東京スカイツリーの高さは世界一?開業までの歴史・役割・構造・総工費・住所・キャラクターなどの豆知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京スカイツリーの高さは世界一なのか

東京スカイツリーの高さをみなさんはご存知でしょうか。「すごく高い!」といったイメージはありますよね。実は東京スカイツリーの高さは634mもあり、東京タワーが333mですから非常に高いタワーであることがわかります。覚え方の豆知識ですが、「武蔵(むさし)」という風に記憶して貰えればすぐ答えられるようになるかと思います。

さて本題の「世界一か?」ということですが、実は東京スカイツリー、自立式鉄塔の中ではなんと世界一の高さを誇ります。世界二位のキエフテレビタワー(ウクライナ)が385mですから、抜きん出て高いことがお分かりいただけるかと思います。

また、電波塔の高さランキングでも世界一を誇り、2011年には現存する世界一高い塔として、ギネスに認定もされました。

しかし残念なことに、人工建造物の高さランキングでは惜しくも世界第2位という結果になっています。それでも東京スカイツリーは、世界的に見て非常に高い建造物であることがわかりますね。


東京スカイツリー 開業までの歴史

2003年の12月、新タワーについてのプロジェクトが発足したのがはじまりです。
2009年4月6日に工事が開始され、震災などの影響を受けつつも2011年3月18日には634mの高さにまで達し、2012年4月には本放送が開始されました。

そもそもなぜ東京スカイツリーの建設が始まったのでしょうか。
それは都心部において、高層ビル群の増大に伴って電波が不安定となる恐れが出てきたため、600m以上の新タワーの必要性が主張されたからです。安定した電波を供給するためには、周囲の建物の2倍の高さの電波塔が必要とされており、その結果634mもの高さの電波塔、東京スカイツリーの建設が決定されたのです。

東京スカイツリーの役割について

東京スカイツリーの主たる役割は、電波塔として地上デジタル波を送信することにあります。
同時に、携帯端末向けのサービスであるワンセグの利用エリア拡大や、災害時の防災機能としての役割をも担っています。具体的には、スカイツリー周辺を新たな防災の拠点とし、災害時の情報収集能力を上げるため、スカイツリーの地上260m付近に「防災用カメラ」を2台設置しています。これにより、災害時における区内の被災状況や避難所の状況などを把握することができるようになりました。平常時は、火災の状況確認に活用しています。

また、東京エリアの観光拠点として、地域社会の活性化の役割も担っています。

東京スカイツリーの構造について


東京スカイツリーは634mもの高さがありますから、しっかりとした構造でないと倒れてしまいます。そこで採用されたのが、五重塔に見られる技術と現代の技術を融合させた「心柱制振」と呼ばれる制振構造です。これは塔全体が揺れた際に、塔本体とは別のタイミングで振動する重りを取り入れることで、塔全体の揺れを抑制するというシステムです。東京スカイツリーでは階段室をその重りとし、これは世界で初めての利用例となっています。

また、部材として「高強度鋼管」という、通常みられるような鉄骨よりも約2倍も強い鉄を使用することによって非常に丈夫な構造となっているのです。

東京スカイツリーの総工費は?

東京スカイツリーの建設費は約400億円、総事業費は約650億円といわれています。東京タワーの総工費が30億円ですから、これと比べると非常に高いように思えます。
用途は違いますが、日本にある他の建造物と比較してみると、日本で最も高い高層ビルであるあべのハルカス(300m)の総工費は760億円、横浜ランドマークタワー(296m)の総工費は2700億円ですから、東京スカイツリーの総工費が抜きん出て高かった、というわけではなさそうです。


東京スカイツリーの住所は?

東京スカイツリーは、東京都墨田区押上一丁目にあります。アクセス方法は、東武鉄道伊勢崎線の「とうきょうスカイツリー駅」から徒歩にて。高層ビルや高層マンションの中にひときわ高くそびえ立っているので、すぐにその存在に気づくことができるでしょう。

東京スカイツリーのキャラクターについて

東京スカイツリーには、公式キャラクターが3人(匹)います。
まずは星の形のあたまをした、好奇心旺盛な女の子のソラカラちゃん。ステキな発見をしたり、うれしいことがあったりするとあたまの星がキラキラと光るようです。

次に、ソラカラちゃんのともだちテッペンペン。東京スカイツリーに降り立ったソラカラちゃんが初めて出会ったのがテッペンペンで、彼女はミーハーでおしゃれが大好きな女の子です。東京の最新情報を持っているらしく、ソラカラちゃんは彼女をお姉さんとして慕っているようです。

最後に、同じくソラカラちゃんのはじめて出会ったともだちのひとり、スコブルブル。下町の歴史にとても詳しいおじいちゃん犬です。ソラカラちゃんにとっておじいちゃんのような存在だそうです。
いずれのキャラクターも非常に設定が作り込まれており、デザインも親しみやすいものになっています。キャラクターグッズも豊富で、ソラカラちゃんボールペン(ちょっとかさばる!?)やハンカチなど、日常的に使いやすいものがほとんどです。ぜひお土産にいかがでしょうか。

東京スカイツリーに関するその他豆知識


①実は地上に出ている部分の本体だけで、約3万2000トンもの重量の鉄骨が使われているようです。あれだけ高い塔を支えているのですから、これは納得ですね。

②展望台の料金ですが、大人は3000円、中高生は2300円、小学生は1400円、幼児は900円となっています。

③東京スカイツリーには、第一展望台、第二展望台の2つの展望台があり、第一展望台の収容人数は2000人、第二展望台は900人です。
ちなみに、エレベーターで第1展望台までは約50秒、その上の第2展望台までさらに約30秒で行くことが出来るようです。
ここではオフィシャルグッズの販売が行われていたり、ドリンクやオリジナルスイーツを楽しむことができるSKYTREE CAFEといったカフェやレストランなどもあります。

④フロア340では、床がガラス張りになっているため、非常にスリリングな体験ができる場所になっています。チャレンジャーは是非挑戦しに行ってみてください。

⑤東京スカイツリー天望デッキ(350m)の入場券のみ、インターネットでの事前購入が可能です。東京スカイツリー天望回廊(450m)の入場券は、東京スカイツリー天望デッキ内のチケットカウンターにて。

⑥東京スカイツリーには、オリジナルカラーである「スカイツリーホワイト」が使用されています。この色は、薄い藍染の色である「藍白(あいじろ)」をベースにしてつくったものなんだそうです。

⑦東京スカイツリーのロゴには、刈安色、江戸紫、紅梅、常盤色、萌黄色などが使用されています。これは日本の伝統色なんだそうです。近未来的でありつつも、伝統的な面も併せ持っているようです。

⑧東京スカイツリー周辺では東京ソラマチ、東京スカイツリーイーストタワー、コニカミノルタプラネタリウム“天空”in東京スカイツリータウン、すみだ水族館など、多くの観光名所があるため、一日中遊ぶことができます。東京スカイツリーだけでなく、他の名所にも訪れてみるのはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。