敬老の日に贈るおすすめの花束や花ギフトは?定番の花や花言葉もご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

敬老の日に定番の花は?

敬老の日にふさわしい花というものがありますが、はっきりと、これという定番はありません。秋の花のリンドウやお祝いに相応しいランなどは定番と言えるかもしれませんが、特別に敬老の日に贈るための決まった花でなくとも、色や花言葉と関連づけて選ぶこともできます。

例えば、長寿のお祝いに使われる色を参考にすることもできます。還暦の赤からはじまり、70代の古希と喜寿は紫、80代の傘寿と米寿は金茶、90代の卒寿から先は白です。もちろん、季節の花を選ぶのも良いですし、贈られる方の好みの色や好みの花を選ぶことも喜ばれます。より自由に日頃の感謝を込めて選ぶことができます。


敬老の日にぴったりの花言葉は?

敬老の日に花を贈ることは、花とともに言葉をおくることです。贈る側の気持ちを何気なく花言葉に託して伝えることは良い方法です。相手の感性に合わせて、感謝や長寿を祝う花言葉を持つ花を選びます。

敬老の日の花言葉として適切なものは、やはり「感謝」や「尊敬」そして「愛情」といった贈る側の気持ちを込めたものが適当です。そして、贈られる側の「誇り」や「誠実さ」そして「威厳」などを表す花言葉も敬老の日にはふさわしいものです。

例えば、バラと敬老は結び付かないと感じられる方もいるでしょうが、バラには、誇り高さを感じさせ、愛情や美という花言葉が当てはまります。バラを贈ることで長寿を祝い、感謝と尊敬を込めることができます。色によって、ピンクは上品さを、白は尊敬を印象づけます。

また白いユリも純粋な愛や威厳を表しますので、尊敬を表すにはふさわしい花です。黄色いユリは陽気という花言葉を持ち色で印象は違がってきます。秋の花の桔梗やリンドウは季節感もあり、色合いも落ち着いており誠実に生きてきた人への信頼や愛情を表すことができます。少し変わったところでは、「吾亦紅(ワレモコウ)」という小さな花が卵型集まった秋の山野草の一種は、一説には、「われもこうありたい」から来た名といわれます。シンプルに気持ちが伝わります。そのほかにも、贈られる側が好きな花の中から適切な花言葉を持つ花を選ぶことができます。

一つの花には、いくつもの花言葉が付いているので気をつけましょう。色によっても花言葉は変わり、贈り手の意図と異なる解釈をされることもあります。必ず、メッセージを添えて明確に花言葉で気持ちを伝えるようにします。


敬老の日におすすめの花束・花ギフトについて

何時いただいても、花束や花ギフトはうれしいものです。花束が届いたときは、周り全体が華やぎお祝いにふさわしい雰囲気が広がります。そして、贈り手の気持ちが花束とともに伝わります。最近は、敬老の日の花ギフトも盛んになっており、多くの生け花店やネットショップで扱われており直接配送してくれます。生け花店で、相談しながら好みの花をコーディネイトすれば、花言葉や、花を贈る際の習慣や花の香の具合なども確認できます。

ネットショップでは、敬老の日用にコーディネイトされた花ギフトセットを扱っています。値段や色合いなどカタログが提供されていますので選びやすいことや、他のお祝の品も同時に送れるメリットがあります。


花束の全体の色合いは明るい方が敬老のお祝いに相応しいものです。ピンク系のバラやユリ、季節感のあるピンク桔梗などの組み合わせが華やかです。秋の季節感のでる紫リンドウを入れると落ち着いた雰囲気になります。または、赤いバラを基調にして若々しくまとめることもできますし、お祝いの定番のランも高級感や洒落た感じになります。もう少し、和風にということであれば、大輪の菊を色とりどりに束ねた花束は華やかな中にも落ち着きと季節感があります。ちなみに、高潔という花言葉が菊にあります。

花束のほかには、鉢物をギフトにすることもできます。リンドウは多年草ですので、毎年咲かせることができますし、増やすこともできます。前に触れたワレモコウのような山野草も野趣があって興味深いものです。多年草で地下茎を持ち、やはり増やすことができるので、長く楽しんでもらうことができます。いずれにしても、贈る側の敬老の気持ちが伝わり、受けられる方の好みや環境に合わせて選ぶことが第一です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。