2018年の敬老の日はいつ?由来やなぜ祝日になったのか説明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年の敬老の日はいつ?

2018年の敬老の日は9月17日(月)です。敬老の日は、2001年から国の政策として取り組みが開始された「ハッピーマンデー制度」によって、毎年9月の第3月曜日となり2018年は9月17日となっており、例えば2019年は9月16日、2020年は9月21日と毎年変化して行きます。

このハッピーマンデー制度とは、国民の祝日を月曜日に移動し土日月の3連休を作り、国民が連休を取る事で有意義な余暇を過ごす事を目的とした制度です。

その為、土日休みの方で有れば3連休にする事も出来ますし、9月の秋分の日前後の休日を合わせた場合には更に長期の連休とする事も出来ます。

その為、敬老の日から秋分の日前後迄が大型連休になった場合には「シルバーウィーク」とも呼ばれます。


本来の敬老の日は9月15日だった!?

元々の敬老の日は9月15日と決められておりました。

しかし、世界的に見ても働く時間が長い日本人のゆとりある生活を作る為に、国の新たな制度として導入されたハッピーマンデー制度によって、現在の様に9月の第3月曜日へと変わりました。

又、この制度の導入に当たって、成人の日や海の日、体育の日も毎年異なる日時になっております。但し、このハッピーマンデーについては国内でも賛否両論が有り、日本古来の文化や言い伝えに則さないのではとの考え方も有ります。


敬老の日の由来は?何故祝日になったの?

いつから敬老の日が生まれたのかその由来には諸説有りますが、そんな敬老の日の誕生について調べて見ましょう。

現在の敬老の日の前身となっているのは兵庫県の多可町八千代区で1947年に定められた「としよりの日」で有ると言われております。

その当時は兵庫県多可郡野間谷村と呼ばれていた地区の村長と助役が「地域のお年寄りを大切にし、お年寄りが長年かけて培ってきた智恵を借り村を作ろう」と考えた事がきっかけとなっており、その際に9月15日をとしよりの日と定めました。

その後、9月15日のとしよりの日の意義が兵庫県全体に広まり、1950年には兵庫県としても9月15日をとしよりの日と定められております。翌1951年には、全国社会福祉協議会の旗振りのもと、9月15日をとしよりの日と位置付けると共に、9月15日から9月21日迄の期間を年寄の為の運動週間とする活動がスタートしました。

その後、1963年に制定された老人福祉法の考え方に基ずき、1964年に9月15日を名称を改め老人の日と定めました。そして1966年に国民の祝日として「敬老の日」が制定されて行きます。比較的新しい国民の祝日なんですね。

また、日本には1948年に制定された「祝日法」と言われる法律が有り、国民の祝日を制定する場合には祝日法に則り制定される事が決められております。当然、敬老の日の制定に当たってもこの祝日法に則った制定が決められましたが、この祝日法では国民の祝日は「国民の自由と平和ののための国民全体の物」と言う考え方に基ずいております。その為、国民の祝日の制定も、国民が主体制を持ち国に働きかける事が出来るものとされております。

この様な歴史を持つ敬老の日は、兵庫県の小さな村で始まったお年寄りを大切にし敬う気持ち、お年寄りの知恵を借りて村を作り直すと言う活動がその由来となっており、正に昔から日本に伝わるいたわりの気持ちの表れであると考えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。