トニックウォーターとは?炭酸水の違いやカロリーや糖質、おすすめのカクテルをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トニックウォーターとは?


トニックウォーターとは、炭酸水に香りづけのハーブや柑橘類の果皮のエキス、糖類を混ぜて作った飲み物(清涼飲料水)です。

今でこそ清涼飲料水として広く親しまれていますが、元々は「キニーネ」という薬効成分が多量に含まれる薬のような飲み物でした。というのも、トニックウォーターという飲み物が作られたきっかけが、イギリス人がマラリアを予防するために作られた保健用飲料だったからです。

イギリスはかつてアフリカなどの熱帯地域を植民地支配していましたが、そこはマラリアの流行地域でもありました。そこで、マラリアに効果があるといわれた「キナ樹皮」を浸して、エキスである「キニーネ」を多量に染み込ませた炭酸水を飲んでいました。しかしキニーネはたいへん苦味が強く、普通に炭酸水に混ぜたのでは苦くて飲めませんでした。

そこで、飲みやすくするために砂糖などの甘味料を加えるという工夫がなされた結果、現在のトニックウォーターの原型が誕生したのです。

※キニーネはアレルギーや胃腸障害・視神経への障害といった重篤な副作用が指摘されています。現在日本で売られているトニックウォーターには、輸入品を除き(輸入品には微量に含む)キニーネは含まれておりません。

現在、キニーネが出していた独特の苦味は、各種ハーブエキスで再現されていることが多いです。

「トニックウォーター」と「炭酸水」の違いについて


トニックウォーターと炭酸水の違いは、ズバリ「風味」です。
混ぜられているハーブエキスによる独特の苦味と、糖類による甘味、そして柑橘類の爽やかな香りが特徴です。その複雑な味わいとは対照的な後味の爽やかさから、食事に合わせる飲み物やカクテルの材料に用いられることも多く、代表的なものにはジン・トニックがあります。

この癖になる味わいこそが、トニックウォーターをただの保健用飲料から清涼飲料水に押し上げたといえます。

トニックウォーターのカロリー・糖質について


カロリーや糖質を気にされている方については少し注意が必要です。
トニックウォーターは先に述べたように、糖類が含まれています。その量は意外と多く、各メーカーで平均するとだいたい9g前後です。
糖質制限を行っている方については、トニックウォーターを日常的な飲み物とする場合気を付ける必要があるといえます。あくまで嗜好品として捉えたほうがいいでしょう。

トニックウォーターを使ったおすすめカクテルは?


さて、そんなトニックウォーターはどういった飲み方がおすすめなのか。そのまま飲んで、柑橘類とハーブと甘味、炭酸のシュワシュワ感の織りなすハーモニーを楽しんでもいいかもしれません。
しかし、本家・元祖であるイギリスでは、早くから「ジンと飲み合わせるとキナの苦味が薄れる」ということを発見していました。やがてジンだけでなく、蒸留酒全般とトニックウォーターの相性が良いことが発見され、多くのカクテルが作られてきました。

◎ジン・トニック

ドライ・ジンベース、トニックウォーターとライムを合わせたイギリスの代表的なカクテルです。ジンとトニックウォーターはだいたい1:3くらいがセオリーとされるようですが、好みに合わせて調整しても構いません。
ライムとトニックウォーターを減らせば、よりドライな味わいに。全体的に「材料を冷やしておく」「なるべく泡立てない」のが、美味しく作るポイントです。

【作り方】
(1)氷を入れたグラスに、ジンを注ぐ。
(2)トニックウォーター(よく冷やしておく)でグラスを満たし、軽くステア(マドラーで混ぜること)する。
(3)ライムスライスを飾る
※ベースをウォッカにすると「ウォッカ・トニック」、テキーラにすると「テコニック」となります。

◎スプモーニ

イタリア語で「泡立てる」という意味の単語に由来するカクテルです。カンパリ(赤)をベースに、グレープフルーツジュースを加え、好みでトニックウォーターを加えて出来上がりです。食前酒としても好まれています。

カンパリとグレープフルーツジュースは1:1であることが多いですが、これもお好みで変えても構いません。

【作り方】
(1)氷を適量入れたタンブラー(容量180ml〜300ml程度)に、カンパリ(赤)を注ぐ。
(2)グレープフルーツ・ジュースを注ぐ。
(3)適量のトニック・ウォーターを注ぎ、軽くステアする。
※ベースをディタ(ライチリキュール)に変えると「ディタ・スプモーニ」になります。

お酒は苦手・未成年だけど、トニックウォーターとのカクテルを楽しみたい!という方には、ノンアルコールカクテルもおすすめです。

トニックウォーターに特に合わせやすいのは、グレープフルーツやオレンジ、シークワーサーなどの柑橘系のジュース。柑橘系の爽やかな甘酸っぱい味わいに、独特の苦みが加わるだけで、ワンランク上の飲み物に早変わりします。

敷居が高いと感じていた方も、これをきっかけにトニックウォーターを手に取ってみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。