ゲリラ豪雨の原因、被害は?予報はできる?対策グッズもご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲリラ豪雨とは?原因はなに?

ゲリラ豪雨とは、予測が困難な突発的で局地的な大雨でしかも数十分程度しか続かない降雨の事を言います。ただし、これはマスコミが使っているだけで正式な気象用語ではありません。

気象用語としては「局地的大雨」「短時間強雨」または「集中豪雨」という言葉を状況に応じて使い分けています。にわか雨や夕立、集中豪雨など従来から使われていた言葉を置き換えるように使われるようになりました。夕立とゲリラ豪雨というと異なるように思いますが、両者の違いは夕方に降るものを夕立と呼ぶだけで同じものです。
というより従来夕立と呼んでいた物もゲリラ豪雨という言葉にまとめたという事になります。

ゲリラ豪雨と似た言葉として「記録的短時間大雨」という用語があります。こちらは気象庁が定める用語で、数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨が観測された時に気象台が「記録的短時間大雨」が発生したという形で発表するものです。所謂ゲリラ豪雨が発生した時に、これが発表される事もあるので同じものではありませんが、対立する言葉というわけではありません。
ゲリラ豪雨は発達した積乱雲(入道雲)によって起こります。積乱雲は上空の乾いた冷たい空気と地表付近の温かく湿った空気が混ざり合う事で発達します。大気が不安定になると空気が激しく混ざり合うので積乱雲が発生しやすくなります。

特に夏は地表の気温が高い事に加え台風の周辺や太平洋高気圧の縁で大気が不安定になるので積乱雲が発達しやすく、これに伴ってゲリラ豪雨も起こりやすくなると考えられます。

しかし、これは昔からの事なので豪雨の回数や規模が激しくなっているのは地球温暖化や都市部の気温が上昇するヒートアイランド現象が原因ではないかと考えられます。それに加えゲリラ豪雨という言葉をマスコミが多用する事で一層増加している印象がするのでしょう。


ゲリラ豪雨の被害は?

ゲリラ豪雨の被害は大量の降雨によってもたらされます。そして被害の多くは都市部で発生します。
田園地帯だと降った雨の多くは地中に吸収されますが都市部はアスファルトやコンクリートの建物で覆われていますから、降った雨は排水溝にながれこみ、そして下水道に流入します。

ゲリラ豪雨では短時間に大量の降雨があるので、流れ込む水の量が下水道の下水処理能力を超えてしまう事態がおこります。そうなると処理しきれなくなった水があふれて大きな被害がでます。

また大量の降雨によって河川の氾濫や土砂崩れなどが発生し死者がでるような被害も発生しています。


ゲリラ豪雨は予報できるのか

ゲリラ豪雨の予測は難しいと考えられます。それは降雨の範囲が局地的で急激に気象状況が変化するからです。
それでも積乱雲が発達すると、その影響で降雨の前に「急に空が暗くなる」「冷たい風が吹き始める」「雷が発生する」「雹(ひょう)が降る」などの前兆がおこるので、これらに注目すれば事前に避難する事はできます。

このように個人が豪雨発生直前に察知する事は出来そうですが、現状では天気予報のように「何時何分どこどこで激しい降雨が発生します」という予測はできません。

しかし将来は可能になりそうです。ゲリラ豪雨は現象が起こる範囲が狭く、また時間的な変化も激しいのでこれを予測するためには、非常に狭い区間の大気や雨雲の状態のデータを大量に取得して、それらの情報を元にその後それらがどう変化するかを計算しなければなりません。

しかしデータ量が多くなる程、大量の計算をしかも短時間にしなければならないので高速での計算が必至になります。1時間後にゲリラ豪雨が発生するという計算に2時間かかったなら、全く意味がありませんから。

以上から正確な予測のためには、狭い範囲の大気の状態を細かく観測できる装置と高速の計算機が必要だという事になります。

データの取得については「フェーズドアレイ気象レーダ」というレーダーを使うと、これまでよりも観測時間が十分の一で、しかもより細かい範囲のデータを取得する事が出来ます。こうやって取得したデータを「京」などのスーパーコンピュータを使って数理モデルにもとづいてゲリラ豪雨の発生を事前に予測するという研究が、行われています。これが完成したらスマートフォンにゲリラ豪雨の発生予報が、発生の数時間前に届くという事も可能になりそうです。

ゲリラ豪雨の対策グッズについて


さて将来はゲリラ豪雨の予報が出来そうといっても現状では自分で対策を講じるしかありません。
対策するためのグッズや道具には、どんなものがあるでしょうか。

まず一番の対策は水害が出ないところに住むという事ですが、そう簡単に住んでいる所から引っ越すわけにもいきません。
そこで役に立つのが自分の住んでいる地域のハザードマップを手に入れる事です。これで自分の住んでいる所や勤務先・学校などの周辺にどんな危険があるかを、あらかじめ把握しておきましょう。

事前に知っているのと不意打ちで危険に遭遇するのでは、避難などに関して適切な対処が出来るかどうか、まったく違ってきます。
また降雨に関しては、現在の雨雲の状態やそれに基づいた予測を教えてくれるアプリなども、あるので便利ですよ。

こういった物の他に、パソコンやスマホを守る防水ケースや大雨の中で使える携帯レインブーツなどの便利グッズも多数出ていますので、あらかじ用意しておくと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。