ランチはピザハットエクスプレスがおすすめ!気になるカロリーは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピザハットのランチメニューについて

宅配ピザ、時々食べたくなることありませんか?あのトマトソースとチーズ、思い出す時、ありますよね?ピザハットでは16時までの限定でランチメニューが存在します。通常価格よりも安くピザが食べられます。また、ピザだけではなくお得な価格でナゲットコンボがついてくるメニューもあります。

ただし、ランチメニューはお得なのでクーポンや割引サービスが使えません。また、店舗によりランチメニューを取り扱っていない場合もあるそうですので近くのピザハットで取り扱っているか確認してみてください。

そして、宅配ピザのピザハットでは、これまでのピザの宅配チェーンの常識破りであるピザハットエクスプレスという新しい店舗のあり方を提案しています。単にピザハットでサービスがひとつ増えるということではありません、新業態のお店を出したのです。ピザハットエクスプレスは。店内での食事とテイクアウトに特化していて、焼きたてのピザを家で待つこと無くその場で味わうことができます。

ピザハットエクスプレスは既存のピザハットと違う独自メニューが用意されていて全国に北海道から沖縄まで6店舗あります。ピザハットエクスプレスではピザとサイドメニュー以外にもパスタメニュー、それからドリアやプルコギごはんなどがあります。

ピザハットエクスプレスのピザは直径21cmのレギュラーサイズ、直径25cmラージサイズの2種類があり、一人で食べ切れるサイズになっていて昼食にぴったりの量です、また、期間限定でハーフ&ハーフがありますし、サイドメニューを150円で付けられるお得なセットもあります。


ランチにピザハットエクスプレスがおすすめな理由

ピザハットエクスプレスをおすすめできるのはできたてホヤホヤのピザをすぐに食べることができるという点で、これは普段のピザハットで、宅配に来るのを家で待っているよりも早く食べられるのがピザ好きにはなんともうれしいです。

また、ピザの宅配を頼もうと思っても家に一人しかいないときなどピザハットエクスプレスへ行けばピザハットの焼き立てのピザを店内でも持ち帰りでも味わえるという点がおすすめです。ピザハットエクスプレスのピザは注文を受けてから焼き上げられるので、ピザハットエクスプレスで食べればマルゲリータ、テリヤキチキン、バジル・シュリンプのまさにできたてを味わえる、これもオススメポイントです。

また、ピザ生地も2種類から選ぶことができもっちりとしたハンドトスか、クリスピークラストを選ぶことができます。


ピザハットのランチメニューのカロリーは?

ピザハットのランチメニューのカロリーは低く抑えられていて、それぞれのピザのカロリーは

マルゲリータはもっちりハンドトス Sの場合1/4あたり122kcalで、
ピザハットクラシックはもっちりハンドトス Sの場合1/4枚あたり152kcal、
韓国風プルコギはもっちりハンドトス Sの場合1/4枚あたり180kcal
厚切イベリコ豚のマルゲリータはもっちりハンドトス Sの場合1/4枚あたり154kcal
ツナマヨコーンはもっちりハンドトス Sの場合1/4枚あたり157kcal
バジル・シュリンプはもっちりハンドトス Sの場合1/4枚あたり136kcal
ペパロニスペシャルはもっちりハンドトス Sの場合1/4枚あたり140kcal
ポテマヨソーセージはもっちりハンドトス Sの場合1/4枚あたり181kcal
テリヤキチキンはもっちりハンドトス Sの場合1/4枚あたり160kcal
グルメスペシャルはもっちりハンドトス Sの場合1/4枚あたり160kcal
じゃがマヨミートはもっちりハンドトス Sの場合1/4枚あたり166kcal
タコス風ピザはもっちりハンドトス Sの場合1/4枚あたり180kcal

※上記の「ハンドトス S」は生地の種類のことで、ピザ自体のレギュラー、ラージとは別の意味です。

となっていて、ピザハットエクスプレスのピザMサイズは1枚食べてもカロリーは600kcal前後で、普段の食事とほぼ同じカロリーです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。