メルカリの売れる・売れないものや専用の売り方とは?出品方法から手数料まで一挙ご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、テレビCMなどでも見かけることの多くなった、フリマアプリ「メルカリ」。「興味はあるけど、どうやって売るの?」「何を売っていいの?」という疑問に今回は、お答えしたいと思います。

メルカリで売れるもの・売れないもの

では、商品を出品する前に何が「売れるもの」で、何が「売れないもの」なのでしょうか。

メルカリでは、衣類やコスメ、コミック、などなんでも売れます。お子さんの工作用に使えると、実は「トイレットペーパーの芯」「牛乳パック」などの「え?こんなものが売れるの?」なんて思ってしまうようなものも売れているのです。

では、逆に「売れないもの」は何でしょうか。ブランドのコピー品、非正規品や、医薬品、そのほかの危険物などは、出品が禁止されています。以前、ニュースでメルカリで現金が出品されていることが問題視されましたね。もちろん、今では現金や金銭と同様に扱われているチャージ済みのプリペイドカードや、ギフト券などは出品が禁止されています。
しかし、図書カードや、テレホンカード、切手などはキャラクターや、芸能人が描かれていたり、キャンペーンに当選ものなど、コレクション目的としてみなすことができるものは出品することが可能です。


メルカリの手数料について

メルカリで手数料は取られるのでしょうか。答えを率直に言うと「取られます」。出品をし、取引が完了した際に、出品者の売り上げには販売手数料として取引価格の10%
が差し引かれた金額が反映されます。計算が得意でないと心配になる人もいるかもしれませんが、大丈夫です。出品時の商品情報を隆力するの際に、販売手数料がいくらになるのかは、確認することが可能です。価格を決定するときには、販売手数料を考慮して決定するようにしてください。

メルカリの出品方法とは

では、メルカリで出品をするには、どのようにすればよいのでしょうか。準備するものは、スマートフォンと、商品だけです。
まずは、アプリを起動しましょう。アプリ起動後、右下にある赤い「出品」と書いてあるアイコンを押してください。

そうすると、画像をアップする画面になります。商品を売る際に、この写真は実際の商品を撮るようにしてください。もし、インターネットなどにある、その商品の説明の写真などを使うと規約違反となり、商品が消されてしまいます。写真は最大4枚まで掲載することが出来ますので、もしも、傷などが商品にあれば、その写真ものせるようにしてください。

次に「商品名」と「商品の説明」を書きます。商品の説明はできるだけ、詳しく書くと購入者も、商品を選ぶときに選びやすく購入してもらいやすくなります。
また、毎日何万という商品が出品されているメルカリですので、できるだけ、多くのキーワードを盛り込むと、購入者が検索をしたときに、よりヒットしやすくなり、購入者の目に触れるようになります。購入者の目に触れないことには、商品は売れません。

「配送について」という項目がありますが、意外とこの項目が重要なのです。配送料の負担が、出品者の負担(値段が送料込み)なのか、それとも購入者の負担(着払い)となるのかを決める必要があります。いくら、商品の値段が安く、購入者が購入を検討したとしても、送料が購入者の負担となると、購入者も購入を控えてしまう場合も少なくありません。メルカリで出品されている多くの商品は配送料が出品者の負担になっていることが多いのも現状です。

そして、最後に「販売価格」の決定です。手数料や、送料などを考えて価格を決定してください。また、値下げ交渉をしてくる購入者も少なくありません。これは、フリーマーケットも同じですよね。ですので、それを見越して自分の希望額よりも少し高めに設定しておくのもひとつの方法です。もし、その値段で売れればラッキーですし、値下げ交渉されても、下げることも可能ですよね。


メルカリの専用について

メルカリでは、基本的に最初に購入した人と取引をする仕組みとなっています。しかし、メルカリで商品を見ていると「●●さん専用」と書かれた商品を見かけることがあります。これは、メルカリの利用者の中で自然とできた独自ルールとなっています。いわゆる、「商品の取り置き」となります。購入意思を先に示した、購入者の人と売買の約束ができており、ほかの購入者からの該当商品の購入を防ぐために、「●●さん専用」と商品名や、商品の説明欄に記載するケースが多くあります。
メルカリとしては、利用者の間で行われている独自の出品方法であるため、もしも、そのことによるトラブルが発生した場合にはサポートをすることが出来ないと公式に発表をしています。そのため、もしも「専用出品」を購入希望者から頼まれた時には、断ることができます。そして、もしも、トラブルが起きたときには、自己責任となるため、購入相手と、しっかりと相談する必要がありますので、気を付けてください。

最後に
メルカリでは、毎日多くの商品が売り買いされています。面白いくらいにすぐ売れることもあると思います。購入者の人と気持ちのいい取引をして、楽しくて明るいメルカリ・ライフをお過ごしくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。