Microsoft Access(マイクロソフトアクセス)とは?使い方と無料で利用できるのか価格をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイクロソフトアクセスとは?

マイクロソフトアクセスとは、マイクロソフト製のWiodows向けデータベースソフトのことです。
リレーショナルデータベースを作成管理することができて、多目的に利用することができます。
大量のデータを一定の条件で保存しておくことが可能で、条件に応じて複数のデータを組み合わせて表示したり分析することができます。
GUIベースで作業できますから、専門知識のない方でも多少勉強すれば充分使いこなせます。
アクセスで作ったデータベースを利用するだけなら、誰でも簡単にできます。

マイクロソフトOfficeシリーズの上位版に入っていることからでも、ビジネスの場での活用範囲が広いです。
Exdelとの相互データ共有も可能ですし、OracleやSQL Serverなどの他のデータベースから情報を取り出したり、登録、加工することもできます。
フォームで独自の登録や編集画面を作ったり、レポートで帳票レイアウトを整えて印刷して活用できます。
Oracleなどの本格的なデータベースと比較すると規模は小さく最大で2GBまでの制限があり、扱えるデータ量も少ないですが、スタンドアロンや少人数のネットワークでの使用には適しています。


マイクロソフトアクセスの使い方

1つのデータベースにはテーブル、クエリ、フォーム、レポートの主に4つの機能が備わっています。
テーブルというのはデータを蓄積していく器のようなもので、複数のフィールドで定義された条件下でデータの登録が行われて保存されています。
1つのデータベースには複数のテーブルが存在します。

クエリはリレーションを組んで条件を加えなるなどして、データを取り出したり並べ替えたり計算したりなど、データの分析加工が行えます。
別のデータベースにあるテーブルデータを利用することもできますから、データ解析等には欠かせない大きな役割を持っています。

フォームは入力や編集、データ加工する際に画面に表示されるレイアウトのことです。
必要な部分にテキストを表示したりボタンを配置することで、利用者が使いやすいようにレイアウトすることができます。
レポートは印刷するための帳票類のレイアウトを整えることができます。

この4つの機能を駆使することで、住所録のような小規模なものから、経営管理のような大規模なものとしても使えます。
クライアントが使いやすいように入力フォームや編集フォームを作りこんだり、見積書や出荷用ラベルのような帳票類まで作れてしまいます。


マイクロソフトアクセスは無料?価格は?

マイクロソフトアクセスは基本的に有料です。
アクセスが入っていない環境でアクセスを動かすためのランタイムは無料ですし、試用版は1ヶ月間無料でお試しできます。

マイクロソフトアクセスを単体で使いたいなら、アクセス2016ダウンロード版が15,984円で販売されています。
Officeシリーズでアクセスが入っているものがいいなら、Office Professional 2016 ダウンロード版が64,584円です。
アクセスもOfficeも2016からパッケージ版がなくなっていますから、ダウンロード版を入手するのがおすすめです。

月額か年額料金を支払って利用できるOffice 365 Soloなら、他のOfficeソフトと共にアクセスも利用できます。
料金は一年分一括払いで12,744円、一ヶ月払いなら1,274円です。

PC2台で利用可能、オンラインストレージOneDrive1TB付き、毎月Skype60分分無料、電話サポート無料とかなりの好条件になっています。
ソフトの更新プログラムは随時自動で行われますから、常に最新の状態で利用可能です。
このOffice 365 Soloのみ1ヶ月無料試用版を使うことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。