お中元とは?時期は?誰に贈るの?お返しは必要?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お中元とは?その時期や意味について

お中元というのは日ごろお世話になっている人たちに対して、これからも良いお付き合いをしたいというメッセージを込めた、感謝を伝える行事になります。
お中元という言葉の由来は中国にあるのですが、中国では神にお供え物をするための行事があり、それぞれ上元、中元、下元という3つの時期があります。
このうち中元は7月15日にあたるのですが、この中元が日本に伝播する中で、日本は昔からこの時期に先祖にお供え物をしてきたという慣習があったため、それと重なる中元が日本でも定着したのです。

その後、中元は日本では日ごろお世話になっている周りの人たちに感謝を伝えながら、贈り物をするという行事に変化し、今日に至ります。
現代のお中元の時期に関しては地域によって差がありますが、関東は7月の上旬から中旬、関西は8月の上旬から中旬というのが慣習となっています。
住んでいる地域によって、お中元を贈るべき時期が異なっているので、そこは知っておきたいですが、人によって認識が違う部分もあるため、この時期が必ずしも守られているか?というと、そうとも言えない部分もあります。

ただ、目安としてはこういった時期になるというのは知っておいてほしいです。
お中元とはどういった由来なのか?といった部分を知ると、よりお中元の意味を理解できて、贈るときにも気持ちがこもるのではないか?と思うのです。


お中元とは誰に贈るのか

お中元を誰に贈るべきか?というのは、その範囲を決めづらい問題です。
曖昧な言い方をすれば、日ごろからお世話になっている人たちになりますが、基準があるとすれば自分がこれからも良好な関係を築いていきたいと思う相手になります。
お世話になっている人というのは挙げたらキリがないところもあるので、ある程度の範囲で決めないといけませんが、一般的には両親、兄弟、親戚、祖父母あたりが該当します。
結婚している場合には義理の両親も該当しますし、あとは会社で働いているケースでは職場の上司、同僚なども候補になるでしょう。
これからも長い付き合いをすることが想定されるような人に贈るべきなので、確実な正解はありませんが、一般的な正解といえばこういった相手になるのです。

したがって、それぞれの人によってお中元を贈る相手は異なります。
結婚している人や会社で働いている人の場合には贈るべき相手が多くなるということも言えますから。
誰にとっても共通する部分はありますが、人によって細かい部分で贈るべき相手は異なるので、自分目線で考えていかないといけないと言えます。

また、すでに挙げた人たち以外に贈ってはいけないということではないので、自分がこれからも良い関係でいたいと思う相手ならば、お中元を出してその思いを伝えるというのも悪くないと思われます。


お中元にお返しは必要なのか

お中元にお返しは必要なのか?というと、返事は出した方が良いというのが正解になります。
ただ、この場合の返事というのは商品を贈るということには限られられません。
返事というのは、結局はお中元に対する感謝を伝える行為なので、その思いが伝わればOKということで、電話をして直接お礼を言うとか、お礼状を出すなどの手段が一般的にとられています。
お中元は何らかの商品を贈るケースが多いのですが、それに対してこちらも商品をお返しとして贈るというのは、あまり行われていないです。
したがって、お中元では商品のお返しは必ずしも必要ではないが、お中元をいただいたことに対してのお礼を伝える返事は必要ということになります。
お中元が届いたら、その相手に対して電話をするまたはお礼状を書くといった方法で、そのことに対する感謝の気持ちを伝えておきましょう。
お中元が届いた相手というのは、自分にとっても必要な存在であることが多いと思いますから、きちんと適切な対応をしてもらいたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。