2018年隅田川花火大会の日程と打ち上げ場所は?雨天中止?穴場や屋形船もご案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

隅田川花火大会とは

隅田川花火大会は毎年テレビ中継などもされる程の日本を代表する花火大会です。毎年合計2万発もの花火を打ち上げ東京二大花火大会の1つとも言われています。1番大きい花火は5号玉と言われる大きさで高さ約190m直径170m程です。

隅田川花火大会は江戸時代から続く川開きの花火で日本で最も長い歴史を持つ花火大会です。川開きと花火にはとても深い意味があります。慰霊と悪病退散を祈り、始まったのが隅田川花火大会です。このように隅田川花火大会はとても大事な深い意味が込められている大会になります。

2018年も大会は行われる予定ですが、このような歴史を知った状態で実際花火を見てみると今までとは違う見え方で花火を楽しむことができるのでは無いでしょうか。
隅田川花火大会では大会内で花火コンクールが行われています。そちらも見所の1つになります。
様々な方面で楽しむことのできる隅田川花火大会ですが、皆さんご存知の通りとても有名な花火大会で規模もとても大きいです。

そのため来場者数は約95万人と毎年大変混雑しています。花火を楽しむためにも余裕を持って行動できるように前もって場所取りや日程・時間などを把握し準備しておくことが大事です。


2018年隅田川花火大会の日程と打ち上げ場所は?

隅田川花火大会は毎年7月の最終土曜日に行われるため2018年は7月28日土曜日と予想できます。
打ち上げ場所は毎年第1会場と第2会場の2ヶ所で行われます。

第1会場は桜橋下流〜言問橋上流になります。2018年の打ち上げ数は9,350発と予定されています。最寄り駅は、銀座線浅草駅・東部スカイツリーライン東部浅草駅になります。第2会場より綺麗に見れるのが第1会場になります。そのため第2会場よりも混雑が予想されます。

第2会場は駒形橋下流〜厩橋上流になります。2018年の打ち上げ数は10,650発と予定されおります。最寄りの駅は都営大江戸線蔵前駅、都営浅草線浅草駅・蔵前駅になります。
第1会場よりは空いていますが、それでも毎年とても混雑しているため油断大敵です。コンビニが第1会場より多くあるため子供連れの方には第2会場がオススメです。屋台は第1会場より少ないです。コンビニの場所を事前に把握しておくと良いかもしれません。

第1会場と第2会場では特徴が全然違うため何を優先するかなど自分にあった方を事前に調べて準備しておくことをおすすめします。

隅田川花火大会は雨天中止?

雨天の場合中止になってしまうのか皆さん気になると思います。少雨の場合は花火大会は決行されます。雨合羽などを準備しておくことをオススメします。

ただし、台風などの荒天の場合は翌日の7月29日日曜日と延期されます。
更に翌日29日も荒天の場合は大会中止となります。天気予報は事前に調べておくことが大事です。

大会の中止や延期が決定されるのは当日午前10時以降となります。電話での問い合わせは大変混雑されると予想されます。
ネットで情報を見たほうが早く知ることができます。


隅田川花火大会の穴場は?

隅田川花火大会と言えば毎年人気のため大変混雑します。
カップルや子供連れ、家族連れの方にオススメの穴場スポットをご紹介します。

汐入公園内の土手

入場はかかりません。更にそこまで混雑もしないため夕方5時くらいに来ても場所を取ることが可能です。
花火の音もうるさくなく小さいお子さんと一緒でもゆっくり見れると思います。更にスカイツリーと一緒に花火を見ることができるので絶景ポイントです。

近くには出店も出ており、食事にも困ることはありません。付近にはコンビニもあるためトイレや食料調達も安心です。
最寄りは南千住駅で徒歩12分程になります。駅からはバスも出ており5分で到着します。

コモディイイダ東向島店の屋上駐車場

お店側が先着300名で当日特別に解放してくださっています。
隅田川が近く周辺に視界を遮るものが無いため綺麗に花火を見ることができます。

ただし荒天などで延期された場合は解放はしないのでご注意ください。
更に条件があり100円でお店のカード会員にならなければいけません。毎年条件が同じとは限らないので事前に調べておきましょう。

桜橋中学校付近

打ち上げ場所が近く、第1会場と第2会場両方の花火を見ることが可能です。
賞賛者席も用意されておりゆっくり花火を鑑賞することができます。
ただ人気のためある程度は早め着いておくことをおすすめします。

東白鬚橋公園

白鬚橋と水神公園の間にある公園です。
当日はサマーフェスティバルが開催され、フリーマーケットなども行なっております。
地元の人が集まる場所でゆっくり花火を見ることができます。昼過ぎに到着しても間に合うくらいです。
公園内には4ヶ所ものトイレが設置されており混雑しにくいと予想できます。

更には屋台も多数出店されており食料にも困らないです。
ただし駐車場はないため電車での移動をおすすめします。最寄り駅の東武伊勢崎線鐘ヶ淵駅から徒歩7分のところにあります。

本所3丁目交差点


周辺に高層ビルが無いため花火がよく見えます。
第2会場の花火を近くで見ることができます。

オリンピック隅田文花店

こちらも先着順で解放しており、なんと無制限無料になっております。
ただし人気の場所になるためある程度早めに行くことをおすすめします。

両国国技館

目の前に隅田川があり少し花火は小さめではあるが混雑のおそれもなくゆっくりと花火を堪能することができます。
18時からは歩行者天国に変わり、18時前であれば場所も楽に取ることができます。
最寄りは総武線両国駅で徒歩2分の所にあるため、たくさん歩く必要もありません。

隅田川花火大会の屋形船について

多数の屋型船があります。中でもおすすめなのが「勝どき石川丸」です。
空を見上げれば花火を近くに感じることが出来ます。

お食事も豪華で基本コースがあり飲み放題です。お酒を呑みながら船の上でゆっくりと花火を楽しむのは風情ありおすすめポイントです。

出船場所は朝潮運河船着場で17:45集合となります。貸切・乗合ともにお一人様16,000円(税込)です。
貸切は30名様以上からのご予約になっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。