山陽新幹線の予約、時刻表やグリーン車の料金について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山陽新幹線の予約

新大阪から博多の間を運航する山陽新幹線を利用する方は、空席情報の検索にはJR西日本が運営しているe5489を利用するのがお勧めです。

e5489は切符の予約と購入もできるようになっています。e5489を利用する際は、切符の受取は基本的にJR西日本、JR四国、JR九州の管轄エリアの駅でないと受取ができない点に注意が必要です。

また、「JR東海エクスプレスカード」および「J-WESTカード(エクスプレス)」の会員を対象とする、東海道・山陽新幹線の会員制予約サービス「エクスプレス予約」も便利です。「モバイルSuica」と一部の「ビューカード」を併用している利用者も対象としています

山陽新幹線と東海道新幹線の空席状況や予約ができる会員制のサービスで、アプリもあり、パソコンサイトもあります。

エクスプレス予約サービスなら、年末年始やゴールデンウィークなどの期間も含め、1年中同じ値段で東海道、山陽新幹線(東京~博多間)を利用できます。

割引率や切符の受取が手軽に変更ができるなど東海道、山陽新幹線を利用する上では一番利便性が高いです。


山陽新幹線の時刻表

山陽新幹線の時刻表に限らずですが、ナビタイムは、全国の新幹線からバスの時刻まで網羅しており、簡単な入力だけですぐに調べる事ができるのでお勧めです。新幹線なら、まず乗車する予定の新幹線名を選択すれば、乗車駅から降車する駅までの区間に絞られて選択できますので、それまでにかかる時間まで分かりやすい一覧表示で調べる事ができます。

シンプルな表示で余計な情報がないので知りたい情報だけをすぐに調べることができます。

また、運行状況についてはJR CYBER STATIONのサイトで、山陽新幹線の他全ての路線の「空席案内」「新幹線運行状況」「新幹線個別状況」を確認することができます。

新幹線の空席案内画面では、「乗車月日」「乗車時刻」「お乗りになる列車」「乗車駅、降車駅」などのデータから空席状況の確認ができ、「乗降駅逆転」での検索もできるので便利です。

 

山陽新幹線の料金表

新幹線旅行研究所のサイトでは、山陽新幹線の「博多から」「博多まで」の総額料金が一目でわかる料金表を見ることができます。計算をしないとわかりにくいので、総額がまとめて見られるので便利です。

また、エクスプレス予約という、「JR東海エクスプレスカード」および「J-WESTカード(エクスプレス)」の会員を対象とする、東海道、山陽新幹線の会員制予約サービスを利用するのも確実です。

その他はやはり、JRが提供している「JR新幹線ネット」や「JRおでかけネット」を利用するのがお勧めです。


山陽新幹線のグリーン車料金

山陽新幹線の「のぞみ」などで使われているN700系(JR東海車)のグリーン車では、快適なリクライニング姿勢を保てる「シンクロナイズド・コンフォートシート」を装備しており、フットレストも備えています。

また、山陽新幹線のグリーン車の座席にはコンセントもついており、ブランケットの貸出のサービスもあります。

混雑時は、指定席車両に自由席の人達が入ってくることはありますが、それでも座れるだけでも相当有り難いので、混雑時は指定席がお薦めです。

ちなみに、自由席に座る席が無くて指定席に空きがある場合は、追加料金を払えばそこに座ることが出来ます。

自由席か指定席かで830円だけの違いがあり、グリーン車になると指定席プラス5,300円かかりますが、指定席料金が510円安くなります。グリーン車は自由席料金から5割程度高くなります

そして、子供料金に関しては、グリーン料金に子供料金はないので、大人と同じ料金です。

(山陽新幹線のグリーン車の料金)

0~100kmで1,280円
101~200kmで2,750円
201~400kmで4,110円
401~600kmで5,300円
601~800kmで6,480円
801km~は7,650円


山陽新幹線の「こだま」「のぞみ」「さくら」

「のぞみ」が1番早い列車で、その次が「さくらです。」

「こだま」は山陽新幹線の中では最も遅く、全ての駅に停車する山陽新幹線の各駅停車です。所要時間はとても長くなりますが、その分「こだま」専用の割引切符も多いので、できる限り安く新幹線を利用したい場合には便利です。

「のぞみ」
のぞみは、山陽新幹線の東京駅 ~ 新大阪駅および博多駅間で運行している特別急行列車です。
東京~新大阪を約2時間30分、東京~博多を約5時間で結んでいます。

「さくら」
さくらは、山陽新幹線、九州新幹線の新大阪駅 -~鹿児島中央駅間で運行している特急列車です。
おもに新大阪~鹿児島中央間で運行されていて、一部列車が博多−熊本、博多−鹿児島中央の区間運転をしています。新大阪~鹿児島中央までを約4時間5分で結んでいます。

「こだま」
こだまは、山陽新幹線の新大阪駅 ~博多駅間で運転されている特別急行列車です。
新大阪~博多を5時間以上の長時間で結んでいます。

この三つの他の違いはのぞみの指定席の料金だけです

こだまと、さくらの指定席は同じ金額で、こだまは新大阪までで、さくらは新大阪から九州新幹線までです。自由席は共通です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。