2018年9月のシルバーウィークはいつ?おすすめ旅行先について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月のシルバーウィークとは? 由来や意味

9月のシルバーウィークの意味は、秋の大型連休のことです。5月のゴールデンウィークの秋編というイメージになります。

シルバーウィークの由来としては、ハッピーマンデー制度が出来たことです。

祝日のうち(成人の日、海の日、敬老の日、体育の日)を従来の日にち固定方式から、月曜日に移動、土曜日曜とあわせて3連休にするという制度が

シルバーウィーク誕生のいわばきっかけになります。

特に9月の祝日というと敬老の日ということになりますので、シルバーウィークに関係するのも敬老の日ということになります。

この敬老の日が従来の9月15日から9月の第3月曜日に移動されて、まず土曜日曜とあわせて3連休が完成することになります。

あとはシルバーウィーク(最大5連休)になるかどうかは、秋分の日がいつになるかで決まることになります。

最近ですと、2015年の9月がシルバーウィーク(最大5連休)となっています。

9月19日(土)20日(日)21日(月:敬老の日)22日(火:国民の休日)23日(水:秋分の日)となっています。

現在は祝日法という法律が根拠で、祝日と祝日にサンドイッチされた平日を休日とするルールが適用されます。

まさに2015年9月22日(火)は上記休日とするルールが適用されて、秋の大型連休が実現したケースになっています。

2018シルバーウィークはいつ?

では2018年はどうなるでしょうか。

結論からすると、9月15日(土)16日(日)17日(月:敬老の日)と9月22日(土)23日(日:秋分の日)24日(月:振替休日)ということで、

普通に3連休が2回あるだけとなります。2015年の再来という形ではないものの、貴重な3連休が2回もありますし、近距離の旅行や観光には適している暦回りでは

ないでしょうか。まあシルバーウィーク(5連休)だったとすると、連休最終日辺りから気持ちが重くなり、翌日の会社出勤日では少々辛く、休みボケ状態に

なってしまうリスクもあるかと思いますので、3連休位がちょうど良いのかもしれません。

ちなみに2015年のようにシルバーウィーク(5連休)となるのは、2026年の9月になる見込みです。

シルバーウィークのおすすめ旅行先について

そもそもシルバーウィーク誕生のきっかけとなったハッピーマンデー制度をつくった理由が、大型連休をつくることで、より人の移動が促進され、消費拡大につながり、産業でいうとレジャー産業や観光産業を中心に経済効果が拡大されるということが創設理由になり、延長線上にあるシルバーウィークでは大型連休を使って、旅行などに出かけて、お金を使いながら、充分に休日を楽しんで下さいということをすすめたい意図があります。


そこで2018年のシルバーウィークのおすすめ旅行先をご紹介したいと思います。



最大3連休という日程ですから、お住まいの居住地から近距離での温泉旅行や観光ということを前提にしますと、

特に関東地区にお住いの方に対して、「日光」がおすすめです。

東京からの交通アクセスもよく、浅草駅から東武鉄道特急電車利用で所要時間2時間弱(約1時間50分)で到着します。

価格的にもお手頃価格、温泉地としても有名。日光東照宮、いろは坂、中禅寺湖、奥日光など観光スポットも豊富。

紅葉シーズンは日光の場合、10月中旬から下旬頃がピークになると思いますので、紅葉の景色はシルバーウィーク中では堪能できないとは思いますが、

秋で気温も落ち着いてきて過ごしやすい中で、雄大な華厳の滝の姿や中禅寺湖畔での男体山の景色など、落ち着いた雰囲気と美しい景色を堪能する時間を過ごしてみたら

いかかでしょうか。

きっと「よい連休だったな」といった感想を持つのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。