドを時系列別で並べてくれるアプリです。
このアプリでは新聞やデータ放送のテレビ欄の様に表示されるため、見やすさに非常に秀でています。そのため長い間どの言葉がトレンドになっていたのか、という情報を知ることもできるのです。

それとは別に現在のトレンドをリアルタイムで分析してランキングやグラフと言った可視化された情報を表記してくれるアプリもあります。過去の出来事が解るサイトでは日本語だけではなく、英語でのアプリも存在しているため英語版ツイッターを何らかの理由で使用する人には便利でしょう。
ツイッターではやっているトレンドに関するアプリでは、大体グラフ化かランキングで表記されることが多くあります。そのため難しい見方をしなければならないこともなく、ぱっと知りたい時に知りたい情報、例えば公共の乗り物に関する遅延情報や地震の情報を手に入れることができるのです。これらのツイッタートレンドは文章だけでなく画像も検索して共有することが出来ます。

ツイッターの足跡がわかるアプリはあるの?

ツイッターには閲覧しに来た人が解る足跡機能は存在しません。そして足跡を解析するためのアプリも存在していません。一時期噂として広がったこともありますが、そもそもツイッターには足跡を解析するために必要である、APIと呼ばれる個人特有の情報が搭載されていなません。そのためそもそも足跡を追跡できる機能は作成されることも不可能なのです。なのでツイッターでもし足跡解析アプリというものが宣伝されていても、情報先のサイトがウィルスである場合が多いので絶対にクリックしてはいけません。

足跡機能はありませんが、勝手に閲覧している事がバレる行動は幾つかあり、主に相手のツイートをフォロー、リツイート、いいねした場合は閲覧していると思われていると判断して良いでしょう。相手に自分の痕跡を残したくない場合はこれらの機能を使わない、もしくはログアウトした状態で見るのが最も確実な手です。
なおおすすめユーザーには、よくこちらを閲覧している人が表示されているという情報もあります。しかし実は閲覧されているかどうかは然程関係無いため、こちらはあまり深く考えなくても大丈夫です。
アクセス解析を利用して見ることも不可能ではありませんが、アクセス解析で解るのは何度も見ているユーザーがいるかどうかだけですので、どのアカウントの人かまでは一切わかりません。


ツイッターでブロックされた事がわかるアプリはあるの?

ツイッターでブロックされてしまったかどうかはアプリなしでは確認することが出来ないことの一つです。しかしブロックされたか解るアプリ、という専門アプリはないものの、フォロー、リムーブとブロック、のように併用出来るアプリは多く存在しています。
もしかしたらブロックされたかも知れない、という段階が解るアプリもあるため、フォロー数とフォロワ数を揃えたい人が利用する場合もあります。パソコン版の場合はリムーブやブロックされたことをDMで教えてくれるアプリもあります。アプリ具体的なアカウントまでを知ることは出来ませんが、何人にブロックされているのかを知ることは出来るため、具体的な数字がわかった後ブロックされていないか心配な人のホーム画面で、こちらがブロックされていないかを確認すること以外はほぼ出来ないと言っても過言ではありません。

ブロックされていた場合は相手画面のホーム画面を確認するとブロックされている事が書かれているため、こうなってしまうとリプライやDMには届きませんし、相手のツイートを見ることも出来なくなってしまいます。また検索したときにも検索結果に含まれなくなってしまいます。ブロックされた場合はほぼ何かしらの会話をすることができなくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。