小学校低学年の男の子・女の子におすすめの夏休み工作は?ペットボトルや牛乳パックで!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小学校の夏休みの一つの悩みの種といえば工作。「せっかくの長期休みを生かして子どもにいつもとは違う体験をしてほしい」「子供の興味を広げたい」工作一つを取っても様々な思いを抱いている方も少なくないのではないでしょうか?とはいえ同時に、「どのようなものがいいのかわからない」「家で手軽にできるものが良い」など不安も多いことでしょう。そんな夏の悩みのタネの一つ工作、今回は低学年のお子さんにオススメの工作を紹介したいと思います。

低学年男の子・女の子におすすめの夏休み工作と言えば?

低学年のお子さんにオススメの工作はズバリ「ペットボトルや牛乳パックを使用した工作」です!ペットボトルや牛乳パックはどのご家庭にもある教育の材料「教材」といっても過言ではありません。「工作ってただ作るだけでしょ?」と思っている方も多いかもしてませんが、低学年の子供たちにとって手先を使いながら一つのものを作り上げるということは簡単なことではなく、それだけで教育的価値のあることなのです。


低学年向けのペットボトルを使った夏休み工作について

では具体的にどのようなものを作るのか紹介していきましょう。まずペットボトルを使用した工作でオススメなのは「ペットボトル飛行機」です。こちらはなんといっても手軽に作れることがポイントです。完成のために必要なものはペットボトル・ストロー×2・ビニールテープ・セロハンテープ・定規・カッター・ハサミだけ。全て手軽に手に入るものです。

「ペットボトル飛行機」と聞くと男の子向けかと思う方も多いかと思いますが、ビニールテープやシールなどでアレンジできるように工夫すれば女の子でも充分楽しむことのできるものです。夏休みということですし、親子で外に出て完成した飛行機で遊ぶのもいつもと違ったコミュニケーション方法で親子の絆も深まることでしょう。

また、工作するときは刃物も使いますし必ず親御さんがついてあげるようにしてください。ついていてあげるというのは安全面の配慮ということだけでなく、子どもが工作する様子から意外な成長を発見できるというプラス面もあります。これは夏休みだからこそできることかもしれません。そして、外で実際に遊んでみるときは、周りに人がいないか注意するなどの公共でのマナーを改めて学ぶきっかけにもなるかもしれませんね。


低学年向けの牛乳パックを使った夏休み工作について

次に牛乳パックでオススメの工作を紹介します。こちらは聞いたことがある方、作った経験のある方多くいると思いますが、「牛乳パック船」がオススメです。こちらで必要なのも牛乳パック、輪ゴム、割り箸、カッター、接着剤、ガムテープと手軽なものばかり。ここでの工作もアレンジ次第で男女ともに楽しめるものです。

また、完成後は水を使用して遊ぶので暑い夏にもぴったりです。このように作った後に遊ぶことのできるものは、作り終えた時の達成感が違います。この達成感こそが子どもの「もっとやって見たい」「次はこんなものを作ってみたい」という意欲にもつながります。この好奇心こそが子どもの興味を広げ、様々な分野に向かっていくことに繋がるのです。また、ここでも刃物の扱いに注意し、親子の会話を楽しみながら工作するのがオススメです。

では他にも牛乳パックやペットボトルを使用した工作について、名前だけでもいくつか紹介していきたいと思います。

ペットボトル

・風車
・空気砲
・スノードーム
・ブーメラン
・クルマ
・万華鏡
・ビーズアクセサリー
・ロケット

牛乳パック

・ヨーヨー
・ブーメラン
・ブンブンコマ
・竹トンボ

紹介させていただいたものは、どれも手軽なもので作ることのできるものばかりです。また、ペットボトルロケットなどはキットも売られているようなので簡単に済ませたい方は利用してみるのも良いかもしれません。

このようにペットボトルや牛乳パックを使った工作は手軽なものが多いです。ただそこには手軽な工作ということ以外に重要な要素があります。それは子供の日常に潜む科学の発見にあります。低学年の子どもたちにとって科学とは難しいことのように感じるかもしれません。しかし、子どもたちは科学とは何か知らなくとも日常でたくさん科学に触れています。今回紹介した工作では風・水(浮力)・ゴムの力などついての感覚を養うことができます。

例えば、「ペットボトル飛行機」ではどうすれば遠くに飛ぶかを考えるときに必ず風が手掛かりになります。風がどっちから吹いて、どのように利用すれば飛行機の動力となるか。些細なことのようですが、子どもたちにとってその些細なことが科学への入門となるのです。では、「牛乳パック船」ではどうでしょうか、ゴムをどうすれば船は早く遠くまで行くことができるか考えるのも「ペットボトル飛行機」と同様に試行錯誤することにつながります。

また、船に飾りをつけたら沈んでしまったときにどうするかという問題解決も子どもたちにとって大切な科学的に考える力になります。
毎年考えるのが大変な夏休みの工作。しかし、夏休みだからこそできる工作の体験・科学の体験・普段とは異なる親子のコミュニケーションの体験する機会にしてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。