河合塾の大学合格を目指す為の偏差値の上げ方について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


河合塾流の大学合格の為の偏差値をあげる勉強法とは

「三大予備校」の一つに数えられる河合塾ですが、偏差値アップ、志望校合格のためにどのような受験指導・学習指導を行っているのかについて、塾の特徴、現役生と高卒生にむけたカリキュラム、サポート体制の3点について説明したいと思います。

1.塾の特徴

河合塾の特徴ですが、河合塾は他の予備校に比べて、テキスト、模試の質がとてもよいのが特徴です。「自分のペースを乱されずに勉強したい、塾に縛られるのは嫌だ」という受講生にとっては、特におすすめです。中堅クラスから最難関大学までの合格を目指せるスタンダートな塾だといえます。

 

2.カリキュラムの内容

2-1
現役生のコースでは、個々のレベルに合わせたプログラムを組んでくれます。志望校・レベル別・分野別の講座が用意されており、自分のレベルにあった講座を選択することができます。
例えば、「数学は得意だけど、英語が苦手」という学生は、数学の講座のレベルをあげ、英語は少しレベルを落とした講座を受けることもできます。
また、講座ではなく個別指導を受けることもできます。現役の大学生が指導してくれ、現役生の近い視点から勉強を教えてくれ、受講生からとても評判のいいものとなっています。
2-2
高卒性のコースでは、「PASSカリキュラム」を実施しており、
・基礎的な学力をつける「Lecture講座」
・演習を行い、得点力をあげる「Master講座」
・自分の志望校にむけたカリキュラムである「Select講座、特別講義」
を組み偏差値の向上を目指します。

 

3.サポート体制

河合塾では、生徒一人一人に担当のチューターがつきます。
このチューターさんの役割は、進路相談や、学習計画の立て方、勉強のアドバイスなどを受講生にアドバイスすることです。苦手な教科のアドバイスや、自分にあったお勧めの講座なども客観的な視点から助言してくれるので、受講生の強い味方になってくれます。

以上が、河合塾の大きな特徴です。他の予備校に比べ大きな特徴がないかもしれませんが、受験勉強で大切なポイントをしっかりとおさえられています。勉強に自信がないという方から最難関大学に挑戦したいという幅広い人に対応している予備校です。それぞれのレベルに合わせ無理のない受験指導が偏差値アップにつながる特徴だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*