国税庁で法人番号を検索!法人番号公表サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

法人番号とは

法人番号とは、企業やその他の団体に対して国税庁が指定している、13桁の数字のことです。
この法人番号は国税庁によって管理されており、一般に公開されています。
法的には法人番号を与える権限は国税庁長官にありますが、実務上は「法人番号管理室」が行っています。


法人番号を検索する

上にも書いた通り、法人番号はインターネット上で公開されています。
知りたいと思えば、誰でも調べることが可能です。

会社や財団などの法人番号を調べたいという時には、法人番号検索が非常に便利です。
国税庁の「法人番号公表サイト」というサイトにアクセスすれば、「法人の商号及び所在地などから法人番号を調べる」というサービスで、法人の名前や所在地などを入力、選択して検索をすると、法人番号が出てきます。

逆に、「法人番号で法人の商号及び所在地などを調べる」というサービスを利用すると、法人番号を入力すれば、法人の名称、所在地を確認することができます。
他にも、複数の法人番号から法人内容を確認したい時には、「法人番号でまとめて検索する」を利用すれば、最大で1度に10件の法人番号を入力して検索することが可能です。
この法人番号検索を利用すると、取引先の管理が集約化され、業務の効率化をはかることができます。

 

法人番号の数字

検索に利用する法人番号ですが、13桁の数字で構成されています。
その内、12桁の番号は商業登記簿の会社法人等番号と同じです。
一番左にくる数字は「検査用数字」(チェックディジット)と呼ばれるものです。

また法人番号の各桁は、1桁、4桁、4桁、4桁と区切られています。
これは、国税庁や税務署の書類に記載する12桁の数字+1桁という形になっています。
しかし、1-4-4-4という様にハイフンで区切られている番号ではないので、入力の際には注意が必要です。
「法人番号公表サイト」で法人番号検索する際には、区切ることなくそのまま13桁の数字を入力して検索します。

法人番号を上手く活用すれば、情報の集約化以外にも、数多くの活用方法があります。
法人営業のリスト作成や管理などでも、使用することができます。
イマイチ、法人番号の活用方法が分からないという人は、Web-TAX-TVという国税庁のサービスにある、「法人番号の利活用」というページを参考にしてください。
動画で、法人番号の具体的な利用例を見ることができるので、大いに参考になります。


法人番号検索利用のメリット

これまで、各企業ごとに取引先の企業情報などを独自のルールで管理してきたため、企業間での情報のやり取りで、住所表記の違いや企業名までも間違って登録されたことで、重複して登録してしまうことがあったが、法人番号を利用することで、正しい取引先の情報を法人番号と企業情報を紐付けることで、取引先の重複登録という事が防げるようになった。

登記の称号や所在地などが更新された場合や、解散や合併で登録情報が更新された場合も国税庁から情報が提供されるので、取引先情報を素早く更新することが出来るメリットがあります。

 

国税庁 法人番号公表サイト

国税庁の法人番号を検索できるサイトが平成27年10月26日より稼働しています。
法人番号の指定を受けた企業の
1.称号又は名称
2.本店又は主たる事業所の所在地
3.法人番号(基本3情報)
この3つを検索することが出来ます。

検索方法は、
・法人番号から検索
1件だけでなく、10件をまとめて法人番号から所在地などを検索することが出来ます。
提出された情報を確認する場合などに便利な機能です。

・商号及び住所から検索
法人番号を調べるだけでなく、細かく検索条件を設定することで、変更履歴の検索することもできます。
名称があいまいな場合、あいまい検索を利用することで、類似した法人を検索結果に表示できるので、便利です。

検索した情報で、公開されている「基本3情報」についてはCSVファイル又は、XML形式でダウンロードすることが出来ます。
ダウンロードはzipファイルになっているので、ダウンロード後、解凍して使用します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。