国営昭和記念公園レインボープールはこんな所です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都立川市にある国営昭和記念公園

ここでは、首都圏最大級の総面積をもつレインボープールを利用することができます。夏期限定の屋外プールで、毎年7月中旬から9月の初旬までオープンしています。
昭和記念公園への入場口はいくつかありますが、レインボープールに近いのは、西立川口か昭島口です。電車を利用して来られる方は、西立川駅で降りて西立川口から入場し、公園を左手に向かうとレインボープールに行きやすいです。

こちらのレインボープールは有料になります。行かれる際は、当日購入も出来ますし、前もってインターネットで購入するとお得に購入ができます。

それでは、レインボープール内についてご紹介したいと思います。


レインボープール入場口前

入場口前には、プールで使って楽しめそうな浮き輪やビーチボール、ビーチサンダルや水着が売っています。手ぶらで来た時も、もし忘れ物をした時もここで購入できるから安心ですね。
これからプールを楽しもうと思ってきてるので、こちらの売店を見ただけで、テンションマックスです。まずは、入場券を購入し入り口で係の人に渡します。

更衣室

さすが、プールが首都圏最大面積なだけあって更衣室もロッカーが沢山ありました。着替えスペースも十分あるので、混んでいても平気ですね。あとは、脱水機、温水シャワー、ヘアードライヤーなどがありました。温水シャワーは、シャワーカーテンで仕切られていて、こちらのスペースもなかなか広いです。二人でも入れちゃいそうです。更衣室を出ると、浮き具の空気いれがあります。こちらは無料で利用することができ、あっというまに浮き輪やビーチボールを膨らますことができます。

さまざまな種類のプール

それではいよいよプールへ。レインボープールにはおよそ8種類のプールがあります。ここでは、それぞれのプールのおもしろさや特徴を紹介したいと思います、

まず大波プール。
こちらは名前の通り波が打ち寄せてきて、まるで海にきたかのようです。波の音も心地いいです。全長180mの広いプールですが、波打ち際などは浅瀬になっていて小さなお子様が楽しんでいたり、カップルが二人で座ってお話をしたりして楽しんでいます。
沖の方に行くときは、少し深くなるので浮き輪やボートを持っていくのもお勧めです。一番沖まで行くと、岩壁に着きます。こちらもプールの雰囲気が保たれていて好印象です。

次は、流水プール。
こちらの流れるプールは1周360mもあり、浮き輪やボートに乗ってぷかぷか流されているととてもいい気持ちです。プールサイドには所々植物や木があったりしていて、都会の喧騒を忘れられます。流水プールでは、浮き具を使っている人が多い中、泳いだり潜ったりしている人たちもいます。流水プールの真ん中は、アイランドになっていて、ベンチがありますので、泳ぎ疲れたらこちらで休むのもいいですね。流水プールは途中で、分かれ道になっているところもあるので、少し冒険気分で次はどっちに行こうかなんて考えながら流れていくのも楽しいです。そんな流水プールの真ん中には、ウォータースライダーが聳え立っています。4つのレーンがあり、身長制限があるのですが、120cm以下のお子様もご利用いただける黄色のレーンもあるのも嬉しいですね。流水プールから見ると見上げるほど高いウォータースライダー。そこから滑りおりたらとても気持ちがいいです。

お次は大滝プール。
こちらは、各所に大小5つの滝があるプール。さすが滝なので、結構な迫力です。滝に打たれて楽しんでいる人もいれば、滝の後ろ側に冒険気分で入っていく人もいました。プールの中にも岩?のようなものがあったり、小川のようにチョロチョロ水が流れているところがあったり、細かいところまでおもしろいプール。男の子は特に冒険心がくすぐられるのではないでしょうか。そして大滝プールから流れてくる水で渓流プールがあります。なだらかな傾斜に水が流れていて、小さなお子様でも滑り台気分で楽しめそうです。


そしてお次は、冒険プール。
ここには冒険大好きなお子様が沢山!もちろん大人も楽しめます。まずは傾斜をよじ登って、滑り台へ向かいます。滑り台も何レーンかあるので、混雑時もそんなに待つことなく安心して楽しめそうです。スライダーほどではないですが、お子様が滑ると結構な勢いで、とても楽しめます。滑り終わったあとも、左手に向かうと、シャワーや噴水がありとても楽しいです。間違いなく笑顔になれるスポットです。

そして、幼児プール。
こちらは、その名のとおり幼児向けのプールです。お子様のひざ下くらいの水深になっていて、可愛いいるかさんやお魚のモニュメントがいたるところに置かれています。そして、イルカさんやお魚さんの口からは、時間差で水鉄砲のように水が飛び出してきます。お水が急にピュッとでてくると、お子様たちのわくわく感が高まってテンションもマックスになりそうですね。お子様がどこにいても、目が届く範囲なので、大人は少し安心して見守りながら一息つけそうですね。

その近くにあるのが、モニュメントプール。
こちらは、レインボープールが始まる7月より少し前からオープンしていて、その時は無料で楽しめます。こちらもお子様のひざ下くらいの水深で、大きな大きな水車があるのが特徴。水しぶきに大興奮してお子様は楽しめそうです。大人も足を水に浸しながら涼むことができそうです。

そして、クローバープール。
こちらは、名前からしてロマンチックで可愛いですね。このプールは、四葉のクローバーの形をしています。なんだか幸せになれそうです。カップルやご家族、大切なご友人と楽しむにはもってこいのスポットです。とても広々としていて、とても気持ちがいいです。


プールサイド

プールサイドには、日陰スペースが各所にあります。休日は、そこにはレジャーシートやテントで埋め尽くされるので、早めに行って場所を確保しておくと安心です。広いプールサイドですので、日陰にこだわらなければ、遅く行っても場所はあります。しかし夏はプールサイドもとても暑くなるので、是非日陰がお勧めです。あとビーチサンダルも忘れずに。移動の時足が熱くなります。場所取りが大変という方は、プライベートビレッジという、有料のシートがありますので、そちらは座る場所も日陰も手に入るので、一度は利用してみたいですね。

そして、プールサイドには、たくさんのフード店があります。焼きそばからチュロス、ラーメン、クレープやアイス、かき氷、チュロスなどなど。お店を巡ってうろうろ歩き回るのも楽しいです。プールに入っていると意外と体力を消耗していて、おなかもすくので、水分や栄養をとりながら遊びましょう。

いかがでしたでしょうか。昭和記念公園のレインボープールは、国営ですので料金も比較的安く提供していて、プールの種類も沢山あり広いので、カップルでもご友人同士でもご家族連れでも一日中楽しめること間違いなしです。また、料金には昭和記念公園の入場料も含んでいますので、レインボープールの他にも広大な昭和記念公園も楽しむことができます。また、プールパスポートという、期間中プールに通いたい放題のパスポートもございます。1日券でもコスパが良いのに、パスポートがあったら更にお得です。

一度はぜひ昭和記念公園のレインボープールへどうぞ。素敵な楽しい夏の思い出ができると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。