Microsoft(マイクロソフト)にはサポート期限がある!終了したらどうなる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイクロソフトのサポートについて

インターネットの需要の増加に伴って、仕事はもちろんのこと、自宅でプライベート用のパソコンを所有しているケースも珍しくない時代となっています。
このパソコンの起動に欠かすことのできない物の一つがOSです。日常的に使用している人には今さら説明は不要かと思われますが全く知識のない人にとっては何のことやらといった感じかもしれません。

OSとはOperating System(オペレーティングシステム)の略で、人間で言えば脳の中枢神経に当たります。人間が中枢神経の働きによってさまざまな行動を取ることができるように、パソコンもこのOSの存在があって初めて動くことができるのです。
一口にOSといってもさまざまな物があって、その中でも有名なOSの一つがWindowsになります。
こちらはアメリカに本社を置くソフトウェア会社のマイクロソフトが生産、販売を行なっている物で、全世界に15億人以上のユーザー数を誇るまさしく世界トップクラスのシェアを誇っているOSです。
人気の理由はリーズナブルな価格設定や使いやすさなど数々ありますが、その中でもサポート面の充実が大きいとされています。

インターネットを利用する上で最も注意しなくてはいけないのがウィルスやハッキングなどのサイバー攻撃です。SNSの普及や気軽にショッピングができるようになってきたことで、個人情報の入力を行なう機会も増えてきています。こういった個人情報の保護のセキュリティ面からプログラムの不具合に対する修理まで幅広くサポートを行なっているのがマイクロソフトのサポートの特徴です。こういったユーザーが安心して使える配慮が人気の理由になります。


マイクロソフトのサポート期限について

OSの使用でマイクロサポートを受けている人の中には、1度商品を購入すれば半永久的にサポートを受けられると考えている人も少なくありません。しかしこれは大きな間違いで、サポートには有効期限が設定されています。

マイクロソフト社は1975年の創立以降、度々自社製品のバージョンアップを行なってきました。これはサービスはもちろんのこと、進化するサイバー犯罪に対抗するためにセキュリティ機能も向上していく必要があるのが理由です。これはOSに限ったことではありませんが、販売している商品が多くなればそれだけ品質の管理に人件費や手間が掛かってしまいます。
そのため、需要がなくなった物から順次補償を終了させていく判断をしなくてはいけません。

マイクロサポートも同様にOSごとに期限が設定されています。こちらの会社では新商品の販売から5年間はメインストリームサポートと呼ばれる通常のサポートが受けられて、この期間が終了後の5年間、延長サポートと呼ばれる猶予期間を設定されているのが特徴です。つまりマイクロサポートを受けられるのはそのOSが販売された日から10年間ということになります。自身が購入したタイミングから10年間と思い違いをしている人もいますが、その点については注意が必要です。


マイクロソフトのサポート終了について

パソコンのOSの選び方についてはそれぞれ好みによって分かれる所で、どれを選ぶのが正解という物はありません。人によっては常に最新のOSを使いたいと考える人もいれば、インターネットさえできれば何でも良いと古いOSを搭載している中古の安いパソコン(パソコンの値段は必ずしもOSだけで決まるわけではありませんが)を購入する人もいます。
後者のような古いOSの使用であっても、マイクロサポートの期限内であれば問題はありません。

しかし、万が一延長を含むサポート期限が終了してしまうと、セキュリティ保護を全く受けられない状態になります。もちろんOS自体が正常であれば期限終了後でもインターネットの接続などは可能ですが、その場合は非武装で戦場を歩くような常に危険に晒された状態で使用しているのと同じです。当然個人情報が盗まれてしまうリスクも高くなってしまうので百害あって一利なしと言えます。

中にはショッピングやSNSは利用せずにインターネットのサイトを閲覧するだけだから別に問題はないと考えている人もいるかもしれません。
しかし、ネット上に存在するサイトの中には、アクセスをするだけでウィルスに感染したり、勝手に悪意のあるプログラムをインストールされてしまうような所も数多く存在します。マイクロ

サポートを受けていれば事前に危険と思われるサイトは警告によって知らせてくれたり、ウィルスの感染からパソコンを守ることが可能です。
インターネットをより安全に使用するためにも、常にサポート対象となっているOSを使うことが重要と言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。