Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)の使い方とは?開かないのは不具合ではなくアップデートが原因?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Microsoft Edge とは?

Microsoft(マイクロソフト) のブラウザーといえば Internet Explorer (インターネット エクスプローラー、通称 IE) を想定される方が大多数だとと思います。
Microsoft Edge(エッジ) とは、Windows 10 から標準で実装されるようになったウェブブラウザーです。
Windows 10 には、今までと同様の Internet Explorer 11 も実装されてはいますが、こちら が従来の Web ブラウザーの特長を継続して拡張しているのに対し、

Microsoft Edge は、もっと、より積極的にインターネッ上の情報にたいして、「活用」をするための工夫が盛り込まれているのもと言えます。
IE の延長ではないか?」という向きも多きも多いのではないかと思いますが、Microsoft Edge は Internet Explorer 11 とは違うレンダリング エンジンを
実装しており、中身がまったく異なるシステムのブラウザーとなっています。


Microsoft Edge の 使い方について

新しい機能として、Web ページに手書きができる「Web ノート」が実装されています。これは、新規作成した手書きやテキストのメモを、 Web ページに保存し、
OneDrive (ワン ドライブ) や OneNote (ワン ノート) を利用して情報を共有することで、これまでと違った Web ページの使い方と閲覧ができるようになっています。
将来的には Cortana (コルタナ) による音声での指示や、機能の拡張の実装も予定されています。

例えば、気になっている・目に留まった記事にコメントを挿入したり、それを即座に共有をしたい場合など、Microsoft Edge であればタッチスクリーンやマウスにて、
マーカーやペンを使用して、別のソフトを開かないで、画面へメモや注釈をダイレクトに書き込むことが可能になっています。また、加工したページは画像ファイルとしてメール
などに添付をしたり、OneNote や SNS などで共有したりすることも可能となります。これまでは、画面キャプチャを取ってから画像へと加工をしていたので、その手間との比較では、

Microsoft Edge であれば、 1つの動作でこれらの編集操作が可能になっいると言えます。
Windows 10 から実装された Microsoft Edge は、使用すればするほどに便利さを実感できる形式のブラウザーです。これまでのブラウザーでは、インターネットから取得した情報を、
見やすくするための機能を追求をしていました。しかし、これからは情報をカスタマイズし、フリーアクセスで、活用を進めていける時代へと変化しています。
Microsoft Edge は今後のバージョンアップ毎に、さらに使いやすく、機能も拡充してく予定です。


Microsoft Edge が 開かない理由は不具合?アップデートが原因?

Microsoft Edgeで、Webページが表示されなかったりフリーズしたりするなど、正常な動作をしない場合には、過去の閲覧情報や、ウイルス対策ソフトの影響が考えられます。
対処方法の各項目を順に行い、現象が改善されるかを確認します。
Microsoft Edgeでは、一度表示したWebページの情報を、パソコン内に保存することで、次回以降のWebページの表示速度を短縮しています。
しかし、これらの情報が原因でMicrosoft Edgeが正常に起動しないことがありますので、閲覧情報を一旦削除して、事象が改善するか確認します。

また、ウイルス対策ソフトが重複してインストールされていると、Microsoft Edgeが正常に起動しないことがあります。不要なウイルス対策ソフトを確認できた場合には、
そのソフトを削除します。インストールされているウイルス対策ソフトの確認と削除は、コントロールパネルもしくは、プリインストールソフトから行います。
ウイルス対策ソフトを停止して、Microsoft Edgeの動作が改善するか否かを確認します。改善した場合には、ウイルス対策ソフトにおける設定などの問題が考えられます。
この場合、使用しているウイルス対策ソフトメーカーなどにお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。