定番!夏休み工作の貯金箱を作る方法!工作キットや工作教室とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏休みの工作について

夏休みと言えば自由研究ですね。自由研究では工作をするお子さんも多いかと思われます。しかし、一口に工作と言ってもどんなものを作ればいいのか、またどんな材料が必要なのか、それにかかる費用は?などわからないことも多いと思います。ここでは、夏休みの工作の定番!貯金箱を作る方法をご紹介します。


夏休みの工作で貯金箱を作る方法

貯金箱と言っても様々なタイプのものがあります。例えば、一般的なお金を入れておいて必要な時に取り出せるものだったり、漫画などでよく見る一度入れたら壊すまで取り出せない貯金箱、お金を入れると音が鳴るような一工夫された貯金箱など、本当にいろんな種類のものがあります。ここでは、簡単に作れる牛乳パックを使った貯金箱の作り方をご紹介します。

まず、自分が作りたい貯金箱の高さを決めます。幅は牛乳パックの幅なので正方形になるようなものを考えてもいいですし、たくさんお金を入れられるようにもっと高さのあるものにしても大丈夫です。高さを決めたら、牛乳パックの底から決めた高さの所に線を引いておきます。

そして更にその線を引いたところから牛乳パックの横幅分の長さのところに線を引いておきます。続いて底から2本目の線の上2cmほどの所で牛乳パックを切ります。切る時に斜めにつぶすように切ると上手く切りやすいかと思います。切り取れたら、4面ある牛乳パックの1面のみを残して、底から1本目の線まで切り取ってしまいます。残った1面を線の所でそれぞれ折り曲げると箱の形になるかと思います。これで貯金箱のベースは完成になります。

続いて、折り曲げた1面(蓋になる部分)にお金を入れるための穴を開けます。ここでは小銭だけを入れることを考えて、穴の大きさを一番大きい500円玉に合わせようと思います。蓋の穴を開けたいところに横27mm縦2.5mmの長方形を書きます。その線に合わせてカッターで切ればお金を入れる部分になります。これで貯金箱の完成です。あとは牛乳パックに折り紙を貼って牛乳パックであることを隠したり、お好きにデコレーションすれば立派な夏休みの工作の出来上がりです。

夏休み工作キットとは?

さて、ここまで牛乳パックで作る貯金箱の作り方をご紹介しましたが、「うちは牛乳を飲まないから牛乳パックがない」という方や「もっとちゃんとしたものが作りたい」という方もいらっしゃるかもしれません。そんな方におススメなのが、工作キットです。工作キットとは、あらかじめ必要な材料が全て揃っており、さらに作り方まで一緒に入っているセットのことです。この工作キットを使えば、自分で材料をそろえる必要もなく、簡単に作れてしまいます。作れる貯金箱も様々な種類があり、普通の四角いものだけでなく、動物の形のものだったり、宝箱の形をしているものだったりたくさんあります。

また、ただお金を入れるだけでなくスライダー式にお金を落として遊べるものが作れるキットなど、自分で材料をそろえるには少し難しいものも作れるようになっています。自分ではいいアイディアが思い浮かばいなんて方もキットを使えばおもしろいものが簡単に作れてしまいます。値段は様々で、比較的簡単に作れるものはお値段も1000円ちょっとですが、少し作り方が複雑だったり材料がたくさん必要なものは1500円~2000円ほどと少し高めになっています。

しかし、値段が少し高めのものは仕掛けがおもしろいものだったり、お人形の家のようなかわいらしいものが作れるものだったりと内容もそれなりに濃く充実したものとなっています。どちらにしても作り方はきちんと載っていますので、お子様の年齢に合わせて選ぶと良いかと思います。


夏休みの工作教室について

ここまで、自宅で作れるものを紹介してきましたが、夏休みには工作教室というものが開かれることもあります。キットを使っても説明書をお子様にわかりやすく説明してあげるのが大変だったり、どのキットを買ったらいいかわからないという方もいらっしゃるかもしれません。そんな方には工作教室に参加するという方法をおススメします。

工作教室はお住いの地域で開催されたり、ホームセンターのワークショップなんかでもたまに開催されていたりします。これに参加すれば、やり方は先生が丁寧に教えてくれますので、お子様に教えるのが苦手という方でも大丈夫です。さらに、このような工作教室では見た目もおしゃれなものを作ることも多く、キットと変わらないかそれ以上のものが作れるかと思います。

ただし、このような工作教室では必ずしも貯金箱を作るとは限らず、また人数も少数しか募集していないこともあります。夏休みの工作は誰しもやらなければいけないことですので、人気がありあっという間に募集が終わってしまうなんてこともありますので、工作教室に参加することをお考えの方はこまめに地域のサイトなどを確認して募集があったらすぐに申し込むと良いかと思われます。

ここまで夏休みの定番、貯金箱の作り方と工作キット・教室についてご紹介させていただきました。夏休みの課題として工作は付きもの。お子様と一緒に素敵な貯金箱を作ってみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。