現場でも使える!熱中症対策グッズおすすめランキング!首に巻くタイプも!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現場で使える熱中症対策グッズとは

現場というと工事現場や屋外での作業が思いつきますが、実際は屋内での作業も現場作業という事ができます。特に製造業の様な作業には注意が必要です。他にも建設業や警備業といった業種での熱中症が年々増えており、作業管理者や従業員に対する熱中症への注意喚起、予防策の教育を繰り返し行なうことを推奨しています。

こういった現場での教育とともに増えているのが熱中症対策グッズで、体を冷やすグッズや環境を冷やすグッズが中心に登場しています。体を冷やすグッズでは、日常で使用する冷感シャツ以外に、頭につける清涼ファンや帽子、着るためのベストが中心です。労働で発せられる熱をなるべく少なくするという目的で製造されている、熱中症対策グッズが多く製造されていると言えます。


熱中症対策おすすめグッズランキングの傾向について

熱中症対策グッズおすすめランキングを見ていくと、全体的な傾向として直接冷やすグッズがランキングに入っている場合が非常に多くなっています。例えば氷のうやジェル式の物、又現代の傾向として冷却スプレーも多く販売されているのです。

続いて首筋のあたりを冷やすタオルや、小型ファンのような熱中症対策グッズも人気があります。タオルは使用した時に冷たく感じるタイプと、予め水をつけることで冷却効果が持続するタイプがあり、水をつけて首筋に巻いておくグッズの知名度は年々高くなりつつあります。そのため性能も年々挙がっており、手軽さや価格も安定したおすすめグッズとなっているのです。

まず熱中症対策グッズにも幾つか種類があります。麦茶や塩分補給のタブレットや飴といった食料品や冷却スプレータイプ、衣料品や叩くと冷える冷却剤、小さいタイプの扇風機等もランキングに並んでおり、対策グッズの多様化が見られます。中には現在の環境の温度を測って警告をしてくれる温度計、というものもあります。

最もおすすめのグッズとして挙げられているグッズは、全体的に冷却スプレーと冷感タオルです。冷感タオルで熱中症の予防をし、万が一の時に安心して使える冷却スプレーを使うことで熱中症の応急処置をするという利点が活かされているランキングです。食料品も多く扱われており、塩分摂取が大切であるという部分に強く反映されています。


首に巻くタイプの熱中症対策グッズについて

首に巻いて使う熱中症対策グッズの利点として、熱中症に確実な効果があると科学的に判明している部分を集中的に冷やすことが出来る、という点があります。なぜ首に巻くタイプのグッズに効果があるのかというと、首は人間の肉体の中でも最も大事な血管が多くあるためです。大事な血管がある部位には脇の下などもありますが、首は最も確実に熱を発することが出来る部位です。脇の下では冷やすことは出来ても、常に外部に晒すわけにはいきません。そのため首を冷やして熱を発散させることが最も効果的なのです。

首に巻くタイプはネッククーラーと呼ばれているグッズが多く、使用する環境に適応することが出来るデザインが豊富に用意されています。保冷剤や冷感タオルでは目立ってしまったり、結露がこぼれてしまうことがありますが、ネッククーラーではその心配がありません。効果が無くなっても水で濡らすだけで効果が戻るため、何度でも利用できる利点もあります。使い方はグッズに水を含ませて首につけるだけです。

室内で使用する場合には、同じ様に水で濡らして利用するタイプのタオルがあります。こちらは外向けのデザインではありませんが、幾つか大きさが用意されています。その分価格も抑えられており、男女共用です。効果が薄れたら、再び水に濡らすことで効果が戻るという点は、ネッククーラーと同じです。スカーフタイプと呼ばれる小さいサイズもあるため、利用できる幅はかなり広いと言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。