確定申告!医療費控除の作成、用紙、明細書など紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医療費控除とは

医療費控除とはかかった医療費の一部を税金(所得税)から控除することです。

確定申告で医療費控除を受ける一番簡単な目安が、自分または家族の為に支払いをした医療費の実質負担の金額が、年間に(1~12月)10万円(所得金額が200万円未満の方は「所得金額の5%」の金額)を超えた場合、その超えた分の金額をその年の所得から差し引くことが可能です。控除して貰える金額の上限は200万円です。

すなわち、国民の負担を少しでも軽くするために、かかった医療費の一部を税金から控除しますよ、ということです。


医療費控除の対象

医療費控除は会社員本人だけが支払った金額だけでは無く、生計を一にする親族(配偶者、両親、子供)に支払った医療費も含みます。

健康保険証が別々であっても、税法では医療費に合算する事ができます。健康保険法の扶養家族と、税法上での家族の定義は異なるので、この場合には自分だけでなく、配偶者や家族の分も控除を受けることができるのです。

対象となる医療費

(入院や通院よる治療や検査)

・医師に支払いをした診療費や治療費
・医師が治療の目的で必要だと判断して作成した診断書代金
・医師の指示により発生した差額ベッド代金
・治療のためのマッサージや、はり、お灸など
・治療のための松葉杖や義足の購入費用
・特定健康検査、特定保健指導
・入院時の食事代
・通院または入院のための交通費
・自力での移動が困難な場合のタクシー代
・レーシック手術
・医師が治療目的で必要と判断した近視矯正手術やメガネ、コンタクトレンズ代

(出産)
・定期検診と出産費用
・助産師の介助料
・流産した場合の費用
・母体保護法に基づく理由で妊娠中絶した時の費用

(歯科)
・虫歯の治療費と金歯/銀歯/入れ歯の費用
・治療として行う歯列矯正

(医薬品)
・医師の処方箋を提出し、薬局で購入した医薬品
・病気やケガの治療のために薬局で購入した医薬品(対象商品)


確定申告に必要な医療費控除の書類

会社員であっても医療費控除を受けるには、2月16日から3月15日までに自身で確定申告をする必要があります。

確定申告に必要な医療費控除の書類について知っておきましょう。

まず、健康保険組合などから「医療費のお知らせ」といった書類が届いたら、医療費控除で使えるので保管しておいてください。

次に、

・出産費用
・入院費用
・歯の治療(自由診療)」

この3つの医療費は特に多額の支出を伴うものです。領収証を大切にとっておきましょう。また、配偶者や子供が頭痛や風邪などの体調不良で医者にかかった時の領収証や、処方箋により購入した医薬品の代金の領収証なども同様です。少額のレシートや領収証であっても、年間を通して数万円になる場合もあるので、きちんと保管しておく事をお勧めします。

(会社員の場合)
・源泉徴収票
・医療費の支出を証明する書類(領収証)
・領収書のない医療費の支払明細(自分で作成)

(会社員以外の方の場合)
・医療費の支出を証明する書類(領収証)
・領収書のない医療費の支払明細(自分で作成)

確定申告書にある医療費控除の記入欄は1行なので、自分で明細書を作成し、申告書に添付する必要があります。税務署には「医療費明細書」があるので、そちらを使うか、国税庁のホームページからダウンロードして作成しましょう。

 

医療費控除の制度

平成29年度から、従来の医療費控除の代わりに、健康診断や予防接種を受けた方で、尚且つ自分で薬を買った方が、その金額の分について控除が受けられる「セルフメディケーション税制」が利用できるようになりました。

「セルフメディケーション税制」の適用を受ける為には、以下のいずれかの健康診断または、予防接種を受ける必要があります。

・勤務先の健康診断や人間ドック等
・健康保険組合、市町村国保等の健康診断や人間ドック等
・市町村が生活保護受給者等に対して行う健康診査
・メタボ検診(特定健康診査)、特定保健指導
・市町村で受けられる各種がん検診

そして、受けたことの証明として、健康診断結果通知書や、予防接種の領収書を保管しておく必要があります。

これまでの「医療費控除」は、年間かかった医療費が10万円を超えた場合に、その分を所得から差し引ける制度でしたので、例えば年間の医療費が8万円だった場合には医療費控除が受けられませんでしたが、対象の医薬品の購入で年間1万2,000円を超えていれば、「セルフメディケーション税制」を選ぶことができるようになりました。。

施行に伴い、多くの対象の製品の製品パッケージにセルフメディケーション税制の対象製品であることを示す識別マークが表示されるようになりました。

(表示されていなくても、対象製品は本特例の対象になります。)

スイッチOTC医薬品と呼ばれており、胃腸薬、風邪薬、水虫の薬、肩こりの湿布まで、およそ1600商品が指定されています。

同じジャンルの商品でも、対象のものと対象でないものがあったりもしますので注意しましょう。一例を挙げると「アリナミン」シリーズのうち対象商品は「アリナミンEXゴールド」だけです。

スイッチOTC医薬品の購入で年間1万2,000円を超えていれば、「セルフメディケーション税制」を選ぶことができるので、領収書(レシート)は捨てないように気をつけましょう。対象製品を購入した際にはレシートに対象商品であることが表記されています。

万が一、今までの医療費控除とセルフメディケーション税制の条件の両方を満たしている場合には、どちらか一方のみを選ぶことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。