Microsoft office(マイクロソフトオフィス)は何種類?無料でインストール・ダウンロード可能なのか価格を調べてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイクロソフトオフィスとは

パソコンをより便利に使いやすくしてくれる物の一つにオフィスと呼ばれるソフトがあります。パソコンに詳しくない人の中には名前は聞いたことがあっても内容について詳しくわからないという人も少なくありません。

マイクロソフトオフィスとは、その名の通りマイクロソフト社が開発、販売を行なっているアプリケーションソフトの一つです。ソフトに含まれている主な機能は、ビジネスシーンで活用されるワード(文字入力)やエクセル(表計算)からデータベースソフト(データの管理や検索)まで豊富に揃っています。個人の場合でもエクセルを使った家計簿の作成や、パワーポイントによる動画の編集など幅広い用途で利用が可能です。

一昔前であれば、新規でパソコンを買った時に最初からオフィスがインストールされているのが一般的でしたが、現在ではされていないケースが多くなっています。これは時代の移り変わりによって、パソコンの利用目的がビジネスではなくインターネットの比重の方が大きくなっていることが考えられる理由です。

実際にパソコンを使用していてもオフィスの使用経験がない人は珍しくありません。これにはメーカー側の利用頻度が少なくなっている不要なソフトを削除することでコストを抑えて販売をするという狙いも含まれています。


マイクロソフトオフィスの種類と価格について

前述したように、以前であれば初期装備として搭載されていたオフィスも時代の移り変わりの中で装備されなくなってきています。需要が減少傾向にあるとはいえ、ビジネスの世界では変わらず必要不可欠なソフトとされているのは事実です。そういった必要としている人達のために別途でソフトの販売が行なわれています。

販売されている商品は大きくわけて3種類あって、比較的有名な商品がアプリインストール版です。こちらはかつてパソコンに初期装備として搭載されていたソフトの代表とも言われる物で、1度インストールを行なえばパソコンを使用し続けられる限り永続的に使えるのが特徴になります。日本では3種類のエディションの中殻選択ができて、価格は2万~5万円ほどです。エディションによる価格の違いはありますが、基本的に内容に大きな違いはないので安い物でも問題ありません。

次にご紹介するのがサブスクリプション版です。前述したインストール版が購入なのに対して、こちらは月額によるレンタルという形になります。費用は月額1300円前後で、1年分の一括払いの選択も可能です。ちなみに1年分の支払いでも割引などは適用されません。

最後が永続ライセンス版で、こちらは最初にご紹介したプリインストールと同じ購入による永続使用になります。こちらのソフトは1つで2台真で使用できるのが特徴で、パソコンを複数所有している人にも最適です。ただし、すでに生産が終了していて在庫のみとなっているためお店によっては在庫切れの可能性もあります。


マイクロソフトオフィスは無料でインストール(ダウンロード)できる?

マイクロソフトオフィスはパッケージソフトの購入、月額レンタルのどちらを選んでもある程度高い出費となってしまうのは否めません。中には少しでも安い費用で購入できないかと躍起になって情報を集めている人もいますが、実はこのソフトを無料でダウンロードする方法が存在します。

まず最初にマイクロソフトのone driveにアクセス、新規登録をクリックです。次にアカウントを作成するために個人情報を含む必要事項を記入して登録を行ないます。もしすでにアカウントを所有しているのであればこの手続きは不要です。無事に登録が済んだら改めてトップページに戻ってアカウントでアクセスをします。
表示されたページの上部にあるメニューバーの作成をクリックするとワードやエクセルを始めとしたオフィスの基本機能の項目が表示されるので使いたい物を選べばOKです。正規品として購入している物とそれほど遜色はなく、使い勝手もいいので使用回数が極端に少ない人はこちらでも十分と言えます。

ただし難点はネットへの接続が必須な点です。ソフトを購入すればオフライン上でもこれらの作業は可能ですが、この方法ではその都度ホームページへのアクセスが必要となるのでネット環境が整っていない状態では使用ができません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。