東京スカイツリータウンとはどんな場所?ソラマチ、水族館、プラネタリウム、イーストタワーを紹介します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京スカイツリータウンはどんな場所か

東京スカイツリータウンは今や東京の観光名所を代表する東京スカイツリーを中心とした複合施設です。

その種類はファッションやグルメなど多彩なジャンルのお店が集結する商店街「東京ソラマチ」や天候を気にせずに多くの動物に会える「すみだ水族館」・最新の技術を使ったコニカミノルタプラネタリウム「天空」などのエンターテイメント系施設、多くの企業がオフィスとして利用している「東京スカイツリーイーストタワー」など様々な施設から構成されています。

開業してから数年たった今でも家族連れやカップル、観光で訪れた外国人にも人気のスポットで、毎日多くの人々が訪れています。

そんな東京スカイツリータウンには一体どんな施設があるのか、この記事ではご紹介していきます。それぞれの施設が強い特徴や個性を持っているので、その日の気分で行く場所を決めても一日中楽しめますよ。


東京スカイツリーのソラマチとは?

東京ソラマチは、スカイツリーの足元にある商業施設です。そのお店の数はなんと312にも上ります。多彩なジャンルのお店があるので、一日中いてもたっぷりと楽しめるショッピングセンターになっています。長さは400mにも及び下町の商店街のような雰囲気を出していることから、意外にも地元で生活している人々にも人気を博しているそうです。
そんな東京ソラマチのオススメのお店をいくつかピックアップしていきます。

まずソラマチ7階にある「たまひで」は老舗の親子丼のお店で、創業してからなんと250年以上が経ちます。長年、受け継がれてきた親子丼には特製の鶏肉を使用しており、とても食べ応えがあります。そんな鶏肉にはふわっふわの卵を絡めているので、おいしさも倍増です。ソラマチに訪れた際の食事にはぴったりですね。優しい味わいなのでランチにいかがでしょうか。

スイーツがお好きな人には「MAX BRENNER CHOCOLATE BAR」もオススメ。このカフェは原宿や海外で大人気のチョコレートカフェで、東京ソラマチでもその人気っぷりがうかがえます。内装もチョコレートをイメージしたスイートな雰囲気になっていて、大変統一感があります。

中でもイチオシメニューはチョコレートチャンクピザ。もちもちとした生地にミルクとホワイトチョコレートのチャンクを乗せています。さらにその上にはふわふわのマシュマロが乗っていて、とろーりとした触感も楽しめます。甘いものが大好きな人にとってたまらない一品ですね。

ソラマチに開店しているファッション関係のショップでは「BEAMS」も人気です。メンズやレディスのファッションアイテムを販売しているセレクトショップで、どれもカジュアルなデザインになっています。そのことから、性別や世代が問われないので大人気のショップです。
そして忘れてはならないお土産や雑貨のお店は「がっちゃら屋」がオススメ。招き猫のグッズがたくさん揃っており、デザインやサイズも豊富です。

東京の下町の雰囲気を忘れさせない雰囲気のお店なので、必ず立ち寄ってみてくださいね。部屋にちょこんと置いておくだけで、あなたに幸運が訪れるかも。

東京スカイツリーの水族館について


東京スカイツリーには都内でも有名な水族館があります。その名は「すみだ水族館」です。都会にある水族館だからあまり見どころがないのでは?と思っている方ほど、逆にオススメしたいスポットで、様々な用途で訪れやすい水族館になっています。

このすみだ水族館で一番の見どころは、なんといってもペンギンの展示です。屋内での展示でありながら、国内最大級のプール型水槽で多くのペンギンたちが泳いでいます。この水槽では飼育スタッフによるゴハンの時間を見ることができるプログラムが開催されています。

1羽ずつ丁寧にゴハンをペンギンに与える様子を見ることができるのですが、このときにペンギン1羽ずつの個性を紹介してもらえます。わんぱくなタイプ、おっとりしたタイプ、どこか天然なタイプなど、それぞれ性格も異なるので、必ずお気に入りのペンギンが見つかるはずです。もしかしたら自分に似たペンギンにも会えちゃうかも?

そんな個性豊かなペンギン達へのゴハンのあげ方は大変工夫されているので、じっくりとその様子も楽しんでいってくださいね。

ちなみにペンギンのブースの近くにはペンギンカフェがあります。軽食、スイーツ、ジュースなどのソフトドリンクが揃えられていますが、すみだ水族館らしさを全面に出したオリジナルメニューも提供されています。

その一つである柑橘系のカクテルには氷が入っていますが、なんとその氷にはオレンジ色に光るLEDが入っています。このLEDは淡く優しく光っているので、幻想的な水族館にはぴったりの飲み物ですね。すみだ水族館は夜まで開いているので、このカクテルを片手に夜の水族館を回ってみると、よりムードが増しそうです。

また、東京大水槽では彩り鮮やかな多くの魚を見ることができます。伊豆諸島・小笠原諸島などの219の島々がテーマとなっているだけあり、迫力満点な魚の大群を見ることができます。大きな水槽の中に泳いでいる魚たちをぼんやりと見ているだけでも癒されますね。水族館の定番を押さえている水槽なので、これだけでも見る価値があります、

他にもクラゲのゾーンは幻想的な雰囲気が表現されていて、どこか非日常的な空間に作り上げられています。数億年前からほとんど姿を変えていない多数のクラゲが泳いでいるだけでも美しいのですが、すみだ水族館ではその見せ方も工夫されています。クラゲ万華鏡トンネルはそんなクラゲの幻想的な美しさをより強調するため、50mのスロープ状の壁と約5000枚の鏡を飾った天井でまるで万華鏡のような空間を創り出しました。

このトンネルにいるだけで自分たちが万華鏡の中にもぐりこんだような気分になれますが、クラゲと一緒にそんな万華鏡の中をふわりふわりと浮かんでいるような体験もできます。 SNS映えも良いので、スロープ全体やクラゲにフォーカスした写真をぜひ撮っていってくださいね。


東京スカイツリーのプラネタリウムについて

次にご紹介するのは、東京スカイツリー内にあるコニカミノルタプラネタリウム「天空」です。天空では、最新の技術を使ったCG映像と、光と音が織りなす満天の星空を見ることができます。作品もいくつかあり、公式ホームページではそれぞれの作品の特徴を紹介しています。

その中の一つであるヒーリングプログラムでは満点の星空を、アロマの香りと共に楽しむことができます。リラックスした気分で見ることができるので、その名の通りヒーリングの効果がとても高いです。他にも有名アーティストの名曲が次々とBGMとして流れてくるプログラムもあります。

また、天空のドームにはリクライニングシートとなっている一般シートのほかにも、寝転んで星空を眺めることができる三日月シートがあります。こちらはデザイン、形状、材質まで全てオーダーメイドで作られた特別席で、ドームの前方に設置されていることから誰にも視界を邪魔されることなくゆったりとプログラムを楽しむことができます。三日月の上で星を眺められたら…という思いから作られたシートなら、よりゆったりとプログラムを満喫することができますね。

そんな天空ですが人気のプラネタリウムのため、せっかく行っても見てみたいプログラムのチケットが売り切れてしまっていることも…。それを防ぐためにも、チケットはなるべく早めにインターネットで購入するのが無難でしょう。手続きは公式ホームページで行うことができ、観たいプログラムを選択したあとは座席の指定をすることもできます。迫力の映像と音楽を楽しみたい人は前方の、ドーム全体を見渡したい人は後方の席がオススメです。14日先のチケットなら購入できるので、訪れる日が決まったらすぐにチケットをチェックしてみましょう。特に期間限定のプログラムは見逃さないよう、確認が必要ですね。

東京スカイツリーイーストタワーとは?

東京スカイツリーイーストタワーは、東京スカイツリータウン内に位置する超高層ビルです。この中にはオフィスや、商業施設などが入っています。

アクセスも大変抜群で、押上(スカイツリー前)駅から直結で向かうことができます。雨の日も濡れる心配なく行くことができるのはポイントが高いですね。その上押上駅へは、東武スカイツリーライン(伊勢崎線)、東京メトロ半蔵門線、都営浅草線、京成押上線の4路線で向かうことができます。どの路線も都内では主要な路線なので、アクセスが大変簡単なのがよくお分かりいただけますね。

そんな東京スカイツリーイーストタワーは、押上駅から12階のオフィスロビーまで、エレベーターを使用して一気に上ることができます。そのオフィスロビーにはオフィスらしく貸会議室や喫煙室のほかにカフェも併設されています。多彩なお弁当もランチタイムでは販売されているので、オフィスワーカーにも楽しめるような工夫がされています。

他にも下層階は先ほどご紹介した東京ソラマチのグルメ・ショッピングエリアと同じお店で買い物を楽しむことができます。まるでオフィスの落ち着いた雰囲気とスカイツリーのにぎやかなムードが混ざり合ってるかのようです。

さらに31階のスペースでは展望台として風景を見ることができ、千葉や茨城方面までよく見えるので、穴場の展望スペースとなっています。30階の展望スペースでは31階とは逆に、東京方面を見ることができます。

さらにここでは、スカイツリーの真横まで眺めることも!スカイツリーの隣に建てられたイーストタワーだからこそ、見ることができる景観ですね。どちらも無料で入れるスペースなので、スカイツリー近辺で遊びまわった後は訪れてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。