熱中症の指数とは?予報できる指数表・指数計(モニター)・アプリをご案内!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑くなる季節、最も気を付けたいのは、熱中症ですよね。せっかく楽しいレジャーも、熱中症になってしまうと楽しくなくなってそのしまいます。とそこで、熱中症をどの程度注意しなければならないか、というのを数値化した、熱中症指数というものがあります。熱中症指数を知り、うまく活用することで、熱中症を予防することができます。

それでは、熱中症指数とはどのようなものなのか、説明していきましょう。

熱中症指数とは

熱中症指数とは、正式にはWBGT指数といいます。Wet Bulb Globe Temperatureの略称で、湿球黒球温度という意味です。1954年にアメリカで、熱中症を予防することを目的として提案されました。気温だけで暑さを判断するのではなく、①湿度、②日射、輻射熱、③気温の3つを取り入れて考えられ、熱中症を予防するための指標とされています。

表示する単位は℃で示されます。温度の基準は、日常生活に関する指針と、運動に関する指針と分けられており、熱中症指数によって、注意段階が定められています。それぞれの注意段階をみてみましょう。

日本生気象学会による「日常生活における指針」
熱中症指数25℃未満⇒注意 一般に危険性は少ないが激しい運動や重労働時には発生する危険がある。
25℃以上28℃未満⇒警戒 運動や激しい作業をする際は定期的に充分に休息を取り入れる。
28℃以上31℃未満⇒厳重注意 外出時は炎天下を避け、室内では室温の上昇に注意する。
31℃以上⇒危険 高齢者においては安静状態でも発生する危険性が大きい。外出はなるべく避け、涼しい室内に移動する。

(公財)日本体育協会による「スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック」

熱中症指数21℃未満⇒ほぼ安全(適宜水分補給)
WBGT21℃未満では、通常は熱中症の危険は小さいが、適宜水分・塩分の補給は必要である。市民マラソンなどではこの条件でも熱中症が発生するので注意。

21℃から25℃⇒注意(積極的に水分補給)
WBGT21℃以上では熱中症による死亡事故が発生する可能性がある。熱中症の兆候に注意するとともに、運動の合間に積極的に水分・塩分を補給する。

25℃から28℃⇒警戒(積極的に休息)
WBGT25℃以上では、熱中症の危険が増すので、積極的に休息をとり、適宜、水分・塩分を補給する。激しい運動では、30分おきくらいに休息を取る。

28℃から31℃⇒厳重警戒(激しい運動は中止)
WBGT28℃以上では、熱中症の危険性が高いので、激しい運動や持久走など体温が上昇しやすい運動は避ける。運動をする場合には、頻繁に休息をとり水分・塩分の補給を行う。体力の低い人、熱さになれていない人は運動中止。

31℃以上⇒運動は原則中止
WBGT31℃以上では、特別な場合以上は運動を中止する。特に子どもの場合は中止すべき。

環境省のホームページに、わかりやすい表が掲載されています。 環境省熱中症予防情報サイト http://www.wbgt.env.go.jp/wbgt.php


熱中症指数の予報について

熱中症指数の予報は、環境省のホームページで見ることができます。また、熱中症指数の予報や実況を、メール配信サービスで受け取ることもできます。都道府県や市町村のホームページで掲載しているところもあります。その他、熱中症指数の情報が入っているアプリでも、予報を見ることができます。しかし、急な天気の変化には対応していないので、予測が必ず当たるとは限りません。

また、屋内にいるか屋外にいるか、屋外ならば直射日光に当たっているか、など、同じ地域にいても、状況によって熱中症指数は違いますので、あくまでも目安として参考にしましょう。

熱中症指数表について

今、自分がいる場所の熱中症指数を知りたい、というときは、熱中症指数表をみると、熱中症指数を知ることができます。

熱中症指数表とは、乾球温度計で計った温度と、湿度を組み合わせて熱中症指数を表にしたものです。現在の温度と湿度が交差した箇所が、熱中症指数です。注意、警戒、厳重警戒、危険の4つの段階が緑・黄色・オレンジ・赤の4色で色分けされているので、ひとめで段階がわかります。しかし、その色分けは日常生活の上での基準ですので、運動や作業の場合は注意が必要です。


熱中症指数計・熱中症指数モニターについて

温度と湿度を計って、熱中症指数表を見て、危険度を確認する、というのが面倒だと感じる人には、熱中症指数計というものがあります。これは、熱中症指数モニターともいわれることがあります。熱中症指数系は、熱中症指数がモニターに表示され、すぐに熱中症指数を知ることができます。

熱中症指数計には、屋内用や壁掛け用など様々なタイプがあります。屋内用のものは、日常生活における指針による危険度を表示してあるものがあり、ひとめで、どの程度熱中症に気を付けなければならないかがわかります。屋外用のものは、黒球がついているものがあり、日射や輻射熱も測定し、正確な熱中症指数を知ることができます。そして、熱中症予防運動指針による危険度を表示やアラームで知らせてくれます。こちらは、屋外での作業現場や、部活動などスポーツをする際の熱中症予防に活用できます。

簡易的なものは3千円くらい、本格的なものは3万円くらいで、さまざまなタイプの熱中症指数計があります。使う場所や、どのくらい正確なものがいいのか考えて、自分に合った熱中症指数計を購入しましょう。

熱中症指数アプリとは?


もっと簡単に熱中症指数を知りたい人には、熱中症指数を知らせてくれるアプリをおすすめします。熱中症の危険度を教えてくれる、熱中症指数専用のアプリもありますし、天気予報のアプリの機能の1つとして、熱中症指数の情報があるアプリもあります。

アプリで知ることのできる熱中症指数は、気象庁の観測データなど、各地点から1か所の観測地点で計測した気温や湿度をもとに熱中症指数を出しているので、必ずしも自分がいる場所と合致しているとは限りません。こちらも目安として、お出かけの準備の参考にされるといいでしょう。

まとめ

熱中症を予防するための手段として、熱中症指数を参考にするのはとても有効です。熱中症指数を参考にしながら、暑い日には水分補給、休憩をしっかりと取り、熱中症にならないように楽しく夏を過ごしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。