tenki.jpは現在地の天気予報、服装・洗濯の指数や降水確率・花粉情報も見れる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

tenki.jpの天気予報について

「tenki.jp」は一般財団法人「日本気象協会」と「AliNKインターネット」が共同で運営する、天気を専門に扱う情報サイトです。日本各地の天気予報を中心に、地震・津波・警報注意報・火山・台風といった災害情報、紫外線・洗濯・不快等の指数情報、花粉・熱中症・開花等、気象と関連性の深い情報を多数掲載しています。

また、一般的な天気図の他、衛星から撮影された雲の様子、アメダスによる降水地点表示、雨雲の実況や予報等、実際のデータや画像が多数掲載されており、最新データへの更新が定期的に行われている一方、災害や台風等、緊急性の高い情報に関しては随時更新されています。また気象予報士のポイント解説や、季節に合わせて掲載されるコラムも充実しており、人気があります。


現在地の天気予報はわかる?

パソコンで見るためのtenki.jpのサイトには、上部に郵便番号や住所等を入力する欄があります。またその横にある「現在地」をクリックすると、パソコンのおおよそ現在地を判定して表示する機能があり、これにより現在地の天気予報を見ることができます。

またtenki.jpは、iPhone/Android用の専用アプリもリリースされています。そのアプリを使うことで、端末に内蔵されているGPSを利用し、現在地の天気予報を表示することもできます。スマートフォンで現在地の天気を見る場合は、スマートフォンの設定で、GPS機能をONにする必要があります。またこのアプリでは現在地以外に、任意の場所を最大10地点、登録することができます。例えば、現在いる位置はGPSを使って「現在地」として表示させ、自宅のある場所や会社・学校の場所など、頻繁に確認したい地点を登録しておけば、複数の天気予報を即座に切り替えて見ることができ、大変便利です。

服装・洗濯指数がわかる天気予報について

tenki.jpのサイトには、生活に役立つさまざまな「指数情報」が掲載されています。指数情報とは、気温や湿度といった各種データから算出された数値のことで、雨傘の必要性を表す「傘指数」や紫外線の強さを表す「紫外線指数」などがあります。これらの指数は、ある特定の季節だけ掲載されるものと、通年掲載されているものの2つに大別でき、例えば、夏は「不快指数」「ビール指数」「汗かき指数」「蚊ケア指数」「冷房指数」「除菌指数」「アイス指数」、通年掲載されている指数には「服装指数」「洗濯指数」「レジャー指数」「お出かけ指数」「洗車指数」「肌シミ指数」などがあります。

テレビの天気予報コーナー等でも紹介されることが多い「服装指数」は、その日どんな服装が適しているかを、0から100までの5段階に分けたもので、数字が大きいほど軽い服装、小さいほど厚手の服装の必要があるということになります。

また「洗濯指数」とは、洗濯の乾きやすさを表す指数であり、30以下から100まで、こちらも服装指数同様、5段階にランク分けして、地域ごとに発表されています。指数の数字が大きいほど乾きやすく、小さいほど乾きにくいことになります。上記に挙げた全ての指数は、tenki.jpのサイト内に掲載されており、自由に見ることができます。


天気予報の降水確率とは?

降水確率とは、特定の地域で、一定の時間内に降水がある確率をいいます。では降水とは何かといいますと、気象庁によれば「降水量1mm以上の雨または雪」という定義があり、これ以上であれば小雨でも台風のような土砂降りでも、降水であり、その一方、短時間の霧雨など、降水量が1mmに満たない場合は降水と呼べないことになります。

具体的な例を挙げますと、降水確率が30%と発表された場合、100回中30回、1mm以上の雨や雪が降るという意味になります。確率の高さと雨の強さや降る量などとは関係ないので、確率が高いからといって雨や雪が大量に降るわけではありません。tenki.jpのサイトには、各地の天気予報と同じ欄に、最高気温予想・最低気温予想・降水確率が表示されています。

天気予報で花粉情報はわかる?

tenki.jpの中には季節特集という項目があり、そこに「花粉情報」が掲載されています。例年1月ごろから、地域ごとに花粉の飛散情報が更新され、初夏には更新終了となります(ちなみに花粉情報の調査対象となる種類は、北海道ではシラカバ、その他の地域ではスギ・ヒノキです)。

花粉を放出する花芽の数は、前の年の夏の気象が大きく影響していることが分かっており、気温が高く、日射量が多く、少雨の夏だった場合、その翌春は花粉の飛散が多くなるとされています。こうしたことから、tenki.jpを運営している日本気象協会では、夏の気象を踏まえ10月上旬に、翌年の「春の花粉飛散予測」を発表、また花粉シーズンになると毎日、地域ごとに飛散予測を掲載しています。tenki.jpではこうした花粉予測のほか、その内容を詳しく解説する気象予報士のコラム等も充実しています。

コラムや解説は、テレビ等で見聞きする表面的な情報以上の深い内容となっており、予測の情報を理解しながら、今後に備えることができるようになっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。