ラジオアプリは無料?おすすめのアプリは?通信料と録音方法を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラジオアプリは無料で使用できる?

スマートフォンアプリの中には無料で聞くことができるラジオアプリが多く存在しています。民放の放送はもちろんのことNHKのラジオもばっちり聞くことが可能です。NHKが公式で出しているアプリも存在しています。
そしてラジオアプリのほとんどは無料で活用できるというのが嬉しいポイントです。すぐに聞きたい。身近な者にしたいと思うからこそ、月額料金などが掛からないものがあると嬉しいです。

さらにスマートフォンアプリでラジオを聞くと既存のラジオで聞くよりもあるメリットがあります。それが音質がいいということなのです。ラジオ機器で聞こうとするとどうしても電波の状況などに音質が左右されて、屋内の場合は雑音が混じってしまうという場合があります。しかしラジオアプリならばその心配はありません。ラジオアプリでは電波を拾うのではなくインターネット経由でラジオの音声を取得しています。そのためにラジオ電波が届きにくい場所であってもインターネットに接続ができていればどんな場所であってもラジオを聞くことができます。無料で活用できてさらに使いやすいのがラジオアプリです。ラジオ好きならば何か一つはスマートフォンの中にラジオアプリを入れておきたいですね。


ラジオアプリのおすすめ

ラジオアプリは入れておくだけで様々な活用方法が可能です。そんな中でおすすめの使い方を見ていきましょう。まずはSNSアプリとの連動です。ラジオの中には放送中にメールなどから視聴者の意見を聞いたりすることがありますよね。ラジオアプリの中にはそのアプリの中から直接番組に投稿できる機能があるものがあります。それならば一々メールアドレスをメモして送るという手間がなくなるというわけです。その他にもSNSと連動することにより同じ番組を聞いている人の意見をすぐに見ることができたり、皆で意見を共有しながらラジオを聞くことができます。

この他にも聞き逃し機能がついているラジオアプリも便利でおすすめです。あの番組を聞こうとしていたのにどうしても時間が合わなかった、忘れてしまっていたという場合ありますよね。しかし聞き逃し機能を使えば大丈夫です。時間を遡り、聞きたい番組をいつでも再生することが可能なのです。この他にも夜ラジオを聞いていたらついうとうとしてしまって就寝、朝までラジオが点きっぱなしだったという経験はありませんか。そんな方にはオフタイマー付きラジオアプリが便利です。時間がくれば自動的にアプリが停止してくれます。このように便利機能が多くついているのがラジオアプリです。

 

ラジオアプリの通信料

ラジオアプリでは起動してラジオを聞いたからと言って追加で通信料金を取られる心配はありません。ただしラジオアプリには注意したい点もあります。それがパケット使用量です。ラジオならば音声だけだしそれほどパケットは掛からないのではと思いますよね。確かに動画と比べてラジオアプリのパケットは少ないです。しかし長時間使用したくなるのがラジオアプリです。1時間ラジオを聞いた場合使われる使用量は30MBから50MBだと言われています。差が出る原因はアプリ毎に差があるためです。1日1時間使用したとすると1ヶ月で約1GBの通信料を使用することになります。動画の場合はこの数倍のパケット量を使うため、ラジオのほうがパケット使用量は抑えられるようにはなっています。毎月使用できる量は契約条件によって変わりますが、気づいたらパケットを使いすぎていたとならないように気をつけましょう。

もしパケット使用量を抑えたいという場合はWi-fiを活用しましょう。自宅にネット環境やWi-fi環境を用意したり、公共Wi-fiが使える場ではそちらを活用したりするなどパケットを抑える手段は色々あります。使いすぎないようにそこは気をつけていきたいですね。


ラジオアプリで録音する

ラジオを聞くだけでなく録音をしたいという場合もありますよね。ラジオアプリでは録音機能が付いているものもあります。好きなラジオは保存して後で聞き直したいと場合もあるでしょう。そんな場合はラジオ録音アプリがおすすめです。アプリから予約録音をしておけばその時間になれば自動でアプリが作動し、録音を始めてくれます。その時間に録音ボタンを押す必要が無いというのは便利です。

さらに録音アプリでは海外ラジオの音声を録音できるものもあります。海外ラジオを録音しておき、じっくり聞くことで言語の勉強にも活用することができます。録音をする際の注意点ですが、ラジオアプリにはバッファリングといい、時間が少し送れている場合があります。そのために時間ちょうどに録音を開始すると冒頭部分が録音されていないという可能性があります。これを防ぐ方法ですが、録音開始時間を1分から2分ほど早めに設定しておくという方法です。これならば開始部分が録音されていないという心配もありません。
録音したいほどのラジオがある場合もラジオアプリを使っていきましょう。録音ファイルの管理もスマートフォンならば簡単なので、どんどん録音していっても大丈夫です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。