2018年大曲花火大会の桟敷席を取る方法とは?ツアーの詳細や宿泊ホテルについてご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大曲花火大会とは?

大曲花火大会とは、毎年8月第4土曜日に、秋田県大仙市大曲(旧大曲市)の雄物川河川敷で開催される花火大会で、正式には「全国花火競技大会」と言います。花火大会の中でも最も権威のある花火競技大会であり、日本煙火協会の後援のもと、内閣総理大臣賞が授与される数少ない花火大会でもあります。

1910(明治43)年に地域の神社における祭典の余興として開催され、1915(大正4)年にレベルの向上を目指して「全国花火競技大会」と改称して、全国規模の大会に発展しました。今や100年以上の歴史を持つ花火大会で、2010(平成22)年には100年記念大会が開催されました。全国で唯一の昼花火の競技大会もあり、17時ころから昼花火が、19時ころから夜花火がそれぞれ行われます。打ち上げられる花火もトップレベルであり、見る人を魅了させます。

権威の高さの背景には、花火師が自ら作った花火を自ら打ち上げるという意味で、真の実力が試されるという点が挙げられます。火の粉が消えないまま地面に着かせると減点という規定も存在します。その権威あるトップレベルの花火を見るために、8月の開催日は約4万人の大曲地区に約70万人以上の見物客が集まり、毎年大曲市街では混雑が起きています。

大曲花火大会のために秋田新幹線のみならず在来線が深夜まで増発されますが、基本的に満員になることが多く、さらには国道も混雑がひどく、ツアー客も大変な思いをすることが予想されます。


2018年大曲花火大会について

2018(平成30)年は、8月第4土曜日が8月25日となります。全国花火競技大会「大曲の花火」公式サイト(http://www.oomagari-hanabi.com/)でも案内が始まっています。2018年の大曲花火大会のテーマは、「行雲流水~あいよりあおし~」を掲げており、このテーマに合わせて、全国の花火師が挙ってその腕と花火の美しさを披露します。

昼花火は17時30分から、夜花火は18時50分から開始となります。大曲花火大会のチケット購入方法も、公式サイトにありますので、購入を考えている人は参考にしてみてください。これに前後して2018年5月12日(土)に、「大曲の花火~春の章~」が開催されるほか、10月13日(土)には「大曲の花火~秋の章~」がそれぞれ開催されます。

「春の章」は2017年4月に実施された国際花火シンポジウムの後、2020年東京オリンピック・パラリンピックの成功に向けた取り組みの一環として、「世界の花火 日本の花火」をテーマとして継続開催しています。

大曲花火大会の桟敷席を取る方法

大曲花火大会を間近で見たい人には桟敷席をお勧めしますが、購入方法が公式サイトでも案内されています。団体販売と個人販売がありますが、団体販売は旅行業者向けですので、ツアーを考えている業者が利用します。

個人における桟敷席料金は税込価格で、A席(定員6名)が23,000円、C席(定員5名)が15,000円、定員1名の椅子席が3,000円となります。A席は2畳分(1.8m×1.8m)の大きさ、C席は護岸堤防斜面に2m×2mの広さで用意されています。インターネット受付と直接販売の2通りで受け付けており、これまで行っていた電話受付は2018年大曲花火大会から廃止になったので注意が必要です。

インターネット受付は、「ローソンチケット」または「イープラス」のそれぞれの専用ホームページで受け付けており、原則として先着順で受付されています。

受付期間は2018年6月8日(金)10時から6月28日(木)23時までの3週間となります。イープラスではA席のみの受付、申込制限としてA席・C席・椅子席のいずれか1種類1人2マス(椅子席は10席)までとなっているので、家族で一斉に観覧したいとき、友人同士で観覧するときなどは注意しましょう。

大曲商工会議所で直接販売の場合は、2018年7月1日(日)9時頃に抽選の後、販売となります。2,000人が抽選の有無の目安となります。なお、座席については指定できません。


大曲花火大会のツアーについて

2018年も大曲花火大会に向けて、各旅行業者が「大曲の花火ツアー」を企画しています。東北6県出発のツアーのみならず、全国各地から出発のツアーがこれから出されていきます。

観覧席、すなわち桟敷席も込みで組まれているツアー、大曲花火大会の日に前後する各地のイベントも見ることができるもの、例えば山形県新庄市の「新庄まつり」も含めてのツアー、あるいは青森・八甲田・十和田・三陸・仙台なども周りながら2泊3日で組まれているツアーなどが各社用意されています。

これらのツアーは、大曲市街で宿泊という形をとらず、秋田市内や田沢湖などのホテルに泊まることが考えられます。

大曲花火大会時に宿泊できるホテルについて

大曲花火大会では、大曲市街でかなりの混雑が予想されます。新幹線・在来線は先に述べた通り増発されるものの、深夜になってもなお満員となります。

また、自家用車で来ても道路が大渋滞を起こすので、これも大変苦労します。大曲市街で宿泊できるホテルがあればよいのですが、実はこの日は全国各地から花火師も見えるので、ホテルもかなり限られてきます。大曲市街であれば「ホテル富士」また駅前に「ホテルルートイン大曲駅前」が個人向けには予約可能となっています。会場の雄物川河川公園付近にある「グリーンホテル大曲」「大曲エンパイヤホテル」などは花火大会関係者が宿泊することになっているので、個人観覧客に向けての予約は行っておりません。

大曲市街から離れると、仙北地区板見内の払田柵跡近くにある「史跡の里交流プラザ柵の湯」や、神岡地区神宮寺にある「かみおか温泉嶽の湯」がありますが、これらも予約時にはハガキでの応募が必須で、抽選も春の段階で行われることが多いので、大曲花火大会を観覧することが既に心に決めているのであれば、早めに予約したほうがお勧めです。

そもそも大曲地区には、大規模の宿泊施設が多くなく、近隣の宿泊施設を含めて考えても、大曲花火大会のときには約70万人が集結するので、大曲地区における宿泊のキャパシティが一気に超えてしまいます。角館・田沢湖・秋田市内に宿泊することも検討するとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。