モバイルSuicaの使い方やチャージ方法、使える路線など紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルSuicaとは

全国の鉄道、バスの乗車、また、お買い物でも使えて便利なSuicaは、JR東日本が発行しており、携帯電話でも使えるサービスを「モバイルSuica」と言います。

カード型Suicaの持ち運びが不要になり、フェリカ搭載のおサイフケータイで利用する事が可能です。

Suicaとは、「Super Urban Intelligent Card」の頭文字で、「スイスイ行けるICカード」という意味もあるそうです。

モバイルSuicaは、カード型のSuicaと同じように改札機にタッチするだけで電車に乗ることが出来ます。券売機の前に並ぶ必要もありません。

携帯電話からいつでもチャージすることが出来るので、残高不足の場合やチャージ機等が混んでいる駅ではとても便利です。


モバイルSuicaの使い方

モバイルSuicaを使う場合もカード型のSuica同様、あらかじめ入金(チャージ)しておく必要があります。チャージの上限は20,000円です。

スマートフォンアプリでは残高確認もできるので、その場で残高をチェックして、不足分は即座にチャージできます。これはカードタイプのSuicaにはないメリットです。

スマートフォンアプリで利用できる「Suica」では、クレジットカード登録が必要な「モバイルSuica」と、クレジットカード登録が不要な「EASYモバイルSuica」の会員があります。

「モバイルSuica」の年会費は、ビューカードで登録する場合は無料です。

その他のカードで登録する場合は、年会費1030円が必要になります。

「EASYモバイルSuica」では年会費が無料で、キャリア決済サービスを利用できます。1カ月に 3000円までの利用が可能です。キャリア決済サービスは「ドコモ ケータイ払い」「au かんたん決済」「ソフトバンクまとめて支払い」に対応しています。

本体の使い方は、スリープ状態でアプリを起動する必要も無く、指紋認証も不要です。取り出したスマートフォンをそのまま自動改札の読み取り部分にタッチするだけで改札を通過できます。

ちなみに、AndroidスマートフォンのモバイルSuicaでは電源がオフでも利用できますが、iPhoneでは電源がオフの状態では使えないので注意が必要です。

 

モバイルSuicaの使える路線

モバイルSuicaはJR東日本エリアだけではなく、

・Kitaca
・PASMO
・TOICA
・manaca
・ICOCA
・PiTaPa
・SUGOCA
・nimoca
・はやかけん

以上の各エリアにおける鉄道やバス、北海道から九州まで利用する事ができます。

2017年10月1日には、岡山電気軌道の市内電車、バス、中鉄バス(国道53号線)、両備バス、下津井電鉄/バスでも利用が可能になりました。


モバイルSuicaチャージの注意点

モバイルSuicaは便利ですが、現金でチャージした場合、何も得はありません。利用時に付与されるポイントなども特にありません。

そこでお勧めなのが、ビューカードでチャージする方法です。年会費は無料で、クレジットカードのポイントが貯まります。

還元率は1.5%です。「クレジットカードは持ちたくない」という考えでない限りは、モバイルSuicaを使うならビューカードでのチャージがお得です。

ビューカードの中でもお勧めは、ビックカメラスイカカード

初年度だけ年会費が無料と表記されていますが、2年目以降でも前年度にクレジットカードを利用していれば年会費はかかりません。

年に1回でもモバイルSuicaをビックカメラSuicaカードからオートチャージすれば、年会費は実質無料です。

他の対応ビューカードは、ほぼ年会費がかかります。

また、年会費がかからないだけでなく、ビックカメラSuicaカードからのチャージでは1.5%のポイントも還元してくれます。

学生や社会人の方でも通学や通勤にSuicaを使う方は多いと思います。せっかく使うなら少しでもお得に使えたら嬉しいことです。ビックカメラSuicaカードからチャージすれば、毎回1.5%還元されポイントが貯まるのでお勧めです。

また、ビックカメラには通販サイトもあり、年末の福袋なども充実しているので、万が一近くに店舗が無くても作る価値はありそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。