くら寿司VSはま寿司 値段・フェア・メニュー・待ち時間を比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気チェーン店の回転すし屋、くら寿司とはま寿司。あなたはどちらを利用しますか?
今回はこの二つを徹底比較してみたいと思います!

くら寿司とはま寿司の値段は?

では、まず値段を比較してみましょう。とはいっても、くら寿司とはま寿司は両方とも100円寿司なのであまり差はありません。しかし、はま寿司は平日に行くとお寿司がなんと一皿90円で食べられます。10円の違いとはいえど、家族連れなどでたくさん食べるのならとてもお得になります。それから、はま寿司にはクーポンがあります。ケータイで会員登録をし、「はまナビ」にログインするとクーポンを取得できます。クーポンの種類は毎週変わり、木曜日にメールが配信されます。例えば100円のお味噌汁が無料になったり、デザートが割引されたりと様々な種類があります。一人に付き1回使えるのでぜひとも利用すべきです!

一方、くら寿司はクーポンや割引がありません。ホットペッパーなどのクーポンが提供されているサイトはもちろん、くら寿司のアプリやホームページでもクーポンはありません。よってこの点でもはま寿司のほうがお得です。

つまり平日に行き、さらにクーポンを利用すると、はま寿司のほうが値段を安く済ませることができます。


くら寿司とはま寿司のフェアやメニューについて

くら寿司とはま寿司、双方とも季節ごとにフェアを行っていいて、お寿司だけでなくサイドメニューやデザートにも力を入れています。両方のメニューの種類を比べてみると、数でいえばくら寿司のほうが多いです。くら寿司はサイドメニューが豊富で、ポテトフライなどの揚げ物だけでなく、丼物、ラーメン、そしてカレーなどもあります。

またお寿司だけ見てももメニュー数が多いのが特徴です。アレンジ商品ではなくネタそのものの種類がたくさんあります。さらに、スイーツは見た目にこだわっており、和洋のバリエーションを豊富に取り揃えています。それから、お皿5枚食べると「ビッくらポン!」というゲームが1回できます。お子さんに人気なので家族連れにオススメです。

一方はま寿司は、メニューの数ではくら寿司に劣りますが他の回転寿司にはない変わったネタが充実しています。「ネタ+マヨネーズ」や「ネタ+○○ソース」などのアレンジメニューだけでなく、炙りぶりや炙りさばなど炙りネタも豊富に取り揃えています。シャリは比較的小ぶりでとても食べやすいのが特徴です。

くら寿司とはま寿司、両方とも値段が安い上にネタが新鮮で味もおいしいと評判です。メニューの種類の豊富さ、また子供が楽しめるというところから、家族連れにはくら寿司がおすすめです。単純にお寿司を楽しみたいのであれば、アレンジメニューがたくさんあるはま寿司がおすすめでしょう。


くら寿司とはま寿司の待ち時間は?

どちらも人気店ですので、週末などは混み合うことが多いでしょう。しかし回転率でいうとくら寿司のほうが良い可能性があります。というのも、注文されてから届くまでがくら寿司の方が早いからです。

くら寿司は注文をすると特急レーンと呼ばれる仕組みでレーンに乗った注文品が座席まで運ばれてきます。
それに対してはま寿司は注文した品が「注文品」と書かれた皿に乗せられて通常レーンの上を通って運ばれてきます。つまり、くら寿司は通常レーンと注文品を運ぶレーンを分けているのでその分効率が良いのです。また注文パネルには「もうすぐ注文品が届きます」と表示され、さらに音を鳴らして教えてくれるのでエンターテイメント性があって面白いです。この点でくら寿司の方が待ち時間が少なく済む可能性があります。

またくら寿司とはま寿司は両方とも予約システムを利用できます。くら寿司はEPARKファスパという予約サイトから時間を指定して予約することが可能です。利用するにはEPARKファスパへの無料の会員登録が必要です。またEPARKファスパは「がってん寿司」「大起水産回転寿司」「びっくり寿司」など、くら寿司以外の回転寿司や、焼肉・焼き鳥等の飲食店、ヘアサロン、ネイルサロン、リラクゼーションサロンなどの予約にも対応しているので便利です。さらにくら寿司専用の予約アプリも提供されています。iPhone版、Android版双方に対応しているのでぜひ利用しましょう。

一方、はま寿司は公式のWEBサイトで予約ができます。無料で会員登録ができます。登録をすると、近くの店舗の検索や席の予約システムの他、お得な情報などもゲットできます。
これらの情報をまとめると、待ち時間の点においては、回転率もよくまた予約サービスを利用しやすいくら寿司のほうが良いといえるでしょう。

まとめ

値段、フェア、メニュー、待ち時間の点において、くら寿司とはま寿司の双方を比較してみました。
どちらも安くて美味しいお寿司が気軽に食べられることは確かです。

ポイントを整理してまとめると、値段を抑えてリーズナブルに利用するなら「はま寿司」、家族連れ、また大人数でさまざまなメニューを楽しみたいなら「くら寿司」がおすすめです。
それぞれにあったお店を利用しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。