【炭酸水メーカー】おすすめランキング!価格やソーダストリームとの比較 、カートリッジが不要の商品など徹底調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

炭酸水メーカーおすすめランキング



近年の健康ブームに乗って美容やダイエット、疲労回復にも効果が期待できると話題の炭酸水。今では自宅で簡単に作れる炭酸水メーカーが人気を集めています。

種類も徐々に増えておりますので炭酸水メーカーおすすめランキングから紹介しましょう。


第3位 A.I.C SODA MINI SM1002



まずは第3位、A.I.C SODA MINI SM1002です。容量350ミリリットルでコンパクトな専用ボトルタイプなのが特徴。1度に作る量を飲み切ることができるサイズですので、一人暮らしの方にもオススメです。

また、電源が不要となっておりますので設置場所に困らずシリンダータイプですのでコストパフォーマンスの高さも魅力。炭酸の強さ設定もありますので微炭酸や強炭酸も好みに合わせて作ることが出来ます。


第2位 グリーンハウス ソーダメーカー


続いては第2位、グリーンハウスのツイスパソーダです。こちらはカートリッジタイプで、特徴は水以外にジュースをボトルに入れて炭酸注入という事も出来ます。

例えば既に炭酸が抜けてしまったコーラやサイダーをそのまま入れて炭酸復活というのも簡単です。電気を使用しませんので置き場所に困る事も無いでしょうし、炭酸ガスの注入には力を必要としませんので女性でも簡単に扱えます。



第1位 ソーダストリームSource v3


さあそして第1位は、やっぱりソーダストリームSource v3です。キッチンに置くと映えるオシャレなデザインでこちらは上位機種。シリンダータイプであり、専用ボトルはワンタッチで簡単に取り付け可能なスナップロック方式ですので着脱はとても簡単です。

炭酸の強弱によって点灯するLEDライトも採用しており、見た目で微炭酸や強炭酸を設定できます。



炭酸水メーカーの価格について


炭酸水メーカーは1万円を切るものから2万円を超えるタイプまで価格帯は様々です。例えばツイスパソーダの場合にはスターターキットが大手の通販サイトで7,000円を切る価格で販売されております。

一方でソーダストリームの上位機種スターターキットの場合には大手通販サイトで2万円を超える販売額となっており、こちらはお手頃価格とはやや言いにくいものとなっています。

しかし、カートリッジやシリンダーの価格は各メーカーによって異なる他、作れる炭酸水の量も商品によって変わりますので全体的なコストを考えますと2万円を超える炭酸水メーカーでもオトクとなる可能性もありますので購入前にチェックするのをオススメします。



炭酸水メーカーとソーダストリームの比較



では他の炭酸水メーカーとソーダストリームを多角的に比較してみましょう。

まずはランニングコストの面です。炭酸ガスカートリッジやシリンダーを購入する必要があり、この価格面を比較しますと、ソーダストリームとA.I.Cソーダミニの場合は15%程度はソーダストリームの方がオトクとなります。ただ、購入して使い始める際の初期投資はソーダミニが1万円を切るのに対してソーダストリームはカートリッジを含めると1万円以上は必ず必要となりますので、使い続けるかどうかが分岐点となるでしょう。

次に専用ボトルについてです。こちらはソーダストリームが他を圧倒しており、冷蔵庫で保存可能なキャップ付きタイプがサイズも豊富に取り揃えられております。一方でソーダミニの場合には最大でも350mlタイプとなりますので飲み切りサイズ限定となってしまうでしょう。

最後は使用バリエーションです。ソーダストリームは水のみの使用ですので、他の味で楽しみたいという場合には専用のフレーバーボトルを使用しなくてはなりません。しかし、ツイスパソーダの場合には水以外も簡単に使用できるという特徴がありますので、お酒やジュースなど豊富に楽しめるのが魅力です。


カートリッジ不要の炭酸水メーカーについて


炭酸水メーカーにはガスを入れる方式としてカートリッジ不要というタイプもあります。これをシリンダータイプと言いますが、たくさん使う際にはメリットも大きくなります。

大きな特徴としましてはカートリッジですと1回使うごとに交換しなくてはならないのですが、シリンダータイプですとガスを使い切るまで交換せずに連続使用が可能です。1本で作れる量もカートリッジタイプに比べてかなり多く、60L程度の炭酸水を作ることができます。カートリッジの場合は1L程度であるケースが多いので、実に60倍お得ともなるのです。

このようにコストパフォーマンス面で大きな差があることから、カートリッジ不要のシリンダータイプの炭酸水メーカーの人気は高まっております。しかし、ひとつだけカートリッジ不要な炭酸水メーカーで抑えておきたい点があります。それがシリンダー使用後の廃棄方法です。

カートリッジの場合には不燃ごみで排気可能なのですが、シリンダータイプは販売店に持参するか、もしくは業者による訪問回収が必要となります。交換頻度は多くないもののほんの少しだけ手間に感じてしまう点はあるかもしれません。とは言え現在人気がある炭酸水メーカーはどちらかと言うとシリンダータイプであり、無駄なく手間なく使えるというのが評価されています。

シリンダーやボトルの交換も現在の商品は力を要らずにとても簡単になりました。パーティーに、美容と健康になど多彩に使えますので、お一人でもご家族でも炭酸水メーカーはオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。