乗換案内アプリ!YAHOO、NAVITIME、いつもNAVI、エキスパートなど紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

いつもなんとなく使い慣れた乗換案内アプリを利用していませんか?

電車やバスを使う事が多い、普段は車だけどたまに電車やバスを利用する、はたまたフェリーを使って旅行に行く。皆さんそれぞれに乗換案内アプリをお使いだと思いますが、もしかしたら今使っているアプリよりももっと自分のライフスタイルに合った乗換案内アプリがあるかもしれません。

使い慣れているアプリを変えるのには使い方の不安などあると思いますが、使う人と使い方によって必ずピッタリの乗換案内アプリがあるはずです。

五つの乗換案内アプリについて「これは使える」という情報を集めました。

まずはそれぞれの長所を知って、今利用している乗換案内アプリが自分のライフスタイルに合っているものなのかどうかを考えてみましょう。


スマートな乗換案内アプリ 「乗り換えNAVITIME

基本的な乗換案内の機能を搭載している「乗換NAVITIME」は、路線図から出発駅や到着駅を設定できるので便利です。路線図が見られると位置関係も分かり安心です。

路線図からは出発駅や到着駅を設定出来るほか、その駅の時刻表もチェック出来ます。また、対応路線であれば「前から3両目」というように、乗換に最適な「乗車位置」までも案内してくれてとても画期的です。

行き方は分かっても、乗り換え時に別路線に繋がる階段までがとても遠くて、案内通りの電車に乗れなかったりする心配もありません。

また「エレベーター優先」「階段を避ける」など、荷物が多い時やベビーカーでの移動の時には、なるべく楽な方法で移動出来る検索条件もあります。

子供連れや荷物を持っての移動は大変なので嬉しい機能です。

 

しっかり管理の乗換案内アプリ「Yahoo!乗り換え案内」

通勤タイマー機能があります。次の電車の発車時刻をカウントダウン表示してくれるもので、自宅と通学・通勤の最寄り駅をそれぞれ設定することにで、発車までの時間をタイマーのように確認することが出来ます。

アイフォンだと通知センターから、アンドロイドならウィジェットに設定すればアプリを起動しなくても画面上で簡単に確認することが出来ます。

電車が発車するごとにカウントダウンは繰り返されるので、次の電車がいつ来るのかもすぐに分かります。

また、観光スポットやカフェなど様々な施設の詳細情報を現在地や名称から調べてルート検索することもする事も出来ます。

例えば、出発地点と到着地点のそれぞれを店名にすると出発地点のお店から到着地点のお店までの経路をバスまで含めて案内してくれます。

さらに「降車ドア表示」がとても便利です。乗り換えの際、どの車両に乗れば出口が近いのか、エレベーターやエスカレーターの有無まで車中で確認できます。

また、検索結果の時間表示はタップすることができ、タップすると乗り換え時間を変える「ダイヤ調整」ができます。乗り換えの際にトイレに行きたい場合など、とても便利な機能です。


あらゆる人に優しい乗換案内アプリ「駅すぱあと」

電車やバスのみならず、飛行機や船の乗り換え案内もしてくれます。

全国の路線図をスクロールで自由に見ることが可能で、移動中にも自分が今どこの区間にいるかを確認する事が出来ます。

また、「ママモード」も搭載していて、多機能トイレの有無が確認出来たり、ベビーカー・小さいお子さん連れだと乗り換えには時間がかかるので、それを考慮し、ベビーカーでも乗り換えやすい経路の案内や、乗り換え時間を長めに設定し、ゆっくりと乗り換えができる経路を案内してくれます。

このほかに、「酔っ払いモード」も搭載されていて、「酔っ払いモード」を選択すると、現在地から一番近い駅を推定。事前に登録しておいた自宅最寄り駅までの終電の時間と経路を自動計算してくれる優れもの。さらに、その終電までの残り時間も秒単位で表示してくれるので、飲み会で終電を逃す心配が無くなります。

なお、「ママモード」「酔っぱらいモード」の利用には、「駅すぱあと」アプリ内またはWEBから、月額210円のプレミアム会員専用登録が必要です。

携帯キャリアがauで、「auスマートパス」に加入している方はその料金内及び「auスマートパス」アプリ内で同サービスが利用できます。

 

情報がいっぱい乗換案内アプリ「いつもNAVI

地図情報会社であるゼンリンが提供しており、会員登録するとカーナビとしても使う事ができ、渋滞情報ももちろん提供してくれます。

ゼンリンならではの詳細さや更新性で、複雑に変化する地形に対応した最新地図が閲覧可能です。

乗換案内やカーナビだけでなく、駅を出てからもコンビニやファストフード、銀行などを地図で探すことも出来る複合ナビゲーションアプリです。

その他、面白い機能としては、予算金額まで設定出来るグルメ検索や、映画やTVドラマなどの撮影地検索でしょうか。こちらは会員登録せずに使えるので、一度試しいてみたい機能だと思います。

更に会員登録をすると「みんなで位置共有」というアプリと連携させて、位置情報を共有ながらチャットが出来るサービスもあります。友達同士や、外回りのお仕事などの同僚同士でのコミュニケーションツールとしても使えます。


シンプルな乗換案内アプリ「乗換案内」

このアプリの嬉しい所は、操作が簡単で、尚且つ電車・バス・飛行機・徒歩まで含めた乗り換え検索が全て無料で利用できるという事です。同じ検索窓で駅・スポット・バス停・住所から検索が出来ます。

もし乗り換えに失敗してしまった場合でも、現在時刻からすぐに検索し直すことも可能です。その上、自宅を登録しておけば、「ここから自宅」という機能で、現在地から自宅までの経路をワンタッチの簡単操作で検索することが出来ます。もちろん、遅延などの運行情報も検索する機能も付いています。

また、月々の交通費を計算し、CSVファイルとしても出力できる機能が付いているので、頻繁に電車やバス、新幹線を利用するという方にとっては便利です。

その他にも駅構内や駅周辺のトイレ、ATM、コンビニがどこにあるのか分かる機能や、タクシーを利用した場合の料金も分かります。2人~4人の割り勘料金まで計算してくれる機能も付いています。

駅弁や映画、クーポン、花火、紅葉情報などが分かる連携機能もあり、プライベートにもビジネスにも活用出来そうです。

 

まとめ

本当に電車やバスの乗換案内アプリとしてだけだとしたら、どのアプリもそれほどの優劣はありませんが、こうして詳しく見てみると、それぞれのアプリがどんな使い方をする方に合っているのかが見えてきます。

今、使っている乗換案内アプリは本当に自分のライフスタイルに合っているものですか?

上にある五つの乗換案内アプリの中だけでも、「これは使ってみたい」と思える機能がひとつはあったのではないでしょうか。

そもそも、「乗換案内アプリにここまで期待はしていなかった」という声も聞こえてきそうです。

ターゲットによる使い勝手やインターフェース、検索機能は各社がそれぞれ工夫していますので、使う側も乗り遅れないように試しに色々使って、中身を知るべきではないでしょうか。どのアプリが自分に合っているのか分からない場合や、決められない場合には、使いたいと思っている機能が使えないアプリから削除していくという方法もあります。

せっかくこんなに沢山の機能を持った乗換案内アプリが沢山あるので、是非この機会に自分のライフスタイルにピッタリの乗換案内アプリを見つけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。