ピザーラのおすすめの生地とS・M・Lのサイズ(cm)の詳細をご案内します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピザーラの生地について

日本で一番愛されている宅配ピザのピザーラ。
日本人の好みに合わせて開発された豊富なメニューに加え、選べる3つの生地が人気に拍車をかけています。
いつものピザも、生地を変えてみる事で、新たな魅力を発見出来るかも知れません。

「ハンドトス(Hand toss)」は、生地の周辺部にあたる「みみ」がふっくらして、食感はもちもちのスタンダードタイプ。
濃いめの味のトッピングと相性抜群です。
80年以上の歴史を誇り、数多くの一流ホテルとも取引のあるパン作りの有名店「浅野屋」と共同開発した、ピザーラ・オリジナルのパン生地が使用されています。
原料は、厳選した小麦粉を独自の割合でブレンド。

製法にもこだわり、手間のかかる低温発酵を、更に気温や湿度によって、毎日時間を調整しながら2度にわたって行う念の入れ方。
しかも作り置きをせず、注文を受けてから、1枚1枚伸ばして焼き上げています。

チーズを「みみ」の部分にまでたっぷり乗せる事が出来るフラットな生地が「イタリアン(Italian)」。
材料はハンドトスと同じ、こだわりの素材と製法でこね上げたパン生地です。

サクッとした食感を楽しめる「スーパークリスピー(Super crispy)」は、フラットで薄い生地。
他には無い独自の生地で、ピザーラの人気を支えています。

この他にも、期間限定や地域限定で、オリジナルの生地が取り扱われる事もあります。
最近では2017年に関東限定で、食物繊維を豊富に含んだマルチグレインクリスピー生地を使ったピザが販売されました。


ピザーラのおすすめの生地は?

ピザーラの生地で一番のおすすめは、何と言っても「スーパークリスピー」です。
パイ生地のような軽い食感は、他では味わえない、ピザーラだけのオリジナルです。
薄いので食べやすく、小さな子供から、ピザの重さが気になる大人まで、家族で楽しめるでしょう。
カロリーも、イタリアンやハンドトスよりわずかながら少なめです。
焼きたてのようなサクサク感は、時間が経っても残るので、翌日に余りをオーブンで温め直しても、美味しくいただけます。

濃厚なナチュラルチーズの味を心ゆくまで楽しみたい人には「イタリアン」、オーソドックスなピザが好きな人には「ハンドトス」がおすすめです。
いずれもボリューム感があるので、食べ応えが欲しい人にはピッタリでしょう。
ただし、一部の店舗ではハンドトスを取り扱っていないので気を付けて下さい。


ピザーラのS・M・Lのサイズ(cm)について

ピザーラでは、S・M・Lと、3種類のサイズのピザが用意されています。

一番小さいSサイズの大きさは、直径約20cmです。
4ピースにカットされていて、分量としては1人前とされています。
価格はMサイズの約半額で、お得感があります。
ただ、トッピングや生地の種類にもよりますが、子供や食の細い女性以外は、やや物足りないかも知れません。

Sサイズは、店舗によっては取り扱っていない所もあり、広告も通常はMサイズとLサイズのみが表示されています。
ネットで注文する場合は、指定した店が取り扱っていれば、サイズの選択肢にSが表れます。
電話や店先での注文なら、対応した店員に直接確認すると良いでしょう。

Mサイズの直径は約25cm。面積で言えばSサイズの1.5倍以上で、2~3人前になります。
8ピースにカットされているので、1人大体3~4切れずつになりますが、たくさん食べる男性なら、1人で平らげてしまうかも知れません。

最も大きいLサイズは直径約36cmで、その面積は実にMサイズの2倍、Sサイズの3倍を超え、3~5人前に当たります。
しかも価格はMサイズの約1.5倍ほどなので、かなりお得な感じがします。
カットは12ピースで、やはり1人当たり3~4切れになります。



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。