知りたいことが分かるサイト

路線を検索できるGoogle、Yahooを中心にバス路線検索アプリも紹介

Google

ルート検索などに便利なGoogleマップですが、電車やバスなどの公共交通機関を利用した経路を調べられる「乗換案内」の機能が備わっているのをご存知でしょうか。出発地と目的地を設定して検索すれば、リアルタイムの乗換案内が見られるだけでなく、駅やバス停の時刻表やルート途中駅、現在位置などもチェックできる優れた機能です。

メジャー会社Googleのプロダクトだけあって、機能もUIもかなりのスピードで進化しています。

よって国内、海外の他の会社が似たような機能を、時間をかけて搭載しても、それを上回るスピードとクオリティでアップデートしてくるのがGoogleのサービスですので、現時点でも、単なる地図サービスを超えた、様々な機能を搭載したサービスになっています。

情報の質や、グラフィカルな表現の仕方、その他渋滞情報や、ナビゲーション機能などの多彩な機能などを見ても、追い付いて越してしまっている部分も多いのかもしれません。

2017年11月、Googleの地図サービスことGoogleマップが今後数週間のうちに更に見やすく改善されることが、米国版の公式ブログで明らかにされました。Web版とAndroid版、iOS版が更新される予定です。

具体的には、施設のジャンルごとの色分けや種類別アイコンが大幅に追加され、運転モードではガソリンスタンドが、路線図を表示した場合は駅などが表示される。といったように、ルート検索の交通機関などに応じた施設が強調表示されるようです。


YAHOO

アプリでは、通勤タイマー機能があります。次の電車の発車時刻をカウントダウン表示してくれるもので、自宅と通学・通勤の最寄り駅をそれぞれ設定することにで、発車までの時間をタイマーのように確認することが出来ます。

アイフォンだと通知センターから、アンドロイドならウィジェットに設定すればアプリを起動しなくても画面上で簡単に確認することが出来ます。

電車が発車するごとにカウントダウンは繰り返されるので、次の電車がいつ来るのかもすぐに分かります。

また、観光スポットやカフェなど様々な施設の詳細情報を現在地や名称から調べてルート検索することもする事も出来ます。例えば、出発地点と到着地点のそれぞれを店名にすると出発地点のお店から到着地点のお店までの経路をバスまで含めて案内してくれます。

また、検索結果の時間表示はタップすることができ、タップすると乗り換え時間を変える「ダイヤ調整」ができます。乗り換えの際にトイレに行きたい場合など、とても便利な機能です。

WEBではYahooロコ路線検索サービスがあります。

TOPページのサイドメニューにある、全国の電車やJR・私鉄、航空路線を対象とした、乗り換えルート、運賃、所要時間や定期券料金の無料検索ができる無料サービス。

出発地・目的地など、画面の指示に従って入力し検索を実行すると、乗り換えルート、運賃、所要時間から定期券の料金まで表示されます。

料金、時間、乗り換えの数などの順番でそれぞれ最大3つまで候補を出してくれます。

候補として出てきた情報は、最適経路・料金・所要時間など

ほぼ間違いはなく、非常に信頼性のあるデータのようです。


バス

ネットで最も調べにくい情報の一つである「バス路線」。普段バスを使わない人がネットで調べようとすると、Googleマップなどの地図サービスで調べられない。あの停留所に来るバスがどこに行くのかわからない。バス会社はバラバラで、そもそもどのバス会社が来てるのかさえよく分からない。路線図にたどり着いても、全ての停留所が記載されていない。

路線図はただの図なので、停留所の正確な位置がわからない等々、バスを使わなくてはいけなくなった時に役立つサービスをいくつか挙げます。

・Bus Service Map

バス路線図も公開するサイトです。めまぐるしく変わる東京圏の路線バスNetworkを より美しく、より正確に、よりusefulに 独自の形式のバスマップが閲覧できる私設サイトです。

・バス停留所MAP

地図にバス停をアイコン表示させることが出来、バス停アイコンをクリックすると、バス停に停車する経路の一覧を表示してくれます。

また、そのバス停に停車するバスの経路を検索する事もできます。

・バス停まっぷ

バス停まっぷは全国のバス停を検索できるサイトです。都道府県または地図からバス停を探すことができます。

アプリもあり、外出先で近くのバス停を探したり、最寄りのバス停までのルート検索や、駅のリストから探すなどの検索機能を備えています。バス停データの総数は約67万件。国土交通省のデータを使用しているようです。