七夕の由来や意味を子供向けに簡単にご説明致します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幼稚園や保育園で、夏休み前の楽しい行事といえば、七夕。七夕の由来や意味について調べてみました。また、親子で七夕を楽しめるように、子供向けにも、七夕の説明をします。

七夕とは?由来や意味について

七夕とは、日本古来の行事と、中国古来の行事、それに織姫と彦星の伝説が合わさってできたものです。日本古来の行事とは、「棚機(たなばた)」というもので、七夕の読み方の元となっているものです。「棚機」とは、機織り機の名前のことで、乙女が神様のために着物を織り、秋の豊作を願ったり、人々のけがれを払ったりしました。

それから、仏教が伝来し、この行事はお盆の前の準備として行われるようになり、7月7日に、日が定まったと言われています。中国古来の行事とは、「乞巧奠(きこうでん)」というもので、7月7日に、織姫星にあやかり、裁縫が上手になるようにお祈りをしていました。それから発展し、芸事や書道なども上達するようにお祈りをしました。

もう一つの、織姫と彦星の伝説は、空の星の伝説です。七夕の時期に輝くベガとアルタイル。ベガは裁縫をつかさどる星、アルタイルは農業をつかさどる星とされています。その2つの星の間に流れている、たくさんの星でできた天の川。この2つの星が1年に1度最も輝く七夕に会えると考え、織姫と彦星の伝説が生まれました。

以上の3つのことが合わさり、七夕は時代と共に、人々の間で、七夕飾りや短冊へお願いを書いたりして定着していきました。


子供向けの七夕の簡単な由来とは

それでは、子どもたちへは、七夕をどのように伝えたらよいでしょうか。先ほどの説明をすべてしても、子どもたちには伝わりません。七夕が子どもたちにとって、楽しくて、毎年飾り付けをしたくなるような行事であってほしいですね。こども向けの織姫と彦星の話には、このようものがあります。

昔々、あるところに、機織りが上手な織姫と、働き者の牛飼いの彦星がいました。2人とも、とても働きものでしたが、ひとりぼっちでした。
そこで、神様は、働き者の2人を結婚させました。2人とも一緒にいられることがとても嬉しくて、今まであんなに働き者だったのに、遊んでばかりになってしまいました。

怒った神様は、2人を天の川の両岸に、離れ離れにしてしまいました。2人とも大変悲しみました。
かわいそうに思った神様は、前のように一生懸命働けば、1年に1度、七夕の日に会わせることを約束しました。

そこで2人は、一生懸命に働き、1年に1度、七夕の日に会えるようになりました。


七夕の話に、教訓が混ざり、子どもの心に残るようになっています。
七夕といえば、織姫と彦星のほかに、笹飾りと短冊のお願いがあります。

笹の葉のある竹は、まっすぐ高く伸びるので、お願いが天まで届くと言われています。笹飾りの中でも、吹き流しは魔よけ、千羽鶴は長寿、網飾りは豊作大量、くずかごは物を粗末にしない、という願いが込められています。子どもたちが、笹飾りを作るときには、その意味を教えてあげながら、一緒につくるといいですね。

また、七夕の歌のなかにある「5色の短冊」とは、青、赤、黄、白、黒の5陰陽五行説に基づく5色です。

七夕に短冊に書くお願いは、「○○が欲しい!」ではなく、頑張っていることの上達を書くのが一般的です。それは、昔は、裁縫や芸事、書道の上達をお祈りしていたからです。

子どもたちにも、「おもちゃがほしい!」ではなく、「逆上がりができるようになりますように」や「ピアノが上手になりますように」とお願いしようね、と伝え、頑張っていることが達成できるように、短冊で応援しましょう。

まとめ

大人にとっても、子どもたちにとっても、七夕が楽しみな行事になるよう、七夕について一緒にお話できるようになりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。