ライブドアブログ(livedoor Blog)のログイン・検索方法と画像や動画のあげ方を紹介!アフィリエイトもできる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライブドアブログのログインについて

ライブドアブログへログインするにはまずはライブドアに新規登録する必要があります。ライブドアへの新規登録は無料です。新規登録の手順は次の通りです。

1.ライブドアのトップページにアクセスします(http://www.livedoor.com/)
2.右上の[ユーザー登録]を押します。
3.livedoor ID(3~20文字の半角英数字及びアンダーバー)とパスワード(8文字以上の半角英数字及び記号)、メールアドレスを入力します。
4.文字認証をすると登録完了です。

このように新規登録をするとライブドアブログの利用が可能になります。
再度トップページに戻り、左上にある[ブログ]を選択し、[管理ページ]に移動すると【メールアドレスを認証してください】という表示がされるのでlivedoor IDの作成時に登録したメールアドレスに認証用のメールを送ります。
あとは認証確認するだけでライブドアブログが利用できるようになります。

ログインはライブドアブログトップページ(http://blog.livedoor.com/)の右上[ログイン]からす。ライブドアへ登録したlivedoor IDとパスワードを入力してください。

ライブドアブログの検索方法とは?

ライブドアブログを探す方法はいくつかあります。
まずはブログニュースです。ブログニュースでは日付ごとの人気エントリーを探すことができます。

次はランキングです。総合、ブロガー、記事別にランキングになっているので人気の記事を簡単に検索することができ、便利です。

次はブログ速報です。ブログ速報はブログニュースと少し異なり、最新の記事を数分刻みで見ることができます。

最後はカテゴリです。以下のように振り分けられています

・日記(総合)
・ニュース(総合)
・スポーツ(総合)
・ライフスタイル・暮らし(総合)
・ビジネス・経済(総合)
・政治(総合)
・趣味・創作(総合)
・音楽(総合)
・書籍・雑誌(総合)
・漫画・アニメ(総合)
・テレビ・映画・芸能(総合)
・ゲーム(総合)
・ペット(総合)
・旅行・海外(総合)
・グルメ(総合)
・受験・学校(総合)
・ヘルス・ビューティ(総合)
・IT・家電(総合)
・学問・科学(総合)
・まとめ(総合)
・芸能人・有名人

これだけの数のカテゴリがあり、その中でもまた細かく分かれているので見たい記事がより早く見つかることでしょう。

ライブドアブログに画像や動画を貼り付けるには?

画像の貼り付け方

ブログの記事に画像を挿入する方法は2つあります。

1つ目の方法は画像をアップロードして貼り付ける方法です。
手順は記事投稿画面の[画像]をクリックし、画像をドロップまたは画像を選択しアップロードをします。あとはアップロードした画像が一覧で出てくるので記事に挿入したいときに画像を選択するだけで貼り付けすることができます。

2つ目の方法は外部のサービスから引用して貼り付ける方法です。ライブドアブログではFlickrとInstagramから貼り付けをすることができます。
まず設定を行います。[ブログ設定]→[外部サービス連携]→[外部連携]をクリックしていくと各外部サービスにログインできる画面が表示されるのでログインボタンを押し、画面の指示に従って設定を完了させてください。

設定後、上記の方法と同じく記事投稿画面からサービスを選ぶとそのサービスでアップロードした画像が一覧で表示され、選択するだけで記事に挿入できようになっています。

動画の貼り付け方


残念ながら動画をアップロードする機能はライブドアブログにはありません。しかし、外部サービス(YouTubeやニコニコ動画)で投稿された動画を引用するという形で貼り付けることができます。
YouTube・ニコニコ動画ともに、記事投稿画面で各アイコンをクリックすると検索欄がでてくるので貼り付けたい動画のURL(YouTubeだとキーワードでも可)を検索し、貼り付けます。

動画の貼り付けサイズ等も変更することができるのでカスタマイズしてみましょう。

ライブドアブログでアフィリエイトはできるのか

結論から言うとできます。ライブドアブログは無料でできることからアフィリエイト初心者の人が使うことが多いようです。特にライブドアブログはサブドメインが使うことができるのでブログを始めてから日が経っていなくても比較的早くインデックス化される確率が高まります。

しかし上記の方法は一時的な稼ぎ方ですので長期に渡って安定した収入を稼ぎたい方にはあまりお勧めしません。ライブドアブログで安定した収入を得たい場合は初めから独自ドメインを使う方が良いそうです。

また、無料のサービスということもあり、規制が多く、ドメインを消されてしまう場合もあるので自己責任で管理しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。