お中元の熨斗(のし)の書き方とは?名前は入れる?熨斗紙のテンプレートが便利です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お中元の熨斗(のし)とは

お中元を贈る、もらうシーズンですね。
お中元を贈る時にデパートの受付で熨斗はいかがしますか?と聞かれますよね。もちろん通販で商品を贈る時にも熨斗についてはどうするかと考えると思います。友人知人から頂く、お中元にも熨斗がついていると思います。

まず、熨斗っていったい何なのかをご存知でしょうか?
通常のしと呼んでいものは「熨斗(のし)」・「水引(みずひき)」・「奉書紙(ほうしょがみ)」の組み合わせでできています。
熨斗を含むこれらが印刷された紙を熨斗紙といいます。が、最近は、熨斗紙を熨斗という場合もあり、少しややこしいですね。
ざっとまとめますと、熨斗は、慶事や弔事の際の贈り物に意味をそえるものになります。

では、お中元の熨斗について考えてみましょう。
さきほど説明したように、熨斗には慶事なのか、弔事なのかで使うものが全く違います。
お中元ってどちらでしょう?そう、慶事になります。

かつ、婚姻関係以外の慶事となります。婚姻関係の慶事の場合は、一回という意味で、結びきりは使いません。
蝶結びの水切りを使った熨斗になります。蝶結びの水切りは、何回も使えるという意味が含まれています。
結婚や快気祝いなどは一回に限定されますので、結びきりですね。
いままでもらっていたり、贈る際に使っていた熨斗にはこんな風な使い分けが必要だったんですね。

お中元の熨斗(のし)の書き方とは?名前は入れる?

では、実際に熨斗をお中元につける際の書き方についてです。
中央に文字がきて、その上に蝶結びの水引がくるようにします。

中央上段にお中元あるいは御中元と書きます。
水引の下には、自分の名前を書きます。
名前を書く際の注意としては、心持ち、表書き(お中元、御中元)よりも小さい字で書くといいです。

この名前ですが、家族として贈るのか、個人として贈るのかで書き方を変えましょう。
家族全体として贈る場合は、「姓」のみを記入します。
あるいは、家長の名前でもいいです。
まあ、最近の若い方ならあまり家長の名前という感じでもないかと思いますので、「姓」でいいのではないかと思います。
また、お中元は、会社関連などで贈る場合もありますね。
その場合、連盟になりますが、その記載順に注意してください。
役職が上の人から、中央、右、左というように名前を書くのがマナーになります。
中央がより上で、左よりも右が上になります。
2名の場合は、右のほうが偉いので、右が役職が上の人になります。
なお、連盟で書く場合、多くても3人くらいまでが適当と思われています。

あと、本来は、毛筆で書くのが基本ですが、最近は毛筆でうまくかけないことも多いですよね。
その場合は、サインペンでもいいと思います。
くれぐれも、お中元の名前は、濃い色を使ってください。

お中元の熨斗(のし)紙のテンプレートについて

今は、とっても便利なお中元用の熨斗紙のテンプレートがあります。
水引の種類や熨斗紙の種類を指定して名前をどんな風にいれるかを指定すればいいんです。
これは、楽ですね。
難しいことをかんがえる必要もないですし、ちょっとくだけた相手に贈る場合は、台紙を選んで華やかなものにしてもいいと思いますよ。
ちょっと検索してみるだけで、いろいろな熨斗紙があります。
もちろん、基本となる水引の種類などは、説明したものを基準にしてください。
水引の本数も思い切って増やしても大丈夫です。

熨斗の本来の意味や使い方をきちんと理解した上で、便利なサービスを使うのが現代人としての常識ではないかな?と思います。
お中元を贈る際、水引きを蝶結びにすることをきちんと押さえていれば、テンプレートを使って、本当に便利に熨斗を書くことができると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。