東北新幹線のグランクラスとは?予約や時刻表空席確認の方法を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東北新幹線の予約

東北新幹線は、JR東日本が運行する新幹線で、区間は東京駅から新青森駅です。

東京駅 から 新青森駅間を最短2時間59分で結ぶ新幹線が運行しています。

東北新幹線は、「えきねっと」の空席案内を利用すると、空席状況を確認することができます。「えきねっと」はJR東日本が提供する旅の情報や、指定券の予約サービスです。

JR東日本管轄に限られますが、利用料金などは特にないので、東日本のエリアで新幹線を利用することが多い方はすれば会員登録しておくのがお勧めです。会員登録しておけばJR全線が予約できます。「えきねっと」には「トクだ値」という、早く予約するだけで最大20%まで料金が安くなる割引サービスや、「お先にトクだ値」という乗車日より13日前の午前1時40分までの申し込みで、さらにお得な最大40%までの割引のサービスがあります。

また、各列車によって割引額は異なりますが最低でも5%の割引があります。


東北新幹線の空席

「えきねっと」での空席情報は「○」「△」「×」程度の目安ではありますが、「○」なら座席に余裕がある「△」なら3人席の確保が困難、複数人での移動の場合は座席が離れてしまう可能性がある、「×」なら満席というような座席の状況を判断することができます。

運行状況についても、JR東日本管内の在来線(特急列車を含みます)および新幹線の列車の運行に関する情報を提供しているJR東日本のサイトとアプリを利用することをお勧めします。

会員登録をせずに使うこともできますが、メールアドレスや住んでいる地域を設定しておくと、MY路線から、登録した路線の情報をすぐにチェックできるようになるので便利です。

 

東北新幹線の時刻表

東北新幹線の時刻表に限らずですが、ナビタイムは、全国の新幹線からバスの時刻まで網羅しており、簡単な入力だけですぐに調べる事ができるのでお勧めです。新幹線なら、まず乗車する予定の新幹線名を選択すれば、乗車駅から降車する駅までの区間に絞られて選択できますので、それまでにかかる時間まで分かりやすい一覧表示で調べる事ができます。

シンプルな表示で余計な情報がないので知りたい情報だけをすぐに調べることができます。しかし、ナビタイムは新幹線の時刻表を調べるためには便利ですが、東北新幹線の乗車予約をするのなら、やはり「えきねっと」を活用すると便利です。


東北新幹線の座席指定

座席指定をする前に、新幹線の指定席にはどんな種類があるのか、確認しましょう。

東京発着の新幹線の座席は、普通車指定席の場合、横2列+3列の、計5列です。A席が3列シートの窓側、B席が3列シートの中央、C席が3列シートの通路側、D席が2列シートの通路側、E席が2列シートの窓側です。

荷物を自分の座席の後ろに置きたいなら最後列が良いでしょう。コンセントが必要なら、最前列か窓側です。ただし、最前列や窓側でも、コンセントのない車両がありますので、事前に確認が必要です。

より細かいシートマップは、JRのサイトで公開されています。また、市販の紙の時刻表でも確認することもできます。

 

東北新幹線のグランクラス

新幹線史上最高級クラス「グランクラス」は連日発売と同時に売り切れるほどの人気です。 出発するとすぐにアテンダントから挨拶があり、引き続き温かい布製おしぼりのサービスがあります。そして席に置いてあるメニューから好きな飲み物が注文できる。アルコール類も含めて乗車中は飲み放題ですが持ち帰りは不可です。

ドリンクメニューは、アルコール類がビール、赤ワイン、白ワイン、日本酒、シードル、ソフトドリンクがホットはコーヒー、緑茶、紅茶、ハーブティー、冷たいものはコーヒー、緑茶、黒烏龍茶、アップルジュース、ダイエットコーラ、ミネラルウォーターから選べます。

お弁当は乗車時間中の好きな時間にオーダーでき、和軽食と洋軽食から選べます。和軽食の東京発は「青森編」、新青森発は「東京編」として、到着地にちなんだ料理を盛り込んであります。「軽食」なので、量的にあまり多くはありませんが嬉しいサービスです。

また、スリッパは座席前ポケットにあり(持ち帰り可能です)、新聞はグランクラスのデッキと室内の間にあるスペースに置いてあるので、自由に読む事ができます。毛布の貸し出しもしており、さらに各座席に電源用コンセントが用意されています。

東北新幹線のグランクラスも「えきねっと」の「トクだ値」という、早く予約するだけで最大20%まで料金が安くなる割引サービスや、「お先にトクだ値」という乗車日より13日前の午前1時40分までの申し込みで、さらにお得な最大40%までの割引が受けられるサービスを利用すれば、お得にグランクラスを利用することが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。