保育園や給食で人気の七夕ゼリーは通販で購入可能?カルピス使用の簡単手作りレシピをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

七夕ゼリーとは

七夕ゼリーは七夕の当日や、七夕に近い一週間程の間に登場する給食のゼリーです。学校や幼稚園で登場して子どもたちに人気となっているデザートの一つです。しかし地域や年代によって見たこともない人も存在している、ややマイナーなデザートでもあります。

ゼリーであればこれといって特別な決まりも無く、星型の杏仁や寒天、二層で別のゼリーが入っていることもあれば、沢山の果物が入れられたフルーツゼリーであるだけの場合もあります。給食で登場したと言う人達の意見を全体的にまとめてみた場合には、ゼリーの容器そのものが星型の容器であったり、青系のゼリーの中にフルーツや星型の寒天が入っているものである場合が多いです。

七夕という星に関係するイベントであるためか、星をモチーフとしたデザートである場合が多いというこのデザート。やはり子供向けのメニューとして人気は高いです。


保育園や給食で人気の七夕ゼリーは通販で購入できるの?

給食で出されている七夕ゼリーですが、多くが給食専門業者が決まった期間にだけ作っている場合が多いため、市販も通販もありません。時折学校の給食室で作られていることもありますが、言うまでもなく市販通販共に扱っていません。

同じ様な給食メニューの一つにひなまつりゼリーというものもありますが、こちらも市販と通販が無いように、期間限定かつ特定の場所で必要量だけ作成されているメニューは市販も通販も望めない場合が殆どなのです。

しかしレシピ自体は単純で簡単な作成方法が多いため、少し手間をかけることで購入したと同じ様な七夕ゼリーを作ることができます。

七夕ゼリーの人気の簡単手作りレシピとは?



七夕ゼリーの簡単な手作りレシピは、ツイッターのハッシュタグにある七夕ゼリーや、料理レシピサイトに大量に載せられています。単純な一色のゼリーではなく少し工夫されたゼリーの種類が多くあります。例えばカップの上の部分と下の部分で色や素材が異なる二層のゼリーや、そこから発展した三層のゼリーを作ることが出来ます。上には色を付けた寒天やゼリー、フルーツを乗せると一気に華やかになります。

サイダーを使うことでゼリーの食感を変えることも可能になりますし、白玉を乗せて更に華やかさや豪華さを増すこともあります。色をつけるには素材の色を生かしてもいいですし、食用の着色料も製菓コーナーに多く置いてあります。絶対に必要であるゼラチンや水、砂糖等を忘れなければ、そして七夕のイメージとなる華やかさや星をモチーフとしていれば、工夫次第で色々なゼリーを作れます。

家庭で作る場合には、家庭用ならではの自由度が強い事が最大の強みです。サイダーにゼリーをやフルーツを入れたフルーツポンチ風のデザートも七夕ゼリーとして数えることが可能であり、大人だけで食べる七夕ゼリーも作れます。

不安な場合は料理のレシピサイトで七夕ゼリーと入力すると多くのゼリーのレシピが出てきますので、そのレシピを参考にして作成するという手もあります。中には大きな型に大きいゼリーを作るという方法もあるため、少し異なった発想のゼリーを作りたいときにアイディアを得ることに適しているためです。


カルピスを使う七夕ゼリーのレシピについて

カルピスの公式サイトでも紹介されているレシピであり、そこから広くレシピやアイディアが広まっています。
まず基本として、カルピスをゼリーとして一品作れるようにすることが大切です。

まず水に粉ゼラチンをふやかしてから水を増やし、湯煎する所からはじめます。次に牛乳にカルピスとレモン汁を少し、残りの水を加えて混ぜたら冷蔵庫で冷やすだけです。なぜこの様に別々の過程で作るかと言うと、一度別に作って置かなければ別のゼリーと一緒にした時にゼリー液がが混ざってしまうからです。目的として必要な工程でない場合は真っ白なカルピスゼリーを他のゼリー液を混ぜてしまっては意味がありません。

またこの作り方をして牛乳と混ぜることで、優しい甘さを活かす事ができるという利点もあります。別々のゼリー液と工程から作ることでゼリーの華やかさが増すのです。

どの様なゼリーを作ることができるかを具体的に挙げると、最初に一色のゼリーに多くの星型の寒天やフルーツを乗せるだけでも華やかな七夕ゼリーにすることが出来ます。中に青い食用着色料を使用することで青みを足すことができるため、時期によって雰囲気を変えることも容易いのです。二食ゼリーにするにははじめにカルピスゼリーを固めてから、上の層となるゼリーを流し込ます。流し込んだ時にゼリー液が混ざってしまうと一色になってしまいます。

作ったゼリーを柔らかめに作ったり固めに作ることで、つぶつぶの食感に変えることも、型を抜いて置くこともできる事によってレシピを広げることが出来ます。真っ白な層と柔らかい甘さを足したい場合には非常に適した材料であるといえるでしょう。普段遣いでもフルーツとの相性が非常に良いので頻繁に利用できるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。