母の日のギフトと言えば花キューピットのカーネーション!花言葉が知りたい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ母の日にカーネーションを贈るのが定番なのか

5月の第2日曜日は母の日ですね。
母への感謝を伝える日ということで、あちこちで母の日のギフト特集を目にします。
母の日のギフトとしてやはり定番なのがカーネーションですね。ではなぜカーネーションなのでしょうか?

カーネーションを贈る習慣は母の日の由来と関係があります。
アメリカにアンナ・ジャービスという女性がいました。アンナの母が亡くなり、当時の5月の第2日曜日追悼式が行われました。
アンナは自分を苦労しながら育ててくれた母を追悼し、母アンが好きだった白いカーネーションを出席者に配りました。

この出来事が母に感謝を伝える日としてアメリカ中に広がっていき、1914年には当時の大統領ウィルソンが正式に「母の日」として制定しました。
はじめはアンナが白いカーネーションを亡くなった母に捧げたことから、母が亡くなっている人は白いカーネーションを、母がいる人は赤いカーネーションを自分の胸に飾っていました。
それがしだいに母の日にカーネーションを贈る習慣として定着していったのです。


母の日に贈る花は花言葉に気をつけよう

カーネーション全体の花言葉は「女性の愛」「感動」「純粋な愛情」といったものですが、実は色によっても花言葉が違います。
中には避けた方がよい色もあるので注意しましょう。

・赤…母の日の定番色です。花言葉は「母への愛」「母の愛」「純粋な愛」「真実の愛」
ただし濃い赤になると「私の心に哀しみを」となります。

・ピンク…花言葉は「感謝」「気品」「温かい心」「美しい仕草」です。赤いカーネーションと並んでプレゼントとして人気のある色です。

・オレンジ…花言葉は「熱烈な愛情」「純粋な愛情」などです。どちらかといえば恋人へ贈る意味合いの強い色です。

・紫…花言葉は「誇り」「気品」です。母の日ギフトのアレンジメントにもよく使われます。

・白…花言葉は「私の愛情は生きている」「尊敬」「亡き母を偲ぶ」などです。母の日の由来から亡くなった母へ贈る花という意味合いがあるため健在の方へのプレゼントとしては避けた方がよいです。

・黄色…花言葉は「軽蔑」「嫉妬」です。綺麗な色ですがネガティブな意味合いなので贈り物としてはあまりよくありません。

このように花言葉をみていくと、同じカーネーションでも贈らない方がよい色もあるので母の日のプレゼントとしてカーネーションなどの花を贈る際には注意してみてください。


母の日に花束ギフトを贈るなら花キューピット!

母の日にカーネーションなどの花や感謝のメッセージを贈りたいと考える人は多いですよね。けれど遠方に住んでいたりするとなかなか直接贈ることができません。鮮度を保ったまま花を贈るのはなかなか難しいです。届いたはいいけれどいまいち花に元気がない様子ではせっかくのギフトが台無しです。

そこでおすすめしたいのが花キューピッドのギフトです。
花キューピッドは北海道から沖縄まで日本全国約4,000店の加盟店からなる花の配達ネットワークです。花キューピッドで花を注文するとギフトの贈り先の近くにある加盟店が担当花店となり、そこから贈り先へ花を届けてくれるので確実に鮮度が保たれたまま届けてくれます。さらにメッセージを添えることもできるので、花と一緒に感謝の気持ちを伝えることもできます。

さらに母の日ギフトセットとして、母の日の綺麗なアレンジメントにエプロンやハンカチ、スイーツなどをあわせて贈れるサービスもあります。
普段遠方に住んでいる母に感謝の気持ちを込めて何か特別なものを贈りたいと考えている人はぜひ花キューピッドを利用してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。